京都動物園に行ってきましたよぉ~!(^^)!

 

毎年桜の季節になるとココへやって来る我が家。そこで思う事があるんです。

 

「来る度に新しくなってる!」

 

今回は今までにない程のリニューアルでした!(^^)!

そのリニューアルで最近世間で騒がれているゴリラの宿舎も新しく建て替えられていました。

 

「ゴリラは何処?」とキョロキョロしているとあんなところに↓


背筋をピンと張って鉄骨の上にチョコンと座っているじゃありませんか!

これ、劇渋です(‘ω’)ノ

 

今回、そんなリニューアルされた京都動物園をお伝えしていきますね!(^^)!

スポンサーリンク



 

新しくリニューアルされた京都動物園

冒頭でもお伝えした通り、京都動物園は毎年来る度に結構な規模のリニューアルが行われています。

それもそのはずで、この動物園は日本で二番目に出来た動物園なんです。なので随分と建屋が古くなっていたんです。

それがここ数年で一気にリニューアルされて、動物の宿舎の規模も随分と広くなりました。

象の居るコーナーなどは、ほんとかなり広かったですよ♪

 

今回この記事では主に、
  • 新しいゴリラ宿舎
  • 迫力ある象
  • カバの大きな巨体
  • うろついてるトラ
  • キリンとシマウマがおんなじ所に
  • ヤギと触れ合える
  • 呑気で愛嬌あるスローロリス
これらをメインに私のレビューも交えてお伝えしていきますね!(^^)!

 

まずはこちらです。

 

新しいゴリラ宿舎


ゴリラの宿舎が新しくリニューアルされていましたよ!(^^)!

かなり広くて変化に富んだ空間になっていました。

 

この宿舎は野生の森を意識して造られています。写真を見てもらうとお分かりの通りで、所々に鉄骨やロープが空間を横切っています。これを利用してゴリラが空間を移動していました(‘ω’)ノ

 

 

ここで豆知識

ゴリラって凄い怪力の持ち主なんです。

恐ろしい程の握力で平均で400kgもあるんです!これ、握手をすれば大変な事になります。

※人の握力の平均は30~50kg程です

 

そんな怪力の持ち主、メンタルは逆に結構ナイーブなんです。

その証拠に神経性の下痢になったりする場合もあるんです。

 

 

ここのゴリラ宿舎には3匹のゴリラがのんびりとしていました!(^^)!

 

先ほどの写真の鉄骨上に座っていたのがももたろう

名前に相応しく、体が大きく見た目がいかついオスのゴリラです。

 

下の写真に写っているゴリラが【お母さんゴリラのげんき】と【子供のげんたろう】。

見ていると子供ゴリラがお母さんゴリラに甘えているのが分かりました。

何と言いましょうか、ほんと人間の親子の様です。

 

不思議な感覚です。


※このスナップはお母さんゴリラにちょっかいを出して追いかけられている様子です!(^^)!

 

お次は象さんです。

象のコーナー


私、象の唸り声を聞いたの初めてです!

 

ここも凄いリニューアルが行われていて、今までの宿舎とは比べ物にならない程、大きな空間に生まれ変わっていました。↓


 

 

それまで確か1~2頭だった象の数も5頭程の数に。

少し遠くに象がたむろしていたんですが、いきなり「ぱおぉぉぉぉぉ~?」と雄たけびの様な声を連呼していました。

これには少し驚き!

 

私、よくディスカバリーチャンネルでアフリカの動物を撮影した番組を見るんです。

そこにはライオンだったりワニだったり。

その中で、象が獰猛な肉食動物を蹴散らかしているんです。

 

「蹴散らかすってどう言う事?」

 

これほんと凄いんです!ライオンの群れに一頭の象がやって来ると、ライオンが逃げ出すんです。あのライオンがですよ?

 

「象最強やな . . .」

 

その象が目の前で雄たけびを上げているんです。これ、かなり興奮しました!(^^)!

