スポンサーリンク



「オリジナルアプリって何をどうすればいいの?」

「俺にそんな事言われても . . .困ります

 

こんにちわ。

プログラミングオンラインスクールtech boostを受講している管理人のhaseです(*^ω^*)

 

受講もとうとう4ヶ月を経過しましたよ。

渋とく頑張ってるでしょ♪

 

 

本来なら3ヶ月で終了するカリキュラムですが、私は違います(・Д・)ノ

カリキュラムの内容を完全に理解するまで半年間受講する予定です。

 

 

今回この記事ではtech boostを4ヶ月受講してみてどうなったのかをお伝えしていきますね♪

これからプログラミングオンラインスクールを受講しようか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


tech boostを4ヶ月受講してみて

私はカリキュラムを約3ヶ月掛かって一通り終えました。

その内容はカリキュラムに沿って作る簡易的なブログアプリ自己紹介アプリの制作です。

※ほんま大変やって . . .

 

ここまでくるとアプリ開発の全体の流れが何となく解ってくるんですよね♪

簡単なwebアプリ制作の手順が理解できます。

 

 

でも、当然ですが知識として完全に定着している訳ではありません。

あくまでフワッと理解した程度です . . .

 

 

そこで今度は、完全に自分の知識として定着させる為に私はこれをしました。
  • カリキュラム内容を5回徹底復習
  • 全く同じクローンアプリを3回制作する
  • クローンアプリを少し修正してオリジナルアプリを制作
 

 

何度復習してもその都度新しい発見があります。

それぞれについて詳しく見ていきますね。

カリキュラム内容を5回徹底復習

これ、ほんと大事です。

なぜかと言いますと復習するたびに新しい発見があるからなんです。

 

例えばですよ、

あまり深く理解していないコードがあるとするじゃないですか?

どれだけ考えても浅い領域の考えしか出来ません。

 

 

それが数日おいて復習する事で更に深い部分での理解ができるんです♪

例えば私はLaravelのフレームワークをメインに勉強しているのですが、コードの理解とファイルの紐つけが見えてくるんです♪

 

 

解ってくると凄く楽しくなるんですよね♪

※エンジニアの方がプログラミングはパズルみたいで楽しいと言ってるのはコレの事?

 

なのでカリキュラムを何度も復習して、今ではカリキュラムに書かれているコードを若干覚えつつあります。

 

 

お次は手を動かしての復習です。

全く同じクローンアプリを3回制作する

これは色んな方が言ってる事ですが、

エンジニアは手を動かして勉強しないと慣れる事ができないと言います。

それはエラーに対して強くならないとも . . .

 

 

確かにそうです(・Д・)ノ

 

 

私はカリキュラムを何度も復習してプログラムの理解を深めました。

そして今度は実際にクローンアプリの制作に掛かったのです。

 

するとですね . . .

 

データベースの名前を変えたりファイル名を変えただけです〜んごいエラーが出るんです(・Д・)ノ

何と言いましょうか?

 

 

俺、辞めるわ . . .

 

 

その様に何度も挫折を味わいます。

でも、そのエラーを一つ一つ消していかないと前に進まないんですよね。

 

 

素人がエラーに対処するのはハッキリ言って無理です  . . .

 

 

エラー文が英語ですし、

何がエラーなのか皆目見当がつかないから。

 

 

そんな時にスクールのオンラインサポートをフルに使ってエラーを解消していきます。

もちろん一から丸投げでオンラインサポートに聞いても自分の力にはなりません。自分でできるところは何とかやり抜いて、そこからサポートにお願いすることになります。

 

 

このエラーを解決する能力は絶対必要なスキルですね(・Д・)ノ

マニュアルにはその解決方法は載っていないので、沢山エラーを出してそのエラーに慣れる必要があります。

 

 

そんなエラーに苦しむクローンアプリが何とか出来ればお次はこちらです。

オリジナルアプリを制作

オリジナルアプリと言っても教材で教わった事以外難しい事はできません。

なので自ずと教材のアプリの様になってしまいます . . .

