こんにちは。

今回、カーテンについてお話しますね。

私事ですが、我が家の一階リビングカーテンはうすい緑で統一しています。これが凄く落ち着くんですね!(^^)!

例えるなら草原の中にいる様な感じ

だからリビングでくつろぐと凄く爽やかな気分にしてくれます。

 

「それ、ちょっと話盛りすぎやって!」

. . .失礼 ♪

 

カーテンも空間をお洒落に演出するのにとっても重要なアイテムです。これはしっかり選びたいところ。

 

そこで!

今回、カーテンで空間をお洒落に演出する方法について我が家を例にご紹介していきますね

カーテンで空間をおしゃれに演出する

カーテンで空間をお洒落にするには、その空間に合ったカーテンかどうか?ここに掛かってくると思います。

それには下記に挙げる事が大切になります。
  • カーテンの生地素材【柔らかい風に揺らめく生地】
  • 形状【カーテン、ブラインド、バーチカルカーテン、 ロールスクリーン等々】
  • カーテンの色
これらを吟味して、その空間に合うようなカーテンを選んでいきます。

 

それぞれを私目線になりますが、もう少し詳しく見ていきますね。

カーテンの生地素材について

まずはカーテン生地素材から。

見た目がほぼ同じカーテンでも、触ってみると結構違う質感のカーテンがあります。

そこで、

お洒落なカーテン素材とはどういった生地素材がいいのかと言いますと、

風に揺らめくカーテン!

これです。

 

これは私が経験したことなんですが、住処を賃貸アパートから一軒家に引っ越ししたんですね。その時アパートで使っていたカーテンで使えそうな物は新居に使いまわしたんです。

でも、カーテン寸法が新しい家の窓に合う事はありません。

 

そこで寸法が大きいカーテンは裁断して新しい家に合うカーテンに。足りないカーテンは近くのカーテン屋で買い増ししたんです。

「やったー♪同じ色のカーテンがあった。これってついてるやん!」

そこで、いざ新居に付けてみると?

 

新しく買い増ししたカーテンは生地がゴワゴワのバサバサ。カーテンとは風に揺らめくイメージがあるんですが、揺らめく事はありません。

 

これで分かりました。

お洒落なカーテンの条件の一つとして、おすすめは風に揺らめく事!これです。

とくにカーテンはバーチカルカーテンと違い一枚布。

生地素材がかなり左右されます。十分に生地素材を確かめてからつけましょう!

 

お次はカーテン形状【種類】についてお伝えしますね。

カーテン形状【種類】について

カーテンにも色々なタイプがあります。例えば
  • 普通のカーテン
  • バーチカルカーテン
  • ロールスクリーン
  • ブラインド
結構な種類です。

その中でもお部屋のカーテンで特によく使われるカーテンと言えば普通のカーテンバーチカルカーテンではないでしょうか?

 


この二つのカーテンで決定的な違いは形状です。
  • カーテンは一枚布
  • バーチカルカーテンは細長い布の集合体
この構造が決定的な違いです。そこで思うことは

「んじゃ、それを使い分けるのはどうすれば?」

 

これは私なりの考えなんですが、カーテンよりバーチカルカーテンの方がスタイリッシュでお洒落に見えます。

これが一番の違いです。あくまで私目線満載の意見です

 

カーテンは一枚布なので、風に揺らめくとほんと綺麗なシルエットが生まれるんですが、普段はどうしても少し重い感じ。

バーチカルカーテンはその点縦長の細い布の集合体なので重い感じがありません。これは大きいですね。

 

お次はロールスクリーンです。


ロールスクリーンって目隠しで設置する!その様なイメージがあります。

お洒落と言うより表情の無い一枚の布。まさにスクリーンです。

なので、大きな窓に外からの目隠しをするのにロールスクリーンがいいと思います!(^^)!

 

 

お次はブラインドです。


ブラインドってどちらかと言うと、会社の事務所窓に付くイメージです。

ちょっと硬いイメージ。

でもこれ、色と種類次第では結構応用が利きます。

 

例えば、私がお勧めするのは小さな小窓。

空間にアクセントで少し光を取り入れたい時、小窓を設置すると一気に明るい空間になります。そして壁のアクセントにもなります。

そこにお洒落なタイプのブラインドを設置するとどうでしょう?

かなりスタイリッシュな空間がお洒落になります。お洒落に気を配っている事が良くわかるアイテムです。

 

そうそう!これもブラインドのいい所。

それはブラインド横に垂れている棒を回すと光の調整が簡単に出来る事。

ブラインド一枚一枚の向きが変わって光の取入れ量が簡単に調整出来ます。これはブラインドならでは!

 

 

ここまで私目線で色々なカーテンについて語ってきました。

お次はカーテン選びで私が体験した事をお伝えしていきますね。

住宅メーカーにカーテンを依頼すると?

私、少し前に家を建てまして、その時にカーテンも新調したんです!(^^)!

ちなみにですが、私の理想はホテルの様な空間です。

 

なので最初、総ての部屋をお洒落なカーテンにしようと意気込んでいました。

「総ての部屋をホテル仕様にするねん!」

こんな気持ちで頭はお花畑です!(^^)!