 

お次はこちらも凄い動物です。

大きな巨体のカバ


 

象が最強なのは、その大きな体をみれば大体察しがつくんですが、実はカバも凄いんです。

あの生きる恐竜?ワニが本能でカバを避ける程カバは狂暴で強いんです。

 

その凄いカバもここ京都動物園にいました!(^^)!

こちらに何枚か写真を貼りますね。

 


 

 


 

 


 

 


 

どうです?イカついでしょ!

つぶらな瞳にこの巨体。しかも見た目結構なメタボ体型です。

普段お目に掛かれないので圧倒されてしまいます。

 

お次はトラです。

スポンサーリンク


迫力あるトラ


ココには百獣の王ライオンもいますが、少しお歳めいていて横になって寝ていました。

でも、トラは元気にウロウロと同じ場所を徘徊?していました。※ストレスが溜まってるんかな?

 

そのトラもかなり身近で見る事が出来ましたよ!(^^)!

で、見た瞬間思ったことが「大きい!」

 

肉食動物でこれだけ大きかったらほんと迫力ありますよね(/・ω・)/

明らかに猫の領域を超えています。※比較するのもおかしいですが . . .

 

こちらも何枚かトラの写真を貼りますね。

 


トラが入ってきましたよ♪

 


 

 


 

 


かなり大きいです。

この模様、立派ですよね。

 

 


 

 


どうです?

入って直ぐに出て行ってしまいました(/・ω・)/※どうしたんトラさん . . .

これを何度も繰り返すんです。

 

その見事な風格を、惜しげもなく私たち動物園来場者に見せつけてくれましたよ!(^^)!

 

 

少し豆知識

トラは絶滅が心配される動物の一種なんです。

どれ程の個体数なのか?

20世紀初頭は10万頭いたとされています。それが現在では4,000頭まで激減です。

これ、ほんと絶滅が心配されますよね。

 

もちろんトラの保護活動も行われていますが、密猟や密輸はず~っと続いており、生態系の破壊も起こっているんです。

トラの保護活動は世界各地で行われていて、これからもずーっと続いていきます。

 

 

お次は癒し系?の動物です。

キリンやシマウマのコーナー


 

キリンの宿舎も広く、来園者がもっと間近でキリンを見える様な工夫がなされていました。

それはちょっとした空中経路を作って、そこからも見学できる様になっていました。

 

今回私が来た時には2頭のキリンが目の前で戯れていましたよ!(^^)!

最初、私の前に一頭のキリンがその誇らしげで器用な舌を使って木の枝を食べていました。するともう一頭のキリンがやって来て、二頭で仲良く木の枝を食べていました!(^^)!

何だか仲睦まじい光景でしたよ♪

 


 

 


 

そうそう!

キリンって睡眠時間が凄い短いんです。

野生のキリンは一日の睡眠時間が10分なんですって。しかも立ったまま . . .

でも、動物園の様な安全が保障された空間だと、2時間程休息する事もあるそうです。

これを知って思ったことは、野生の世界は凄く厳しいと言う事です。

 

常に肉食動物に狙われている日常。気が休まりません(´・Д・)」

 

お次はこれです。

京都動物園では動物との触れ合いを大切にしています。

ヤギと触れ合える

 

私、ヤギと触れ合ってきましたよ!(^^)!

ここに来たのは朝9時の開園時。

 

子供が「動物と触れ合いたいねん!」と言う事で、早速ヤギと触れ合ってきました。

朝一と言う事もあり、貸し切り状態でヤギと触れ合う事が出来ましたよ!(^^)!

