私の去年の目標の一つに、住宅ローン切り替えがありました。

これは一大事です。

これが実行できるか否かで数百万の金利が動きます。

インターネットでは色々と住宅金利の記事が書かれています。

気持ちは焦る一方。

しかし、これは慎重に事を進める必要があります。

 

一番のメリットはこれ!

住宅ローン切り替えを調べていくと、一番のメリットがみえてきました。

それは保険料!

私の場合、この保険料が随分と浮きました(*^^*)

もちろん、月々の返済も随分下がりますが。

住宅ローン切り替えの記事はこちら。

新築~住宅ローン切り替え~

 

家を買った当時のローンと、今から切り替える住宅ローンを見比べてみました。

すると、金利が1.5%も安くなるのにもビックリしましたが、更にビックリする事が!

保険料が( ゚Д゚)

私の加入していた住宅ローンはフラット35

当時、このローン商品には団体生命保険(団信)が任意で加入とありました。

そして、住宅ローン借入額に対して年収の比率によっては、団信の加入が必須となっていました。

私は、結構無理をしてローンを組んだので団信の加入が必要となりました。

これは痛いです。

でもそうしないと憧れの家が手に入らない。

もしその家が手に入らないとなると . . .

そんな事、あってはいけません!

だから団信に加入しました。

 

初年から結構な額の保険料

団信は年末に翌年の保険料の年間一括払いをします。

最初、家に住んでから年末に届く保険の支払い明細を見てびっくり!

10代の青年が乗る、大排気量の車の保険料と同じ位です。(例えが悪いかも . . )

この保険料は当然毎年住宅ローンの返済をしていくので安くなるのですが、

それでも高い。

でも、もし私に何かあった時、家族に心配はかけられません。

それに私の年収では強制加入なのでしかたありません。

住宅ローンを切り替えたらこんな感じ


地方銀行さんに何回も足を運んで団信の件を聞きました。

すると行員さん曰く(団信は要りませんよ。)

ですって。

普通の顔をして凄いことをおっしゃるのでこれまたビックリ。

厳密には団信の加入は必須加入なんですが、団信特約料が(銀行負担)となっています。

凄く嬉しいです。

私が毎年払っている結構な額の保険料が払わなくてもよい。

住宅ローンを完済するまでの団信料金を計算すると凄い金額です。

それが全部浮きます。

住宅ローン切り替えはやっぱり凄い魅力的です。

スポンサーリンク



ローン仮審査に通ったら次に健康診断の審査がある

銀行さん負担の団信ですが、ローン仮審査が通った後に保険の審査があります。

これをパスしなければローン本審査に行く事が出来ません。

私は健康そのものなので、難なくパスしました。

 

しかし、中にはこの審査で通らない人もいます。

行員さんが言ってたことなんですが、

最近よく言われている鬱の方や精神的に病んでいる方は通らないんだそうです。

現代病と言われている精神的に病んでいる方は注意です。

この健康診断にパスすれば後は本審査。

あと少しで住宅ローン切り替え完了です。

ローン審査は当然色々と厳しい

銀行さんに聞いたところ、大手企業に10年位勤めているのであれば、健康に問題が無ければ

住宅ローン切り替え審査に難なく通過するとのこと。

 

今は低金利でしかもマイナス金利。

何が何でも審査に通過して数百万単位の金利を浮かしたいところです。

しかし、なかなか審査に通過しないのも今の時代。

勤めている会社を辞めてしまったり、勤続年数が短かったりすれば難しいとの事。

手数料その他経費も考えて切り替えを検討する

この手数料が随分高いです。

住宅ローンを切り替えても、手数料が高いので結局は損をしたでは意味がありません。

よく言われるのは、借り換える金利が1パーセント以上下がるのであれば、

ローン切り替えを検討してもとよいと言われています。

それと今回私が一番恩恵を受けた団信について。

今、団信で結構な額の保険料を払っているのであれば、その恩恵も大きいです。

まとめ


私は審査が通って晴れて住宅ローン切り替えに成功しました。

もちろん手数料その他諸々経費も結構かかりました。

それでも十分すぎる恩恵を受けました。

 

今年も随分と安い低金利の時代。

色々と調べて慎重にローン切り替えをして、大きな金利や保険料を浮かせたいところですね。