こんにちは。

初めてブログ投稿をします。

拙い分面ですが、どうぞよろしくお願いします。(ちゃんと書けているか心配です . . .)

 

いきなりですが!

私、家を買う事を決めたんですね。

それはいずれ家を持ちたかったのと、一生に一度の大きな買い物。それが今だと住宅減税や支援制度が色々あり(今しかない!)と焦った気持ちもあったんです。

 

この記事では家を買う事になった経緯やその当時の私の現状を踏まえて書いて行こうと思います。

よろしくお願いします!(^^)!

スポンサーリンク


賃貸アパートでは子供が賑やか~

今から数年前、私は賃貸アパートに住んでました。

家族構成は私、嫁さん、子供二人【男の子 4歳児、1歳児 】の4人家族です。

間取りは10畳のダイニングキッチン、6畳の和室と6畳の洋室2部屋、3LDKの間取り。

ごくごく普通の家庭です(*´ω`)

 

まだ子供が4歳、1歳という事もあり子供部屋も必要ありませんし、寝る時も家族四人一部屋で寝てましたので部屋にさほど狭さは感じませんでした。逆に部屋が余ってそこは物置になっていた位です。

 

ただ . . .子供がうるさい(*´Д`)

男の子2人という事もあるのかもしれませんが、毎日の様に家の中ではドタバタ劇が繰り広げられいました。
  • ベットの上で、びょんびょん跳ねる4歳児!
  • 歩き始めて楽しくて、柵を飛び越え脱走して廊下をバタバタ走る1歳児!
  • 自分で何かを棚から取ろうと椅子を持って行ったはいいが、結局取れず椅子から転げ落ちてる4歳児!
「やめなさい!」「待ちなさい!」と叱る嫁の声と、それをまったく気にせず「きゃ~ぎゃ~」叫びながら

逃げ回る子供達。

 

次から次へと・・・床は傷がつき、壁にはシールがペタペタ。注意をするも小さな子供達に分かってもらえる訳もなく、引っ越し時の修繕費はいくらになるのかと心配になってきました。

御近所からも、苦情がこないかとハラハラの日々。

 

そして!

わが家の子供も賑やかですが、ご近所さんも結構うるさいです . . .

ご近所もうるさい

住んでいたアパートには同世代のご家族も多く、子供の騒がしさはお互い様という感もありましたが、それでも

小さい子供さんがいてるアパートは賑やか。

 

仕事から帰っても落ち着いてゆっくりできません . . .

(今日もお隣さん賑やかやなぁ。もう少し何とかならんかなぁ。えっ?今日は夫婦喧嘩やん . . .)

とか、

(あれ?さっきのカップルお隣のご主人ちゃうん?綺麗な女の人と一緒やったけど . . .)

色々な大人の事情も垣間見れたりします(・ω・)ノ

 

集合住宅なのでこれは仕方の無い事です。言うならばこれは宿命?

 

こんな思い出もありました。

私、ある冬に肺炎にかかったんです . . .

 

知ってます?(私の事ではないです!(^^)!)

肺炎って死亡原因の第三位なんです!医者には入院しなさいと言われるけど,それでも仕事が気になって入院出来ない。なのでアパートで1週間フラフラしていました。 . . .

お隣さんは勿論そんな事は知りません。ドンドンガヤガヤ賑やかで私はグロッキー状態だった思い出があります。

 

少し暗いお話しましたが、楽しい思い出もありました!(^^)!

思い出もたくさん詰まった場所

嫌な思い出や賑やかな思い出もありますが、ここは忘れられない思い出の場所でもあります。

このアパートに住んでた時に、下のちびちゃんが産まれた思い出の場所です。

 

住んでた部屋が4階なので外の山を眺めながら子供をあやしてた懐かしい記憶もあります。

そして仕事で嫌な事や辛いことがあると、よく窓から見れる遠くの山を見てたそがれていたのを覚えています。

山に雪が降れば冬が来たなぁ。(わーいわーい!(^^)!)

花火が上がれば(すごーい!キレイヤなぁ!)

見晴らしがいいと心が癒されます。

 

そんなこんなで色んな思い出のあるアパート。ここにきて更新時期が迫ってきました。

アパート更新時期

アパートの更新が近づいてきました。

以前から、いつかはマイホームを持ちたい!!という夢はありました。子供達も大きくなり、ますますパワーアップしていく事だし・・・

更新も近づいているし・・・

 

そしてこの時代はよく、住宅減税もあと少しで終わると言われていました。

先の事は誰にも分りませんが、ニュースではよく【住宅ローン減税で本来は払わなくてはいけない住宅ローンの金利が、何百万単位で浮く】と言われていました。

そして住宅控除も今だけとも言われていました。

 

こんな機会は逃したくありません。少し焦り気味です。

夫婦で更新か、ここで思い切ってマイホーム計画を進めるか話し合いをしました。

 

更新料は家賃の1か月分。

更新は2年毎でしたが、長男が小学生になるまでにはマイホームをと考えていたので話し合いは自然と更新ではなくマイホーム計画へと進んでいきました。

 

まとめ

この時、ちょうど仕事も軌道に乗って来て凄く忙しい時期でもありました。

(これだけ忙しいからこの先安泰♪)

と先の事は誰にも分らないのに変にお金に関しては自信があったのを覚えています。

 

そして若干若気の至りも入っていました。

家を買うにはある程度の勢いも必要になります。そう言う意味ではその自信は良かったのかもしれません。

 

 

今なら、床のへこみも壁の汚れも最初に払った敷金内で直せるはず . . .

マイホーム実現にむけて動き出す決意をしました( `ー´)ノ