 

飼育員の方が二名おられる中で、5頭程のヤギの背中を撫でたり、お腹を撫でたりと、のどかな一時を味わえました。

看板には「ヤギの顔は触らないで」と書いていたので、慎重に触れ合ってきました。

 

今回私たち家族がヤギに触れ合ってきた所は、ふれあい広場「おとぎの国」と言うコーナーです。ここではカワイイ動物達に触れ合う事が出来ます。

ここに挙げますね。

 
  • ひつじ
  • ヤギ
  • うさぎ
  • てんじくねずみ
 

これらのカワイイ小動物に触れ合う事が出来ます。

癒されますよ♪

 

最後はこちらになります。

呑気で愛嬌あるスロー.ロリス


動物園には熱帯動物館があります。そこには主に

 
  • へび
  • かめ
  • ワニ
  • コウモリ
 

 

これら熱帯に生息する爬虫類をメインにした動物が入っています。

 

その中で独特の動きをする動物が!

 

動きがと~ってもスローなんです。しかもカワイイ♪それがスロー.ロリスなんです。

 

名前から想像するとこれってもしかしてリス?でも見た目サルっぽいし . . .どっちなん?ハッキリして!

この様に思っている人、結構いると思うんです。

スロー.ロリスはサルです!

 

 

写真をここに貼りますね!(^^)!

 


 

 


見て下さい、この大きな瞳を!

この顔で見つめられたらいい歳したおっさんの私でも、心がキュンキュンします . . .

 


動きが遅いだけでなく、少しぶっきら棒な動きです。

「これ、野生でやっていけるんかな?」と色々考えてしまいます。

でも、凄くカワイかったですね♪

 

 

マメ知識

スローロリスはほんと動きが遅いです。この遅さはナマケモノといい勝負です。

普段は常に木の上で生活をしている夜行性の生物です。

 

そして、あまりに遅い動作からなのか、脇の下に毒を持っているんです。それを体中に塗りつける事で敵から身を守っています。

 

 

補足

今回、桜の花見もしてきましたよ!(^^)!

少しレビューしていきますね。

 

桜の花吹雪が凄い


今回京都動物園へは、桜の花見も兼ねてやって来ました。

ここは琵琶湖からの疎水が横に流れているんです。その疎水の両脇には見事な桜並木があるんです。

 

場所はこちらになります。


赤い枠で囲った所が桜の花見スポットになります。

 

 


こちらが更に拡大した園内マップです。

 

 

 

 

 

今、まさに満開を迎える桜が琵琶湖疏水近くに沢山咲いていて、風で花びらが綺麗に舞っていました。

最高の天気にここへ来られた事に感謝ですヽ(^o^)

 

ここに何枚か桜吹雪の写真を貼りますね。

 


 

 


 

 


 

 

 


 

 


桜が舞っているのがわかります?

切なく綺麗な光景でした。

 

最後になりますが、京都動物園詳細情報です。

京都動物園詳細情報


 

まずは開園時間からです。

3月~11月の開園時間 9時~17時

12月~2月の開園時間 9時~4時半

 

休園日

毎週月曜日

12月28日~1月1日

 

入園料

一般 : 600円

中学生以下無料

団体(30名以上) 500円

年間入園券(一般)2,400円

 
補足 全面禁煙になっています
 

 

マップはこちら

場所は平安神宮とびわ湖疎水の隣になります。



 

車で来られる方は岡崎公園駐車場や、みやこめっせ駐車場をご利用となっています。

※岡崎駐車場は昼前になると結構こみます

 

〒606-8333

京都市左京区岡崎法勝寺町岡崎公園内

 

TEL:075-711-0210

FAX:075-752-1974

 

では、最後になります。

おしまいに

今回、京都動物園でほんと沢山の動物を見てきました。

ここに全てをご紹介するのは大変なので、私の独断と偏見で何種類かを選んでみました。

 

普段絶対にお目にかかる事が出来ない動物、かなりの迫力でした。

特にカバや象、トラには驚きましたヽ(^o^)

 

そして霊長類の仕草がかなり人に近いのにもビックリ!

のどかで充実した時を過ごせました。動物や飼育員の方に感謝です(^.^)/~~~

 

そして見事な桜吹雪には心奪われました。※少し言い過ぎかな?

もう桜は散り始めているかも知れませんが、是非ここはお勧めです!

では、失礼します。

 

スポンサーリンク