徳山ダムの観光に行ってきましたよぉ~。

そのダム近くには藤橋歴史民俗資料館と言う、昔の古民家を再現した建屋が数件展示してあるんです。

 

ここは、徳山ダムが完成した時、ダムの底に沈むはずだった建屋。

それを一旦解体して歴史資料館として新たに復元すると言う、凄く感銘深い古民家なんです。

 

実際に見学してみて、昔の建屋の趣やその当時の生活の様子が肌で感じる事が出来ます。

 

今回、そんな古民家を【縁側間取りを中心に、画像を使ってご紹介していきますね♪

スポンサーリンク


古民家の縁側


「どうです、この縁側?」

 

藤橋歴史民俗資料館は建屋も綺麗に手入れされていますが、公園(庭)もかなり手入れが行き届いていています。

写真の風景がと~っても眩しいです!(^^)!

 

この外でもない、かといって家の中でもない。この様な空間で日向ぼっこしながらお茶でも飲んでみると心が落ち着きます。

 

更に何枚かの縁側写真を貼りますね。

 


 

 


 

 

 


縁側向こうの風車の景色がほんと絵になります。

 

 

 

ここでマメ知識

「縁側は何処から来ているの?」

それは日本の和風家屋からきています。家の縁(端)からはり出した通路をその様に呼んでいます。

庭から建屋に入る以外に、この縁側からも建屋に入れる様になっています。

 

 

お次は間取りのご紹介です。

古民家の間取り

ここの古民家は、昔の造りをそのまま移築して再生しているので当時のままです。

そこで思ったことは、「昔の造りって何か良くネ?」これです!

 

全ての部屋の仕切りが、壁ではなく襖なんです。なのでその襖を外せばとても広い空間になるんですね。

これ、と~っても開放感のある大開口です。

 

こちらに何枚かご紹介しますね♪

 

 


この囲炉裏のある空間。

広くて気持ちのいい空間です!(^^)!※当時のままなので年季が入っていますが . . .

 

 


 

 

 


こちらは土間の空間が素敵な建屋。ちょっとしたお店の様な造りでした。

 

 

 


 

 

 


 

こうやって写真を見ていると、昔の建屋は家全体に占める土間空間が結構な割合を占めているんですね。

 

 

お次は土間のご紹介です。

土間

昔の生活は今の様にスマートにはいきません。全てが一苦労です。

例えば
  • ご飯の用意
  • 洗濯
  • お風呂
 

これらを家の中ですると、どうしても汚れてしまいます。なので作業がしやすい土間が必要だったと思うのです。

土間だと、例えば洗濯で地面が濡れても大丈夫ですし、ご飯やお風呂の準備でも、薪をくべたりするのに土間だと作業がしやすいです。

 

こちらに土間の写真を何枚か貼りますね。


 

 

 


当時そのままです。

 

 


昔使っていた機具がそのまま展示されています。

ここの家主さんは林業に精を出していたんですね。

 

 


躯体の年季が歴史を感じます。

 

 


 

 


特に↑の写真の間取りなんか、ハッキリいってお洒落だと思います。

 

広い畳空間にスッキリした造りの土間空間。

こうやって見てみると、洗練された空間ですね。私、最後の写真の間取りが随分気に入りました!(^^)!

 
※ちなみに昔の古民家は今の木造住宅より随分柱が太いです。なので広い空間が可能になったのですね。
ドンドン行きますね♪

スポンサーリンク


屋根裏がある

古民家は造りが平屋建てなんですが、屋根部分には広い空間があります。

そこが屋根裏部屋となっています。

 


何だかおどろおどろしい感があります . . .

秘密の隠れ家です!(^^)!

 


うわっ!きった~!この感じ。たまりません (/ω\)

 

 


茅葺がむき出しです。誰か隠れてそうですね . . .|д゚)

 

 


このすすの被った躯体。これが虫を寄せ付けず家が長持ちする秘訣だそうです。

 

 


|д゚)誰かいてますかぁ~?

 

 


屋根裏にはこの様な図太い柱も見受けられました。

凄いうねった柱( ゚Д゚)

見事です!!

 

お次は歴史資料館の詳細情報です。

詳細情報

 

藤橋歴史民俗資料館

住所 岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見

電話番号0585-52-2611

定休日月・火曜(祝日の場合は、週はじめの平日2日間)、12-3月

営業時間10時-16時30分

料金入館500円(藤橋城と共通)

駐車場 有り

 

 

お次は場所のご案内です。

マップ情報


滋賀の北陸自動車道木ノ本インターから道路案内を表示させています。

ご参考になれば幸いです。

 

では、最後になります。

おしまいに


今回、藤橋歴史民俗資料館の古民家をご紹介してきました。

当時そのままが見事に再現されていて、昔の生活様式に思いを馳せる事が出来ました。

 

特に柱や床材、囲炉裏などはそのままです。

そして縁側に関しては、この日天気が良い事もあり、かなり魅力ある空間でした。

 

最近では、古民家を再生した住宅がテレビでちょくちょく紹介されています。圧倒的広い間取りと、それを支えるしっかりした躯体で人気があるそうです。

 

ここにある古民家もそれと同じで、広々とした土間と畳スペースが気持ちのいい空間になっていました。

 

ココは徳山ダム近くにあります。

ダム観光のお供にどうでしょうか!(^^)!

 

では、失礼します。