食洗器って最近では随分普及してきてると思うんですね。

我が家も5年程前に家を建てた時に設置しました(๑˃̵ᴗ˂̵)

最初、食洗器を付けるにあたって「本当に要るのかな?」とか、いろいろと考えたんです。それは今まで使った事が無かったから。

今回、この記事では実際に食洗器を使ってみてどうだったのかを私目線ですが語っています。

これを読まれる事で食洗機の大体の感じが掴んでもらえると思うんですね。

では、早速まいりましょう(^o^)

スポンサーリンク


食洗器のビルトインタイプをレビューする

そもそもあった方がいいの?


いきなりですが、この記事を書くにあたってネットでこの様な意見を結構見受けられたんですね。

それが「そもそも食洗器って必要なの?

 

その問いに対して、食洗器をかれこれ5年程使った私の意見を言いますね。

手で洗うより圧倒的に楽です!(^^)!

 

でもこれって人によっては結構意見が分かれる所なんですね。我が家の場合は圧倒的に楽です。重宝していますよ♪

 

お次はどの様に楽なのかをお伝えしていきますね。

食洗器は圧倒的楽

 


食洗器はその名の通り、自動で食器を洗ってくれる優れたマシンです。

これで楽でない訳がありません。

キッチンのシンクに食器が溜まっている方は本当に楽に食器が洗えてしまいますよぉ~。

 

でも、中には,
  • 食器は手でチャチャっと洗うのが良いんやって!
  • いちいち食洗器に食器を並べるって手間やん!
この様な意見の方もいます。その気持ちが分からない訳ではないのですが . . .

それらを考慮してもやっぱり楽です。

 

 

お次は実際に我が家ではこの様に使っています。

食洗器をレビュー!

食器をあらかじめ軽く水洗いする


我が家では食器をいきなり食洗器に入れて洗う事はしていないんです。最初にシンクで軽く水ですすいでいます。

「えっ!なにそれ?面倒くさくない?」

 

これには大きな意味があるんですね。

軽く水ですすぐ事で、洗い残しがほぼ無くなるからなんです。

「なるほど!でも水洗いしなかったらそんなに洗い残しがあるの?」

殆ど洗い残しはありません。でも、たまにあるのでそれを無くすためです(^^)

 

お次は食洗器に食器をセットしていきます。

食洗器に食器をセットする

 


水で軽いすすぎが終わったらお次は食洗器に食器をセットしていきます。

※上記の写真は我が家の食洗器で、これから食洗器で洗う写真です。食器洗いのレビューの為あえて水洗いをしていません。

食器の配置には若干のコツがありまして、食器の凹んだ方を内側に向けて並べて行きます。

これをする事で、食洗機の底や中心から出るお湯のジェットが満遍なく食器を綺麗に洗ってくれるからなんです(^^)

 

ちなみに、最近の食洗器はかなり優れモノで、食器との間隔を結構詰めてセットしても僅かな隙間があれば凄い綺麗に洗浄してくれます。!(^^)!

 

お次はいよいよ洗浄開始です。

食洗器で食器を洗う

 


食器を食洗器にスタンバイ出来たら洗剤を投入します。

 

いよいよ洗い開始です。

この食洗器には6つのコースが選べます。


我が家では普通の標準コースで

洗い



すすぎ

これをしています♪

 

お次は洗浄後の食器はこの様な感じです。

洗浄後の食器

1時間程して洗浄が完了しました。ビルトイン食洗器を開けてみると?

 

 



この様な感じです。

かなり綺麗になってしまいます♪上の写真の左側にあるお皿何か結構詰めて設置したんですが、それでも全く洗い残しもなく綺麗になっています。

手で洗うより圧倒的に綺麗になってます。

 
 

 

ここからは補足情報になります。

補足情報

乾燥機能について

食洗器には乾燥機能があるんですね。

これをすることで食洗を高温の熱風で乾燥させるんです。でも我が家ではこれはしていないんです。

それは何故か?

 

食洗器って60°Cのお湯で食器を洗浄しているんですね。だから洗浄後は食器がかなり熱い状態。

それから食器を乾燥するんですが、熱い食器は自然に乾燥してくれます。なので「乾燥機能は要るの?

と言う事に気づいたんです。

 

そこで乾燥機能を省くと?普通に食器が熱で乾燥してくれます♪

なので我が家は乾燥機能を省いています。

 

お次は食洗器で洗える物について。

食洗器はこんな物まで洗える

食洗器って食器やお茶碗、コップ位しか洗えないと思っていませんか?

私はその様に思っていたんです。なので当初食洗器を設置するときは「それ程綺麗に洗えへんのちゃうかな?」

この様に思っていたんです。

 

で、実際に使ってみると?

何でも洗えてしまいます!(^^)!凄いパワーなんです。

「えっ?そんな物まで洗えるん?どうやったらそんなに綺麗に洗えるん?」

この様に思う事が多々あります。

 

 

例えばそこそこ大きな鍋

 


これを食器と一緒に食洗器に入れておくと1時間程で綺麗になってるんです。ただの綺麗になるレベルじゃないんです。恐ろしく綺麗になるんです。

私、この食洗器を5年以上使っていますが、未だに凄いと感心してしまいます。

 

お次は最後になりますが食洗器のタイマー機能についてです。

タイマーで深夜に食洗器を回す

食洗器にはタイマー機能が備わっているんです。

これ、凄いありがたい機能なんです!(^^)!何がありがたいのか?それをここに挙げますね。
  • 深夜に洗うので深夜電気料金で洗えてしまう
  • 食洗器は少し賑やかな音がするが、深夜だと回っていても誰も気が付かない
この二つが主なメリットです。

食器って洗ってから乾燥機能で食器を乾燥したり熱風で除菌もしてくれるんです。

でもこの機能を使えばそこそこ電気を使う事になります。それが深夜電気料金で回すことで大幅に電気料金が浮きます。

※ちなみに我が家では電気料金が月々7~8千円程。タイマーってありがたいです。

 

そしてもう一つ、我が家の食洗器は5年程前のPanasonicビルトインタイプなんですが、食事が終わってリビングで寛いでいる時に食洗器を回すと若干賑やかな音が聞こえます。

どれ程の音かと言いますと、冷暖房を若干パワフルで回している位の音がします。

これ、リビングにいると少しうるさいです(*”ω”*)

そんな時、タイマーで深夜に回すと気にならないんです!(^^)!これも結構大きいメリットです。

 

最後に

いかがでしたか?

食洗器と言えば最近ではほんと随分と普及してきました。やっぱり圧倒的に便利ですね。

もう一度おさらいしますね。
  • 食洗器で洗う前にあらかじめ水洗いする事で更に洗い残しがなくなる
  • 食器との僅かな隙間があれ食器が綺麗に洗える
  • 大きな鍋も綺麗に洗浄してくれる
  • 高温で洗浄するので乾燥機能をしなくてもすぐに乾燥する
  • タイマー機能を使えば深夜料金で使えてしまう
最近の食洗器はほんと高性能です。これは私が今から25年前にレストランで食器洗いのバイトをしていた当時の業務用食洗器と比較しても比べ物にならない程の洗浄力です。

是非私お勧めの機械、いや、マシーンです!(^^)!

では、失礼します。