週末に仕事で車の運転する事が多い私。

ふだんは工場の中にこもっているので息抜きにはちょうどいいです!(^^)!

運転する距離は片道で300キロ程。近くのインターから高速に乗って取引先に品物を納品しに行くんですが、この運転が凄く眠い。気が付くとあらぬ方向に進んでいたりすることも. . .

これはほんと危険です。そして高速を運転していると私だけではない、私とよく似た運転をしている車やトラックが結構走っています。危険です。

毎週毎週、週末に運転(特に高速運転)で猛烈な眠気と戦うのは凄く危険です。そこで私がこの睡魔に打ち勝ってきた方法をシェアしていきます。

(この方法はあくまで私の過去体験によるもので効果には個人差があります。色々試されて効果のある方法を見つけてください。)

スポンサーリンク


眠気覚ましには眠気覚ましドリンクが最強!

高速に乗って走っているとほどなくして猛烈な睡魔が襲ってきます。これは毎回。

そこで私は直ぐにサービスエリアに寄り、眠気覚ましドリンクを買います。これは凄い効果!

サービスエリアに置いてある眠気覚ましの中でも私には特によく効いたドリンクを紹介します。

 

強強打破

カフェイン150mg、アルギニン500mg(1本分50mlの内容量)
 

 

このドリンクは最近、高速サービスエリアでちょくちょく見かけます。そしてこれがあるとホッとします。

それはこのドリンクが私には一番効くから。数ある眠気覚まし商品の中でも最強のドリンク!眠くてどうしようもない時にこれを飲むと眠気がなくなります。

飲んだ瞬間から眠気が一気に飛びます。

カフェインは摂取してから効果が表れるまでに2~30分掛かると言われていますが、私は飲んだ瞬間からその効果が表れます。

 

効果は抜群ですが、味は美味しくないです。コーヒー味なんだけどコーヒー味にはない苦味が入っている感じ。(薬に近いような苦味です)

だから飲む時は鼻をつまんで飲みます。そうすると飲みやすいです。(後味の悪さは残りますが。)

しかし効果はてきめん!最強のドリンクです。

そして効果は半日以上は持続します。

 

メガシャキ

エネルギー 40kcal、タンパク質 1.3g、脂質 0g、炭水化物 8.2g、ナトリウム 5.2mg、ビタミンB1 3.0mg、ビタミンB6 2.0mg、ナイアシン 20mg、アルギニン 500mg(100mlあたり/内容量100ml)
 

これも飲んだ瞬間に眠気が飛びます。

強強打破程ではないけど十分な眠気覚まし効果があります。

味はレモン味の微炭酸。でもよく味見してみるとレモンだけではない色々な味がしてきます。唐辛子の様な山椒味のような。何とも言えないジックリ味見すると飲みにくい味。

なので一気に飲み干します。飲んだ後は眠気スッキリ!安全で快適なドライブが出来ます。

このドリンクも眠気が飛んだ状態が半日以上は持続します。

 

効果抜群だけど取り過ぎには注意

眠気覚ましドリンクは即効性があり眠くてどうしようもない時、特に車の運転には凄くありがたい商品です。

しかしその反面デメリットも。

 

眠気覚ましドリンクにはカフェインが多く含まれています。そのカフェインで脳を覚醒させて眠気を覚ましてくれるのですが、飲み過ぎると身体への悪影響が出てくる可能性があります。

 

短期に大量摂取することで起きる急性中毒
  • 心拍数の増加,不整脈,動悸,血流増大
  • 呼吸困難(過呼吸など)
 

長期間に摂取し続けた時の慢性中毒
  • 神経過敏,興奮
  • 睡眠障害
等‥

以上の事からも、ほどほどな摂取にしましょう。また、眠気が襲ってきたからと言って一日に数本服用するのは止めましょう。

ちなみに大人が一日に摂取できるカフェイン量は、一日400mg以下とされていますこれより多く摂取しない様にして下さい。

 

 


