この様な話は少し前から聞いていました。でも、本当にそうなんです。

世界のお金持ち上位8人が世界の半分の人口と同じ資産という事実。

なぜこれ程までに凄い格差が生まれるのでしょう?

お金って集まる所に集まるのですね。

 

この凄い現実を知った上で、あなたはどう感じますか?

私達一般市民は指を咥えてこの現実をじーっと見守るしか出来ないのでしょうか?

私の答えはノーです!

ではどうするべきなのか?私なりの持論【一般の方もお金持ちになれるのか?】を語っていこうと思います。

スポンサーリンク



 

米フォーブス誌の出した凄いデータ


少し前からこの様な話がインターネットで飛び交っています。それが貧富の差。

特に凄いのが今回のデータ。

2015年以降、世界の富裕層の上位1%が残り99%の総資産より上回っています。信じられないようなホントの事実。

そして、更に詳しく掘り下げていくと、世界の大富豪上位8名と世界の人口の約半分、36億人の総資産と同じなんです。何故これほどまでに凄い格差が生まれたのでしょう?

今回の大富豪に関わらず、富めるものはドンドン豊かになり、貧困層はどんどん貧困になっていきます。

 

 

アメリカでの格差はこうなっている!

アメリカではこの様な結果が出ました。

米国内では上位1%が富の42%を保有しています。スーパースターやハリウッド女優、特に凄いスポーツ選手などは年間所得額もほんと凄いですからね。

 

今回の上位8名はこの様な方々

それでは、今回世界の大富豪上位8名がどういった方なのか、探っていきましょう!

まずは第一位!
米マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ (750億ドル・約88兆6000億ウォン)

第二位!
スペイン・ファッションブランド「ザラ」の創業者であるアマンシオ・オルテガ(670億ドル)

第三位!
米バークシャー・ハサウェイの最高経営責任者「ウォーレン・バフェット」(608億ドル)

第四位!
メキシコ通信会社「テルメックス」の会長「カルロス・スリム」(500億ドル)

第五位!
米アマゾンの創業者「ジェフ・ベゾス」(452億ドル)

第六位!
フェイスブックの創業者「マーク・ザッカーバーグ」(446億ドル)

第七位!
オラクル創業者「ラリー・エリソン」(436億ドル)

第八位!
ブルームバーグの創業者「マイケル・ブルームバーグ」(400億ドル)

 

これら上位8名の総資産は約4260億ドル(約48兆7000億円)でした。

圧巻のデータです。

 

格差はどんどん拡がる


大富豪の方々はお金がお金を生むシステムを構築しているので、どんどんお金が雪だるま式に集まるんですね。

そして大富豪の方たちは、多額の資金を使ってその保有資産を守ろうとします。

例えばタックスヘイブン(税金の安い所に資産を移したり、何らかの方法で税金を待避している)も一つの要因と考えられています。

それと、会社の利益は莫大に上げつつ、従業員の賃金は低賃金。これも格差社会を更に助長しています。

それは私の身近でも肌で感じる事ができます。

例えば、お店の前に従業員募集とか、アルバイト募集とかの張り紙が貼ってありますが、大体時給700円~1,000円位。

これで生活していくのは、私の様な家庭を持つ方だと生活できません。

でも、これが今の現実なんです。

スポンサーリンク



 

何とかならないものか

そうなんです。

これらの情報を知ったうえで、われわれ一般庶民は何もすることが出来ないのでしょうか?

これだけ凄い資産を保有しているごく一握りの方々の、ほんの少しでもいいから私たちも資産が欲しいですよね!

そこで私の価値観ではありますが、一つ一つかみ砕いて色々考えていきますね。

 

会社員には限界がある

会社員の方でも凄い沢山の給与を貰っている方はいます。

そして学歴が高い程、昇給も期待できます。

そこに特殊な資格や仕業に従事している方はやっぱり所得も高いですよね。

 

(お金が沢山欲しいのなら、頑張って勉強すればいいのでは?)

そうなのですが、誰もがそこまで勉強できません。

特に、私の様な中年おじさんで、今から猛烈な勉強は少し無理があります。

もちろん出来る事はそれなりに勉強します。でも限界があります。

 

自分で商売を始めると?

次に自分で商売をするとどうなのか?

よく飲食店や、アパレルと言った商売をしたいと言う方がおられます。これは凄いバイタリティーがあっていいと思います。

そして、今まで下積み時代を頑張って来られた方で、そのノウハウを活かして独立をすると、商売をしても上手くいく可能性が高くなります。

でも、そうでなければ . . .

リアル店舗で商売を始めると飲食店でも結構な借金をする事になります。

ましてや、今まで下積み時代の無い商売をするにはリスクが高まります。

 

失敗したでは済まされない現実

私の勤める会社から道を挟んで少しお洒落な工具屋さんがあります。

その工具屋さんは2年前、工具屋ではなく、お洒落なビリヤードの出来る飲食店でした。

それが開店一周年記念を祝って1カ月程して潰れました。

 

開店した当初から殆んどお客が入っておらず、これといった客を呼び込む事もせず、開店1年ちょいで潰れてしまいました。

これを目の当たりにして(商売は難しいな . . .)と思いました。

お店の外装や内装はお洒落で結構凝った造りのお店でした。そしてアメリカンスタイルで夜のイルミネーションがとっても綺麗なお店でした。

残念です。これは失敗したでは済まされないと思います。

スポンサーリンク



 

リスクのない商売がある


リアルビジネス(商売)も、全く知識や経験が無ければ難しいと思います。

では、私たちは何もする事が出来ないのか?