 

 

そこで住宅メーカーにカーテンの見積もりをお願いしました。

「お見積りが出ましたよぉ~♪これでおしゃれなカーテンが出来ますね。」

見積もりを見てみると?

 

「えっ . . .これって何かの打ち間違い?」

ゼロが一つ多いんです . . .

 

私が依頼したカーテンは、二階の3部屋と一階リビング。トータルで70万超えです . . .

これは明らかに予算オーバー。

カーテンにその金額って、私の中では考えもしませんでした。

 

そこでメーカーにお願いするカーテンは、一階リビングと二階の一室だけにして、それ以外の部屋カーテンは自分で探すことに。

自分でカーテンを選ぶと?

私のカーテンに対する考えは、見た目が同じカーテンならどれも一緒だろうと思っていました。

でも、違うんです!

 

これは記事最初にも書いたので同じ事の繰り返しになりますが、

カーテンって同じ色や柄でも、素材からくる柔らかさやしなやかさ、手触りなど、結構な差があるんです。

 

私はその様な事が分からず、新しい家に付けるカーテン選びで安いゴワゴワなカーテンを選んでしまいました。

そしてそのゴワゴワカーテンを買った事すら分かっていません( ゚Д゚)

 

極めつけは、寸法が合わない!これです。

素人がカーテンを新調すると、慣れないのでかなりの労力になりますし、チグハグだらけになってしまいます。これかなり重要です!

 

今回の貴重な経験から、カーテンは多少高くてもプロのメーカーさんにお任せした方がいいです。

やっぱりプロと素人では全然違います。

 

お次はこれです。二階の書斎のカーテンはメーカーさんにお願いする事に。

メーカーが選んでくれた寝室兼書斎のカーテン

私の寝室兼書斎のカーテンは、ハウスメーカーさんにお願いしてあったので立派なカーテンがつきました。

風が吹けばユラユラ揺らめくシックでお洒落なダークを基調にしたカーテンです。

 

いきなりですが、人は人生の3分の1を寝て過ごすと言います。

普段仕事が現場職でハードな私。ここはしっかり睡眠をとって翌日の仕事に備えたいところです。

なので2階寝室兼書斎はメーカーさんにお願いして、お洒落でシックなカーテンを選びました。

これにしてほんと正解です!(^^)!

 

お次は一階リビングカーテンです。

かなりこだわった一階リビングのカーテン

Back Camera
Back Camera


我が家のカーテンで1番こだわったのは、1階リビングにつけるカーテンです。

一階は全てリビングという、特殊な間取りなのでこれは外せません!

 

いろいろ種類のあるカーテンの中からバーチカルブラインドを選びました。縦に流れるように連なる布で、縦の高さが感じられ開放感があります。

バーチカルブラインドもブラインドの一種なので、光の調整も圧倒的に楽です。

外からの光が眩しければ締め切り、少し室内が暗いと思えば隙間を作って光を取り込めます。

 

いいでしょ♪

 

お次はバーチカルカーテンの欠点についてです。

バーチカルカーテンにも欠点が

見た目、機能性もしっかり考えて決めたバーチカルブラインド。

でも欠点もあります。

それは風が吹くとバタバタする事 . . .

 

例えば少し暑い日などに、窓を開けたとします。

外はいい風が吹いています。

 

窓を開け、室内に心地良い風を~と開けるとバーチカルカーテンがバタバタと暴れます。

そよ風程度なら少し揺れる程度ですが、強めの風が吹くとバタバタしながらカーテンがはためき絡まってしまう事もあります。

 

これ、結構大変です。窓に網戸をつけているんですが、バーチカルカーテンが風に揺られて網戸にへばりついたりしたら汚れます。

これは十分気を付けてくださいね。

 

 

もう1つ、バーチカルブラインドでも色んな種類があります。

我が家のバーチカルブラインドは、間にレースが付いていないタイプのものです。光を取り入れる為にブラインドをひねると、隙間から外が見える仕様です。

外から見るとそれほど中の様子は見えないのですが、前の道路を誰かが通ると気になってしまう事があります。

 

それがブラインドの間にレースのあるタイプだと、光を取り入れる時にレースが目隠しとなり外の景色が見えなくなります。

これは嗜好性の分かれるところ。お好きなタイプを選んでくださいね。

 

では、さいごになります。

まとめ

今回、私目線ですが真剣にカーテンについて考えてきました。

どうでしたか?

もう一度おさらいしますね。
  • カーテンで空間をお洒落にするには、その空間に合ったカーテンを
  • カーテンでも風に揺らめく様な生地素材の物を
  • バーチカルカーテンはとってもスタイリッシュでお洒落
  • ブラインドは小窓をお洒落に演出する
  • 素人がカーテンを新調すると苦労する
  • プロにカーテンを任せると金額は高いが最高の空間が出来上がる
少し書きすぎてしまいましたが、どれもこれも重要な事です。

 

「カーテンを合わすのって簡単やん」

私はそのように思い二階カーテンを自分で合わせたんですが、散々な目に . . .

今回の件で学んだことは、多少高くてもメーカーさんに依頼する方がいいです。

ここは値引きを交渉してお願いしましょう!(^^)!

では、お洒落なカーテンが付くことを応援しますね♪

 

おススメ記事と広告