こんにちは。

家って外観もかなり重要な部分ですよね。

「家の中は凄くお洒落なんだけど、見た目が . . .」

これ、凄く歯がゆいです。

 

私、その様な展示場やオープンハウスを何軒か見受けたんですね。

「あれだけ立派なリビングやのに、なんでこの外観なん?」

 

でも、これは人の感性によるところが大きいんですね。

 

例えば、

「家にはやっぱりスタイリッシュな陸屋根やって!」と言う人がいれば、

「ちゃうちゃう!家と言えば瓦屋根やで。日本の心や。」

と言う方もいらっしゃる。

 

なので、何が良くて何が悪いのかは意見が分かれるんですね。

 

そこで今回、自称住宅マニアな管理人家の外観について、特にタイルテラスと言う部分に的を絞って語っていこうと思います。

スポンサーリンク


タイルテラスについて


タイルテラスって何と言いましょうか?ワクワクしたイメージがあります。

私も家にタイルテラスを設置しているので、どういった感じなのか大まかですが分かります。

 

ここにメリットとデメリットに分けてご紹介していきますね。

メリット

メリットとして一番に上がるのは、やっぱり見た目でしょうか!(^^)!

それ以外にも色々と挙げてみました。
  • 見た目がとっても良い
  • 経年変化が少ない
  • リビング掃き出しと一体感がある
ざっと考えるとこれだけありました。

 

それぞれをご紹介していきますね♫

見た目がとっても良い

記事最初にも書きましたが、家って住む以外にも見た目がとても重要になってきます。

仕事から疲れて帰ってきて、自分の家が理想に近い外観だとほんとウキウキしますよね。

「これこれ!この為に俺はこのキツイ仕事をしているんねん!(^^)!」

その様な気分にさせてくれます。

 

もう少し掘り下げていきますね。あくまで私目線での意見です。

仕事をしていると、どうしてもしんどいです。(当然ですが . . .)

その様な時、「しんどいなぁ、えらいなぁ。早く仕事終わってくれへんかな?」これ、誰もが思うあるあるです。

 

でも、同じ辛い仕事でも、気分一つで辛くもあり、楽しくもなります。

「そうは言ってもなぁ~ . . .」

 

自分の理想に近い家が建ったらどうです?気分がワクワクしません?

「うん♪なんだかワクワクしまくってきた!(^^)!」

でしょ。

 

少し大袈裟ですが、家には心をワクワクさせてくれる魔力?があるんです。

特に外構がシッカリした造りだと、尚ワクワクが増します♫

 

「またまたぁ~。あなたは言い過ぎが多い!」

いえ、そうでもないんです。

 

私の家も規模は小さいですが念願のタイルテラス。

なので仕事中、家の事で妄想している自分がいます。

楽しいです!(^^)!

 

私目線がしょっぱなから暴走気味?です(^^)お次は経年変化についてご紹介していきます。

経年変化が少ない

テラスと言っても色んなタイプがあります。

その中で代表的なテラスと言えば、
  • ウッドデッキ
  • タイルテラス
この二つではないでしょうか?

それぞれについて見て行きましょう♪
ウッドデッキ
ウッドデッキもとても魅力的。

それは我が家のご近所さんで、何件かウッドデッキをされているので分かります。

ウッドデッキでもこの二つがあります。
  • 樹脂製のウッド調デッキ
  • 無垢材のウッドデッキ
 

樹脂製デッキ

最近ではウッド調の樹脂製デッキがポピュラーになってきました。比較的安いコストでウッド調デッキが出来ます。

これは魅力的。

経年変化が少なく手入れもそれ程いりません。でも、本物を追求される方には物足りないかも . . .

 

 

無垢材のウッドデッキ

無垢材のウッドデッキはやっぱり風格があります。家具で言えば無垢の家具。そりゃ立派ですよね♪

でも . . .