 

それを踏まえて〜

 

 

教材で扱っているアプリが結構凄くてですね、フレームワークで使う
  • ログイン認証
  • 記事投稿
  • 記事修正
  • 記事削除
  • 一覧表示
  • 履歴表示
  • 画像表示
 

これらwebで必要な機能がほぼ全て網羅されているんです。なのでそれを活かしたオリジナルアプリ制作になります。

そうなってくるとほぼクローンアプリ一択です(・Д・)ノ

 

これを制作する事になりました。

 


クローンアプリでもかなり苦労する

もちろん、最初は色んなアプリを考えました。

どういったアプリが出来るのかを紙に書き出して基本構成を考えて実際に制作します。

 

 

するとですね . . .

 

 

素人が考えると途中で辻褄が合わなくなってくるんです。

何と言いましょうか?

 

「教材で使うアプリが一番じゃん!」

その様になるんです。

 

 

そこで結局はクローンアプリに近い物になってしまうのです。

 

でも、かといってそのままコピペしていては全く意味がありません。

なので一から自分で考えて制作していきます。

 

その工程は、
  • migurationファイル
  • modelファイル
  • web.phpでルーティングとコントローラの紐つけ
  • authでログイン認証
  • Controller.phpのメソッドの記述
  • blade.phpで表示画面の見た目を考える
 

それ以外にも沢山のしなければいけない事があり、簡単な投稿アプリでも結構な手間が掛かります。

 

極め付けはこれで苦労します。

デプロイで苦戦する

何とかアプリの動作確認が出来、お次はそのアプリを一般に公開します。

でも、

 

 

それが大変なんです . . .

 

 

一般に公開するだけなのにですよ?

 

これはエンジニア未経験の方が挫折する要因でもあるプログラミングが難しい二大巨塔とも言われています。

でも、私がやっているのは比較的簡単と言われているclooud9からのデプロイ

 

それでも難しく、画像をAmazon s3に登録してそれを紐つけする必要があるのです。詳しくはここでお伝えしませんが私はこれで一週間程掛かってしまいました . . .

 

 

でも、今さっき何とかオリジナルアプリの一般公開に成功しました♪( ´θ`)ノ

 

 

これでtech boost最後の課題であるオリジナルアプリが完成しました。

これは【自分のスキルはここまで出来ますよぉ〜!】という証明になります。

 

 

お次は補足情報になります。


補足情報

今回実際にアプリ制作してみて色んな学びがありました。その一つにこれです。

自分で解決出来る能力を磨く

私はアプリ制作において、オンラインサポートを活用しまくってエラー解決をしてきました。

そこで思った事は繰り返しになりますが【素人ではとてもじゃ無いけどエラー解決が出来ない】と言う事実。

 

 

そりゃそうですよね。

知らない事ばかりなんですから。

 

 

でも、オンラインサポートで現役のエンジニアさんに聞くとちょくちょくこの様に言われます。

「ちゃんとご自身で調べましたか?」

「ちゃんと調べてください!それで分からなければこちらにお伝えください。こちらも暇ではありません . . .」

「貴方の様に甘い考えだととてもじゃ無いけどエンジニアは無理です。辞めてください」

 

この様に厳しい言葉を言われたりもします。

 

 

ほんとそうですよね . . .

 

 

でも、私も真剣なのでついついポロッと言葉が出てしまいます。

「ここはスクールですよね。あなたは何言ってるんですか?もしかして喧嘩売ってます?

 

この様な事もしばしばあります。

でも、前に進まなければいけません。

 

なので自分で自己解決できる能力は超ぉ〜重要です。

※悔しい思いをしない為にも . . .

 

 

では、最後になります。

おしまいに

今回、オンラインプログラミングスクールtech boostを受講して4ヶ月経った結果報告をさせてもらいました。

 

もう一度おさらいしますね。

 
  • 3ヶ月でカリキュラムを一通り終えた
  • カリキュラムを終えてから徹底的な復習を5回する
  • 復習が終えたらクローンアプリを3回制作
  • オリジナルのクローンアプリを制作
  • エラーやバグに悶絶する
  • herokuでの一般公開でフリーズする
 

 

ここまでするとカリキュラムに書かれている基本的なコードが随分と見えてくる様になります。

そうなってくると楽しいですよね♪

 

でも、カリキュラムはあくまで基本的な事しか書かれていないので、あとはご自身で更に勉強しなければいけません。

でも、基本的な事はカリキュラムで教わっているので少しはプログラムの勉強が楽になっているはずです(・Д・)ノ

 

 

まだまだエンジニアになるには先が長いですが、これからも頑張っていきます。

 

 

では、失礼します。

※オンラインサポートの講師の方々、本当にありがとうござします。

 

おススメ記事と広告