家を建てる事に決めた我が家。

家を建てると決めてからは寝ても覚めても頭の中は家の事ばかり . . .

 

(あの白いタイルテラスが欲しい。あの非日常な吹き抜けがいい。)

とか、

(ちゃうって!あのキッチンが良いんやって!)

えっ?あんた誰( ゚Д゚)とか。

 

こんな押し問答が私の頭の中で繰り広げられています。私は住宅素人なので全く知識がありません。でも自分の価値観や感性を基に、色々と住宅について調べていきます。

そして住宅展示場へ行き、実際に建ってる家を見学に行き、更に家への思いが強くなります。

その時展示場を見学した時に知り合った住宅営業の方とも色々と話を進めます。

 

今回、その住宅営業の方と話を進めるにあたって、必ずやっておかなければいけない必要事項(相見積もり)についてお伝えしていきますね。

スポンサーリンク


住宅を決めるにあたって~相見積もりの始まり~

何社か住宅メーカーとお話をして、実際に展示場に足を運ぶことで、やっと私が目指す理想の住まいを実現してくれそうな住宅メーカーさん一社に絞り込む事が出来ました。

 

この一社に絞り込むだけでも結構な労力が要りました。これは全く住宅の知識がない状態からなので当然と言えば当然なのですが(/・ω・)/

 

しかし幸せを掴むための労力は惜しみません。絞った一社のハウスメーカーと何度も何度も打ち合わせをしました。そして私が理想とする家のパースも何度も書いてくれました。

 

ちなみにこの時点ではまだ本契約はしていません。

これには訳があって、やはり価格が高かったんです。同じ延べ床面積の工務店と比べると、2~2.5倍します。

だから次の一歩が踏み出せずにいました。

 

だからといって、とっても魅力的なメーカー。悶々としていました。

すると、この様なメーカーがすい星の如く現れました。

もう一つの注文住宅現る

コストの面で住宅メーカーとの契約まで踏み込めずに悶々としていました。

でも凄い魅力的。何とかしたいです。
  • このオプションを省いたらいけるのかな?
  • ここは外せないな
とか。

どうにかしてこのメーカーの家を建てるべく、資金面やコスト面であれこれと考えていました。

 

そんなある日、以前住宅展示場でお会いした、また別のメーカーさんが声をかけてきました。私の中では今回声を掛けてくれたメーカーさんは、更に高そうだったので頭の中から外れていました。

でも、

このメーカーさんも凄い魅力的だった為、お話を聞くことに。

 

そこの営業の方に今の現状をお話すると、

「まずはうちの住宅を見てください。もしお客さんが満足いかなければ私の力不足です。もちろんその時は断ってください。」

との事。

 

何度か家に訪問で来られるし、私の理想とする鉄骨住宅と言う事もあり、その住宅メーカーさんも視野に入れる事に。

※挨拶の時に【もし満足いかなければ断ってください】と言ってくれた言葉で、心が楽になったのを覚えています。

 

でも、二つの住宅メーカーを平行して進めるほど私は器用ではありません。そこで今コストの面で難航しているメーカーさんに、一旦保留の甲を伝えました。

 

そして後からお声をかけて頂いた住宅メーカーさんをいろいろ知ることにしました。展示場は勿論、実際に住んでおられる家を見せて貰ったり、家を造っている工場見学につれて行ってもらったりしました。

 

こちらのメーカーさんの方は、インテリアにもかなり力を入れていてスケルトン階段だったり中二階やお洒落な内装には本当に目を奪われました。

リビングの壁なんか岩のようなタイルが張ってあったりします。

ドンドン話が進んでいき、夢の様な時間が進んでいきます。

 

もう一つの注文住宅の金額は更に高い

そして、遂に価格のお話になりました。

その席にはそのハウスメーカーの営業の方3名と私一人。

【この価格です。】えっ?

 

最初に話を進めていたハウスメーカーよりも高い . . .金額にして延べ床面積40坪で4,000万円!

これには驚きです。

 

「すいません、この価格ではとてもじゃないが、私には無理です。」

とお伝えしました。そしたら、詳しい話は忘れてしまいましたが、何か月に一回か、値引きをする抽選があるとの事。

それに応募しませんかと言われました。

 

(これは当たったらいいなぁ。)

と思い、抽選に応募する事に。

 

それから数日後。なんと、その応募に当選したんですよ!(今となってはこれも一つの戦略?)

そこで営業の方が「よかったですね。これでいけますよ(^.^)/~~~」と歓迎の言葉を掛けてくれました。

満面の笑顔です。

 

そしてもう一度、見積書を出してもらいました。

それでも3,500万円!

やっぱり値引きしたとはいえ高い……

 

このメーカーさんも凄く魅力的です。

実際にそのメーカーさんが建てたお家を見かけえると、今でも心奪われます。

しかし私にはそれだけの甲斐性がありません。

せっかくここまで親身になってくれたのに申し訳ありません。

 

そうなったら!

早めにお断りするのが一番です。相手の方にもそれが一番やと思います。

やはり最初に話を進めていたメーカーさんにすることにします。

 

おことわりの甲を相手メーカーに伝える

そこで!!意を決して後から声をかけてくれた住宅メーカーさんにお断りの意を伝えました。

すると . . .

予想はしていましたが、そこではちょっとした修羅場がわたしを待ち構えています。

 

なんとかうちでお願いします。どうしてうちではだめなんですか?

こんな感じのことを延々と3時間程言われました。

申し訳ない気持ちでいっぱいでした。つらかったのを覚えています。

 

今回の経験を踏まえて分かったことは、

相見積もりをするときは、それ相応の覚悟が必要だとわかりました。

そしてもう一つ!

合い見積もりをする時は、最初にはっきりと合い見積もりをしていることを相手先にお伝えする事です!

これは鉄板の法則です!

後々お互い嫌な思いをしない様に。

 

改めて最初の住宅メーカーと打ち合わせ

何とかそのメーカーさんには丁寧にお断りをして、最初に話を進めていたメーカーさんに戻ってまたまた話を進めることにしました。

最初に決めていたメーカーさんも苦笑いしていましたが . . .

 

もうほとんどこの住宅メーカに決めていたので遠慮なくどんどん色々と聞きます。私の理想の家は、住宅展示場のような非日常的空間を一般家庭にも取り入れる事です。

だから大きな吹き抜けは必要です。

生涯最大の買い物なので後で後悔はしたくありません。

 

他にもいろいろありますが、その住宅メーカーさんの躯体に感銘を受けたのと、マッシブな外観にほれ込んでしまいました。

そこでこの住宅メーカーさんと本契約になりました(@^^)/~~~