経年変化に敏感です。しっかりしたメンテナンスを怠れば数年で痛みがでてきます。

これはほんと大変です。(ご近所さんがそれで苦労されていました)

でも、この大変な手入れをする事で、他にはないその家だけの味のあるウッドデッキになります。

 

お次はタイルテラスです。
タイルテラス
タイルテラスはどうなのか?

ハッキリ言いますと、経年変化は少ないです。

しいて言えば、タイル目地のコンクリートが若干褪せる位でしょうか。(築後5年の感想です)

その位、経年変化には強いです。

 

お次はリビングとテラスの関係についてです。

リビング掃き出しと一体感がある

一階リビングの掃き出し窓にテラスを設置すると、リビングとの一体感が生まれます。

これも結構なメリットです。

「どう言う事?」

 

 

一階のリビングが掃き出し窓からさらに外に広がって見える。その様な空間が出来るんですね。

これ、と~っても気持ちのいい空間です♪

 

ここまで私目線のメリットをお伝えしてきました。

お次はいよいよデメリットについてです。


デメリット

メリットが魅力的なのでデメリットって何?と思いますが、これだけありました。

ここに挙げますね。
  • ご近所さんを見て回してもテラスを使う事自体が少ない
  • コストが掛かる
  • 腕の確かな職人さんが必要
 

それぞれをご紹介していきます。

テラスを使う事自体が少ない

これを言ってしまうとどうしようも無くなるんですが、本当のことなのでここに書きますね。

テラスを使っているご近所さんてあまりいないんですね。

我が家もタイルテラスを設置したんですが、いざ使うとなると

「使うって言っても . . .ご近所さんの目線が . . .」この様になるんですね。

 

なのでご近所の目線を気にせずにテラスを使えるようにするには、目隠しが必要になってきます。

 

お次はこれです。コストについて。

コストが掛かる

テラスって簡易的なテラスだとそれ程価格も高くはありません。

それがタイルテラスになると?

 

我が家のタイルテラスを例に挙げますね。

私は大きさ12畳程のタイルテラスを設置しています。それだけの面積だと金額で25万円程になります。

これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが . . .

手間が凄く掛かる事を知っているので、それを考えると決して高い金額ではないのですが。

 

ここまでくると、お次はタイルテラスの完成度についてです。かなり重要な部分です。

腕の確かな職人さんが必要

私、タイルテラス工事をジーっと横で見学していたんです。

「なんでそんな事してるん?もしかしてあれ?」

そうなんです!

 

あとで「ここがおかしい~!」とか言う前にその場で言う為もありますし、タイルテラスと言うからには、綺麗なタイルのラインがどの様にして出来るのか知りたかったからです。

そこで思った事があります。

タイルテラスは職人さんの技術がかなり重要だという事。

 

物造りは多かれ少なかれ手先の器用さが欲求されます。でも、このタイル張りは更にそれが欲求されます。

ここに挙げますね。
  • 複雑な形状の部分はタイルを一枚一枚カットする
  • それを綺麗に寸分たがわず貼っていく
  • 綺麗なタイル目地のラインが必要
  • 地面からの高さが均一でなければ雨溜まりが出来る
簡単に書きましたが、それでもこれだけ挙がります。

どれもこれも外すことは出来ません。大変腕の要る作業なんです。

これを踏まえて、確かな腕のある外構屋さんを見つけてくださいね。

 

では、最後になります。

まとめ

今回、家の外観でタイルテラスにスポットを当ててお伝えしてきました。

もう一度おさらいしますね。

 

メリット

見た目がとっても良い

経年変化が少ない

リビング掃き出しと一体感がある

 

デメリット

ご近所さんを見て回してもテラスを使う事自体が少ない

コストが掛かる

腕の確かな職人さんが必要

 

これらを踏まえて、

私的にはタイルテラスは家をお洒落に見せるとっても重要な要素であると思いました。

もし、タイルテラスをするかどうかで悩んでいるのであれば、私から言えることは

「きっと最高の家になります」

と言う事です!(^^)!

 

それにはしっかりした腕のある外構屋さん探しも必項ですが。

家が完成し、外構も完成すればほんと毎日がワクワクです。

では、失礼します。