家を建てる時、住宅のプロに任せると安心しますよね。

わが家もそうでした。

でも、施主側もしっかり考えなければ、いざ住んでみて後々大変な事になりかねません。

家づくりはメーカーさんに任せっきりではなく、共に実現するのがいいと思います。

今回なぜその様な事を考えたのか、みなさんに語っていきます。

スポンサーリンク


 お隣さんとの家の距離が近いとこんな事が起こる

家を建てて実際に住むのは施主さんです。だから自分の思った意見をメーカーさんにしっかり言っていかなければいけません。

特に土地が狭いとお隣さんとの家の距離が近くなります。そうなるとどうしてもトラブルになる確率が高くなります。

トラブルを未然に防ぐには施主さんだけの意見で建てるのも危険ですし、メーカーさんの意見だけで建てるのも後々大変。

そしてご近所さんも考慮した設計をしないと後々大変です。

 

間取りでお隣さんと窓が被る

これ、ご近所さんが悩まれていたことです。

最初に家を建てた方がいました。それから数年後、その家の裏側に新しい家が建ちました。

すると二階の部屋の窓がなぜかほぼ全て被っているんです。同じ窓の位置になってしまっています。これでは窓を開けにくい。そして夜になると窓の光が眩しいなどのトラブルの原因にもなりかねません。

後から家を建てた方もどうしてもその窓の位置にしたかったのでしょう。しかしすべての窓が被るのはこれから先、ずーっと悩む種(トラブル)になります。

ご近所さんをもう少し考慮した設計にしてほしい所ですね。

 

玄関の前にお隣さん宅のトイレ窓がある

これは我が家のケースです。

わが家は玄関が家の横にあります。ちょっとお洒落な感じにしたかったのと、玄関を家の横にしたかったので横幅が少しある土地にしました。

わが家が建ってから数年後、お隣さん宅が建ちました。

すると、どうも我が家の玄関前にトイレっぽい様な、お風呂の様な感じの窓が出来ました。意識しなければ別に気にはなりません。でも意識するとなんだか嫌な気分になってきます。

結局、その窓はトイレの窓でした。我が家の玄関を開ければお隣さんのトイレ窓が目の前にとまる。これ、どうなんでしょう?私的には、もう少し考慮してほしかったです。

これはお隣の施主とメーカーさんが、もう少しご近所を考慮しなければ駄目だと思います。

間取りを決める事は凄く幸せな事ですが、後々のことも考慮しなければ行けません。

 

テラスの前にはお隣さんのリビングがある

こんなご近所さんもいてます。

このお宅も家の横にテラスを造った事により、気まずい関係になっています。

最初に建てたご近所さんは家の横側にリビングがあります。ごくごく普通の間取りです。それから数年後、そのお宅の隣にモデルハウス(オープンハウス)が堂々完成しました。

私もそのオープンハウスに見学に行きました。

すると(あれ?)と思う事が起きていました。そのオープンハウスはお洒落でよかったです。テラスもリビングと一体感があって広々した空間です。

が、そのテラスが問題。

最初に建ったご近所さんのリビングには、少し大きな窓がついています。その少し大きな窓の位置にオープンハウスのテラスが被っています。

これはお互い気まずいです。何故この様な気まずい設計にしたのでしょう?メーカーさん、もう少しご近所さんを考慮してあげた方が . . .

 

日陰になる部分を工夫する事で,出来るだけ日照問題を防ぐことが出来る

お隣さんが建つと、それまで明るかった空間が何だか暗くなります。これはほんと仕方ないです。

広い土地に家を建てるなら気にする事も無いですが。

新興住宅の様な区画整理された土地だと、どうしてもそれ程広い土地に出来ません。そして金額的にも無理があります。なのでお隣さん宅が近くに来ます。

わが家は最初にそれを考慮した設計にしました。それは土地に関しても。

どうしたかと言いますと、まず土地。お隣さんが建つと日陰の部分がどうしても発生するのが分かっていたので、少し横に余裕を持たせた土地にしました。

だから玄関を家の横に設置出来たんです。

実際にお隣さんが建ってからも、日陰で空間が暗くなるのを最小限に防げました。これはメーカーさんと土地探しから家の間取りを一緒になってジックリ考えた結果実現できた事です。

無理を実現してくれたメーカーさんに感謝しています。

 

まとめ 色んな要素を考慮した家づくりを


近所トラブルは誰もが避けたいです。

それには考慮という言葉が大切です。かといって意識しすぎるのも問題。難しい所、デリケートな部分です。

人それぞれ価値観が違うのでほんと難しいですが、そこは建築のプロであるハウスメーカーさんや工務店さんが過去の経験や膨大な事例からいろんな提案をしてあげて欲しいです。

幸せな家を建てるのですから、トラブルになったら本末転倒。しっかり下準備をして幸せな家を建てたいですね(*^^*)

 

おススメ記事と広告