こんにちわ。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回も凄いバイクのご紹介です!(^^)!

あなたもご存知の通り、Kawasakiから出たスーパーチャージャー搭載の凄いバイクNinja H2。

凄いハイスペックです。

馬力はH2Rの326psから200psにダウンしていますがそれでも凄いスペック!

その凄いバイクNinja H2に対抗しているバイクが存在します。それがBMWから出ているS1000RR!



これはYouTubeでその凄さが分かりました。スーパーチャージャー搭載マシンに張り合っています!

いや、むしろこの動画を見る限りではH2より速いです!

そんなマシンが凄く気になります!

そこで私の様に凄く気になっているあなたの為に,このBMW S1000RRの最新モデル、第三世代のスペックを調べていきます。

スポンサーリンク



 

どの様なスペック?


このバイク、とんでもなくハイスペックです!

冒頭でも書きましたKawasakiのH2とほぼ同等の加速性能!YouTubeで見た時は驚きました。

 

フルモデルチェンジを受けた第3世代モデルは特に凄い!

このバイクが世に出たのが2009年。初代も群を抜いて速かったのが、2015年に全面フルモデルチェンジを遂行。

海外モデルは初代からハイパワーで190ps弱はありました。それが今回のフルモデルチェンジで199psへ。

今回のモデルチェンジで凄いのが、国内モデルも海外モデルと同じ199psになった事。これまでのBMW S1000RRは海外モデルは凄い馬力なのに日本に入ってくる仕様になると一気に馬力ダウン。156psへと抑えられていました。それが今回のフルモデルチェンジで日本仕様も199psへ。

なんと43psも馬力アップ!これはたまりません!

 

ちなみに私の乗るGSX-R1000 K5は178ps。恐ろしく凄い加速ですが、それの20ps上乗せの馬力。脱帽です。

今まで国内仕様が156psに抑えられていたのは騒音規制の為。アクラボビッチ製のサイレンサーを装着したうえで抑えられていました。

 

外装や骨格(フレーム)も大幅にリニュ―アル

今回のモデルチェンジでスペックは勿論、外観やフレームも大幅に進化、完全なニューマシンと言ってもおかしくない程モデルチェンジをしました。ステアリング周りも剛性アップを達成しています。

 

沢山の電子制御が満載!

最近のバイクは沢山の電子制御が備わっています。アクセルをガバッっと開けてもリアタイアが空転しない様にするとか、カーブでリアタイアがスライドするのをコンピュータが検知して転倒しない様に、エンジン回転を調整するとか。凄い進化しています。

そして、それはこのS1000RRにも備わっています。

DTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)やブレーキシステムABSと連動するDDC(ダイナミック・ダンピング・コントロール=電子制御セミアクティブサスペンション)も搭載。

DTC はトラクションコントロールシステムの事です。これはエンジンパワーを無駄なく路面に伝えるシステムの事。バイクの猛烈なパワーにより加速時に不要なホイールスピンが起こった時、それを未然に防いでくれるんです。必要以上の不要なパワーを減らして安全に走行できるシステム。それがDTC。

DDCは路面の荒れたところでも、しっとり落ち着いた安定感をライダーに与えてくれます。そして乱暴にアクセルを開けてもバイクがその挙動を穏やかにしてくれる。凄いシステムです。

二つのシステムに共通している点は安全にハイパワーを操る事。それをコンピューター制御で可能にしているんですね!(^^)!

 

沢山の純正オプション!

このマシンには普通ではありえない程の沢山の純正オプションがあります。早速見ていきましょう!

 

●DDC非装着車両(注文生産)*価格 : 222万円
DDCが付かない他に、ウインカーがLEDから一般的なバルブに変更。ホイールは鍛造品になり、タイヤは200/55-17サイズが装着される。

そしてこの鍛造ホイール、ホイールだけでも販売しています。(純正品と比べて2kgの軽量化が出来るアルミ鍛造ホイール前後セット)価格:55万9,245円

これらを一つのパッケージングとしてセットで販売。この様な仕様が出来てしまいます。

 

●外装品がほぼフルカーボン化 *価格 : total 81万2,438円
サイドのカウル、タンクカバー、フロントフェンダー、リアフェンダー。ほぼすべてのカウルがオプションでカーボン化出来てしまいます。価格は結構しますが、これらを装着すると恐ろしくクオリティーの高いマシンに変貌します。

 

●HP チタン製フルエキゾーストシステム *価格:48万4,358円
エキゾーストパイプ、触媒、サイレンサー、全てがチタンで構成された一品。これもオプションで出来てしまいます。もはや芸術の域ですね。(公道走行可能です)

 

極めつけはこれ!

●クルーズコントロール *価格:8万5,320円
車でも高級車にしか付いていないこのシステム。それが遂にバイクにもオプションで実現。要クラッチコントロールASSY(別売)

 

凄い沢山の魅惑オプション!これだけのオプションをリリースしてくれるBMWさん、凄いです。

 

スポンサーリンク


マシン詳細

つぎは詳しいスペックも確認していきましょう!驚きのスペックが一目瞭然です!(^^)!

 

エンジン形式    4ストローク並列4気筒

排気量       999cc

最高出力      146kW(199ps)/13,500rpm(日本仕様)

最大トルク      113Nm/10,500rpm

圧縮比       13.0:1

バルブ駆動     DOHCカムチェーン駆動

全長×全幅×全高   2,050×826×1,140mm

ホイールベース    1438mm

シート高      815mm

燃料タンク容量  17.5リットル(リザーブ容量約4.0リットル)

車両重量       204kg(走行可能状態)

燃費(90km/h走行時) 17.5km/L

フロントタイヤ   120/70ZR17

リアタイヤ     190/55ZR17

 

このスペックで凄いのが、最近のスーパースポーツバイクは車の10分の1位の軽さなのに馬力が普通車と同じと言う事。普通ではありません。

 

価格

価格はこちらです。

S1000RR 2015年モデル(現行モデル)

■希望小売価格(税抜き)/2,150,000円

上記メーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格

(この価格情報は2015年1月7日の情報で内容が古い場合があります)

 

まとめ

このBMW S1000RRはやっぱりズバ抜けています。

国内仕様で199ps。それが過給器なしの市販状態でです。凄い時代になりました。

そして更に凄いのが、動力性能だけではない、このバイクの本来のステージがサーキットにある所です。

動力性能も運動性能もずば抜けている。

直線番長ではない、全てのスペックが優れたバイクだと言う事。脱帽しました。そして嬉しい事にシート高が低い!(^^)!

これは扱いやすいですね。よくスーパースポーツバイクはシート高が随分高い傾向にあります。それがこのシート高。嬉しいです。

あと、カーボンのオプションも凄いです。全身ほぼカーボン化出来てしまいます。

今回色々調べてみて、とっても魅力的なバイクだと改めて感じました。

凄いです!

 

スポンサーリンク