私の返事はノーです!(ハッキリ!)リアルビジネス以外にリスクのない商売が存在します。

 

それがインターネットビジネスです!

 

インターネットビジネス

世間ではまだまだ認識されていません。ゆえに怪しいとさえ思われている方もいます。

では、早速調べていきますね!(^^)!

 

良い点

最初にインターネットビジネスと聞いて、何が何なのか解らないと思います。なので、まずは良い所からご紹介しますね。

 
  1. 負債を抱えなくても良い(リスクが限りなく少ない)
  2. まだまだ世間では認知されていない
  3. 在庫を抱えなくても良い
  4. 何処でもインターネット環境があれば出来る
  5. 一度ビジネスがインターネット上で構築出来たらあとはほったらかし
  6. 家で一人で出来る
 

インターネットビジネスの優れている点はこの様な感じです。はっきり言って凄いです。

これはホリエモンが提唱しているビジネスが上手くいく三大原則にすべて当てはまっているんです。

その三大原則に当てはまっていればいる程、ビジネスとして成功する確率が高くなるのです。

それでは、上記のいい点を一つ一つかみ砕いていきましょう!(^^)!

 

1負債を抱えなくても良い(リスクが限りなく少ない)

リアルビジネスだと、どんだけ考えあぐねても結構な資金がいります。店舗を構えれば1,000万は軽く超えるでしょう。中古物件でもやっぱり内装工事、機材、その他諸々でやっぱり結構な資金が必要になります。

それがインターネットビジネスだと、インターネットが出来る環境であれば、それ以外はサーバー代(月々1,000円ちょい)で始められます。

インターネット代と併せて月々6,000円でやっていけます。

これは冗談でもない本当です!

 

2まだまだ世間では認知されていない

これは凄いチャンスになります。みんながみんなインターネットビジネスを始めてしまったらライバルだらけで儲けも限られてきます。でもそうはならない。

それは世間がインターネットビジネスを怪しいと思っている所があるからです。これは凄いチャンスを意味しています。

 

3在庫を抱えなくても良い

在宅でする仕事でも在庫を抱えて足の踏み場が無い、在庫品の発想で常に忙しい。これだと大変です。でも、でもですよ!インターネットビジネスはやり方では在庫を抱えなくてよい、発送もしなくていいのです!これも凄い事です。

 

4何処でもインターネット環境があれば出来る

あなたはノマド難民と言う言葉をご存知でしょうか?そうです。難民です。でも普通の難民ではありません。インターネットビジネス環境があればどこでもビジネスが出来る。ノートパソコンや携帯モバイルでどこでもビジネスをする人。それがノマド難民。凄いです。

 

5一度ビジネスがインターネット上で構築出来たらあとはほったらかし

これがインターネットビジネスの根源であり、全てだと思います。一度インターネット上にあなたのビジネスを構築すれば、上手くいけば、ドンドン報酬が発生する。そして何もせずに24時間インターネットが勝手に働いてくれて資金がドンドン膨れ上がります。(もちろん上手く行った場合ですが . . .)

それに賭けてみるだけの価値は十分にあります。

 

6家で一人で出来る

商売は最初は1人で尚且つ、自宅で出来るのが良いとされています。でもこれは悪魔で理想での話。自宅で商売なんて普通は出来ません。が、このインターネットビジネスは、自宅どころか、一室で出来てしまいます。

 

どうです?凄いでしょ!(^^)!

では次に、悪い所をご紹介しますね。

悪い所

優れたビジネスモデル、インターネットビジネス。

悪い所をここに挙げてみますね。
  1. リスクがないからどうしてもだらけてしまう
  2. ノウハウが分らない
  3. メンタルがもたない
それぞれ一つずつご紹介しますね。

 

1.リスクがないからどうしてもだらけてしまう

リスクがないから簡単に始められますが、人はリスクや背負う物があると底力を発揮する場合があります。

後にも下がれない状況になるとそれを遂行しなければ生きていけない。なので頑張る。

でもインターネットビジネスにはそのリスクがほぼ無いのでこれが逆に悪い所でしょうか。自分に厳しく出来る方が向いているかもしれません。

 

2. ノウハウが分らない

これ、困ったものです。インターネットビジネスは正しい方法で正しいやり方でしなければ成功しません。

これが一番厄介。

誰もが最初は全くの素人から始めるのですが、何が正しくて何が間違っているか皆目わからない。これは成功している人から方法を聞くしかありません。

 

3 メンタルがもたない

インターネットビジネスは時間との闘いでもあります。それは一度自分でインターネット上にご自分のビジネスを構築しても、それをインターネットが認識するまで凄く時間が掛かります。

最初はgoogleがあなたのインターネットビジネスを認識するまでに早くて6カ月~9カ月はかかります。

それで普通のひとは(やっぱりだめじゃん!アカンやん!辞めた!)こうなります。

なので、成功するまで頑張る!この強靭なメンタルが必要になります。

 

 

まとめ

今回、ちょっと熱く語ってしまいました。

それだけ希望のある話です。日本の成功者でもインターネットビジネスで成功している方は沢山います。

その方々達は、一度インターネット上にご自身のビジネスを構築すると、後は何もせずとも凄い収益を上げます。

当の本人は何もせずとも莫大な収益が勝手に入ってくるので暇すぎて鬱になるのだとか。

凄い鬱ですね . . .

今回、私もインターネットビジネスを知って凄いワクワクしています。

ドンドン貧困格差が広がる今日。普通にしていれば普通。でも、そこに今回お伝えしたインターネットビジネスを始める事も出来ます。

私は前向きに考えようと思います。

ごく少数のお金持目指して!(^^)!