ガムをかむ

ガムは噛むことで脳細胞に血液が行き渡るので眠気が飛びます。そして集中が維持できます。そのため高速を走っていて軽い眠気が襲ってきたら、ガムがいいと思います。

特に眠気がスッキリすると謳われているガムは味が辛いため、噛んだ瞬間、鼻の通りがスーっとします。

眠気が覚めると言うより私の場合、鼻つまりがスッキリする感じが強いです。

 

これは私の意見ですが、本当に眠い時はあまり効果を感じませんでした。

そしてガムを噛むのは(味が辛い等は関係なし)噛むことで脳波を目覚めさせる効果があるのですが、一定の間隔で噛むことにより、これまた単調な動作になり、眠気が襲ってきます。

固いものを噛む(固いせんべい)と噛むペースが一定ではなくなり眠気が飛びます。

 

窓を開けて外の空気を取り込んでリフレッシュ

簡易的には眠気が飛びます。特に冬の寒い日に窓を少し開けると冷気が室内に入って来て眠気が覚めます。

窓を開ける事で顔に風圧が当たり、目が覚めて気が引き締まります。

 

体をガンガン叩いて刺激を与える

意識が飛びそう。でも眠気覚ましのアイテムが無い . . .

そんな時私がよくしている事です。体をすこし強めに叩いて刺激を与えます。私は頭をガンガン叩きます。これで目がパッと覚めます。

スポンサーリンク


一息休息する~少しの仮眠でも効果あり~

運転をしていると多少は眠くなるもの。しかしどうしようもなく猛烈に眠い。信号がまともに見れない。

ここまでくると体が休ませてくれと言ってるんです。無理してはいけません。

そのようなときは空いてる駐車場に車を止めて10分程でもいいので仮眠を取りましょう。

そんな短時間で眠気が取れる訳がないと思われるでしょうが、私には効果てきめんでした!少しの仮眠だけでもかなり眠気が取れます。

 

高速運転は特に眠くなる事を念頭に

ほんと高速は単調な景色が流れます。そしてハンドル操作もあまり気を使わない。これも眠気を誘う要因です。

これを高速道路催眠現象(ハイウェイヒプノーシス)と言います。

この状態だと脳波がアルファー派が沢山出ている状態。

これは日常生活で言うと、日なたぼっこでウトウトしている状態に近いです。なので普段あまり眠くなくても、高速道路で長い時間運転をしていると眠気が襲ってきます。

気が付けば信号が赤。そのような状態にならない様に気を付けてくださいね。

 

お腹いっぱい食べない

これは車の運転に限らず、お昼に沢山の昼飯を食べると午後からの仕事が猛烈に眠くなります。

それは食べ物が胃の中に入る事で、それを消化しようと血液が内臓に集中します。すると頭の血液量も減ります。

これがおなか一杯食べると眠くなる要因です。

車の運転もそれと同じ。お昼の休憩でご飯を沢山食べた後の運転には、十分注意してくださいね。

出来れば運転中はあまり沢山の量を食べない方が眠くなくて安全です。

 

まとめ

今回、私が運転で猛烈に眠くなった時の対処方法を語っていきました。もう一度おさらいしますね。
  • 眠気覚ましには眠気覚ましドリンクが最強!–これはほんと最強の眠気覚ましです
  • ガムをかむ–簡易的になりますが軽い程度の眠気が取れます
  • 窓を開けて外の空気を取り込んでリフレッシュ
  • 体をガンガン叩いて刺激を与える–体に直接刺激を与ええる事で眠気を取ります
  • 一息休息する–どうしようもない眠気には少しでも仮眠をすると眠気が取れます
  • 高速運転は特に眠くなる事を意識する–単調な運転は眠くなる要因です
  • お腹いっぱい食べない–ほどほどにご飯を食べましょう
 

以上、私なりの運転中に起こる眠気を取る方法を語っていきました。

車の運転はどうしても眠くなるものです。それは単調な高速道路の運転だと、より一層明白に表れます。

それは凄く危険!その様な時、今回私が実践して効果があった眠気覚まし方法を試してみてはどうでしょうか。