「プログラミングってどうやって勉強すれば効率よく勉強できるの?」

「無駄な労力を省いて効率よく勉強したいっ!」

 

こんにちは。

只今コンピュータプログラミングを勉強中の管理人haseです\( ˆoˆ )/

 

 

プログラミングってほんとがあります。

もっと早くに気付いておけばよかった . . .と思わずにはいられない程。

 

 

たまりません(*´∀`)♪フリーランスの月収ハンパないって

 

 

なので必然的に勉強にも熱が入ります(`_´)ゞ

 

 

でも、勉強に熱が入っていても勉強法が間違っていればしっかり身に付く事が出来ないんですよね。

 

 

挫折してしまいます . . .

 

 


ちなみに 、

人は忘れる生き物で、今勉強した事は数分後にゴッソリと忘れ、1日経つと昨日覚えたことの70%忘れると言われています

 

 

今回この記事では、そんなプログラミングの勉強法についてお伝えしていきますね。

これは早稲田大学を首席で卒業されている方も実践されている勉強法です♪

 

スポンサーリンク


プログラミングの勉強法について

プログラミングの勉強法と言っていますが、これはどの勉強法についても言える事です。

この勉強法は私が実際に色々と試してみて効果があったのと、その裏付けとしていろんな方がこの方法について勧めています。

 

ここで少し興味あるお話を挙げてみますね♪

ユーチューブで色々と勉強法について検索していると、記事冒頭でご紹介している早稲田大学を首席で卒業したユーチューバーの【ブレイクスルー佐々木】さんって方が検索にヒットしました。

 

その方は学習ノウハウについてユーチューブで沢山の為になるコンテンツを紹介しています。

その中でこの様な動画コンテンツがありました⤵︎

 

【結局、どの勉強法が一番いいの?その答えを早稲田首席が教えます!】

 

どうですこれ(・Д・)ノ

 

題名からして何だかすんごい興味を惹かれます♪

 

で、その内容はこの様な感じでした。

ラーニングピラミッド

世の中には色んな勉強方法がありますよね。

例えば、
  • 講義を受ける
  • 読書
  • 問題集を解く
  • 他者に教える
ほんと様々です。

これらの中でもっとも効率の良い勉強方法はどれでしょうか?

 

これはアメリカ国立訓練研究所の研究結果なんですけど、7つの学習法をまとめたラーニングピラミッドと言うモノがあります。

これは知識がより定着する確率が高い勉強法を底辺に持ってきたデータです。

 

ここに書いてみますね。
  1. 講義-5%
  2. 読書-10%
  3. 視聴覚-20%
  4. デモンストテーション-30%
  5. グループ討論-50%
  6. 自ら体験-75%
  7. 他の人に教える-90%
 

 

講義を受けるのと人にに教えるのとでは、知識の定着で凄い差があります . . .

 

このデータで言える事は
  1. 講義-5%
  2. 読書-10%
  3. 視聴覚-20%
これらは受け身の勉強法(受動的)と言います。

 

対してその下にある
  1. デモンストテーション-30%
  2. グループ討論-50%
  3. 自ら体験-75%
  4. 他の人に教える-90%
これらは自ら行動する勉強法(能動的)と言います。

それらを踏まえて . . .

 

記憶に定着する勉強方法は自ら行動する勉強法(能動的)が効率的としています。

 

 

なので行動に値する勉強法として、ノートを自分なりに見易い書き方にして途中、確認テストを行うのが理想的な勉強法となります。

 

 

お次は更に踏み込んだ内容になります。

暗記法はどれだけ暗記したかによる

プログラミングは学校のテストじゃないからコードを覚える必要はないと言われていますが . . .

 

ある程度覚えなければググってばかりでコードを書くところまで辿り着きません。なので基礎的なコードは覚える必要があります。

それを踏まえて 。

 

 

コードは何度も復唱する事で知識として脳に定着します。

でも . . .

 

普段あまり暗記をした事がない方は暗記するのに苦労します。それは慣れていないから(*´Д`*)

 

 

ここでも簡単な例を挙げてみますね。

マラソンやウォーキングって普段した事がない方が実践すると直ぐに疲れてしまいますし、筋肉痛や関節の痛みが出るかもしれません。

 

でも、それは継続する事で慣れれば疲れが減りますし随分楽にこなせます。

それと同じ事が暗記でも言えるんです(・Д・)ノ

 

普段から勉強の暗記で復唱していると覚える量もスピードも徐々にアップしていきます。

 

 

お次はそれを効率良くするのです。

効率よく知識が定着する暗記法

このノウハウはアメリカのある大学での研究結果です。

 

人は何度も復唱する事で知識が脳に定着します。

でも、それをより脳にしっかり知識が定着する方法があるんです(・Д・)ノ

 

それが復唱しつつ自ら確認テストする事。

 

ある大学でこの様な実験が行われました。
  • あるクラスではひたすら復唱を取り入れた暗記方法
  • もうひとつのクラスは復唱と併せて確認テストも頻繁に行う暗記法
 

これらの方法で結果を比較したところ、確認テストを頻繁に取り入れたクラスの方がよりしっかり知識が定着したのです。

 

これはほんと凄い事実です。

 

それを踏まえて。

ひたすら覚えるだけではなく、テストを繰り返す事で脳にある記憶を直ぐに引き出せる訓練も重要になります。

 

まさに脳に汗をかかせる事です。

 

 

お次は私の実践している事についてです。


スポンサーリンク


私はこの様にしています

私の場合、プログラミング教材にプロゲートと言うオンラインプログラミング教材を使っています。

 

で、まず始めにプロゲートに書かれている事をノートに書き写します。

そのノートに自分なりに解らない部分を調べて注釈を書くのです。これが凄く重要でこの注釈がある事で一気に理解力が深まります。

 

次にそれを暇さえあれば眺めています。

例えば
  • 仕事の合間の休憩時間
  • 家に帰って暇さえあれば
 

この様にして大体毎日2時間ほどノートを眺めています。

 

次にプロゲートにある確認テスト(道場コース初級編、中級編)をこなします。

それも理解できるまで。

 

その道場コースなんですが、中級編が全く解けないんですよね(*´Д`*)

なんと言いましょうか?

 

 

悲しくなります . . .

 

 

でも安心してください(・Д・)ノ

これ、ネットで調べてみると誰もが最初は悩んで解けないと言ってますから♪

 

それが普通なんです。

 

 

私の場合、最初から答えをそのまま写経します。

 

そしてそれと並行して何が解らないのかをノートに徹底的に書くんです。

そして調べる . . .

 

1周目はそれで完了します。

とりあえずプログラムコードが何をしているのか理解できればいいのです♪

そして二周目。

 

ここからは少し本格的に自分の書いたゴールデンノートを参考にコードを書いていきます。この自分で作ったノートを見て書けた事が結構な自信につながります\( ˆoˆ )/

 

そして三周目。

随分と理解が深まります。

 

 

何と言いましょうか?

確認テストのパワーが強力なんです(・Д・)ノ

 

是非試してください。

 

 

※何度も言いますが最初はほぼ解けません。でも繰り返し解く事で徐々に分かってきます^_^

 

 

では、最後になります。

おしまいに

今回、プログラムの勉強法について暗記の復唱にスポットを当ててお伝えしてきました。

 

何でもそうですが、勉強に暗記は一番重要です。

当たり前過ぎてあまり言われませんが基本ですよね。

 

そんな暗記方でいかに効率よく知識を脳に定着させるかが鍵を握っていると思うんです。

それについて今回色んな情報をお伝えしてきました。

 

実際に私も今回書いている暗記法をやってみて効果てき面でしたよ\( ˆoˆ )/

何と言いましょうか、勉強が若干楽しいんです♪

 

この記事を読まれて暗記で悩んでいる方の少しでも役に立てれば嬉しいです。

 

では、失礼します。

 

 

 

おススメ記事と広告