私、実を言うと日々便秘と痔で悩んでいるんです!

便秘だけでなく痔もセット。これは時として仕事にも影響が出てきます。しかし現場はそんな事お構いなし。

これは大変です!立ってもしゃがんでも痛い。

今回、決して私だけではない便秘と痔の二つの病気に、私なりの解消法を語っていきます。

スポンサーリンク



 

短期的に改善するには?市販薬で今の痛みをとってあげる

便秘になり、それに伴う痔。これを長期的に改善をするのが目指す目標!

しかし、今痛い!これを何とかしたい!それには市販薬で痛みをとりましょう。

 

まずは市販薬で痛みを少しでも取ってあげる

まずは便秘によるいぼ痔や、下剤服用による切れ痔の痛みを鎮めます。

 

痔の痛みであまりにも痛いのであれば、病院に行くのが一番です。

でもデリケートな部分なだけに、気軽に行くのはちょっと。

これ、皆さんが一番思う事です。

 

そんな時は一度市販薬を使ってみるのも手です。

患部に直接塗る塗り薬が使い勝手や使用感が良く、色んな製薬会社から発売されています。

 

この市販薬、値段は1000円位から2000円位で売っています。そこそこ高いですが、私の場合効果は結構ありました。

薬の中に麻酔成分が入っているので痛みがぼやけてくれます。痛みがかなりひどい時は本当に助かります。

痛みがひどい時などは重宝します。

 

お風呂で患部を温めてあげる~リラックス効果でストレス軽減も~

痔とストレスには深い関係があります。

仕事で大きな失敗をしたり、人と揉めると更に痔が腫れることがありました。

そんな時はとっておきのお勧め方法があります。それは?

 

お風呂でお尻を温める!

 

これをする事により、幹部の痛みは勿論、イライラした心も落ち着かせることが出来ます。

私の中では痛みをとる方法で一押しの方法です。

 

下剤の服用には十分な注意を!~更に痔が悪化する恐れがある~

便秘は歳を重ねるとどうしてもなりやすくなる症状。

そんな時、下剤を飲むと一気に排便できます。そのかわりお腹がかなりキリキリ痛みますが . . .

 

便秘でトイレにこもると患部(肛門)がうっ血しやすくなる

便秘になると、どうしても便が出ない。するとトイレに入っている時間が長くなります。これはそれだけ力んでいる時間が長くなることを意味しています。

これはお尻に非常によくありません。お尻に血液が集中し、うっ血状態を引き起こします。そしていぼ痔につながりやすくなります。

一度この症状になるとなかなか元に戻りません。負の悪循環のはじまり。なので無理して排泄しないことが大事です。

 

下剤を使用すると便秘がスッキリ!しかし下痢、軟便になり切れ痔を誘発しやすい

どうしても便が出ない時は下剤の力を借りたくなります。しかしこれが切れ痔になる要因。
  1. 便秘のままだと【いぼ痔】
  2. 便秘解消する為に下剤を服用【切れ痔】
どちらにしても痔になります。

しかし、下剤を服用すると体に溜った便を排泄してくれるのでその時はスッキリ!(^^)!

ピンクの小粒の薬とか、センナ茶とか、服用するとかなりスッキリ排便できます。

これは便秘には効果的面!

 

私もこれを6年ほど続けていました。

毎日、夕食に便秘薬を服用します。そして次の朝方にお腹がキリキリ痛む。トイレに急いで入ると一気に便が出ます。

 

一気に排便出来るので力む事はありません。なのでお尻に負荷がかかるのを避けれます。

しかし、今度は切れ痔を誘発します。

便秘に伴ういぼ痔もぼわーんとした痛みがありますが、切れ痔は字のごとく、肛門内壁が排便により擦り切れるので、ズキっとした鋭い痛みが襲ってきます。

 

そして便秘薬を服用し続けると、体がそれに慣れてしまい、段々薬の服用する量が多くなります。

しまいには、それでも効かなくなってきます。

 

もう薬を頼らない自然排泄は難しくなってきます。そうなったらお手上げ . . .

そうなる前に何か策を考えなければいけません。



 

長期的に改善を目指す!便秘による下剤の服用を減らし食生活の見直しをする

出来るだけ便秘による下剤の服用を減らし、自然治癒の力で便秘を解消する。これが一番確実でしっかり治す方法だと思います。

かといって、すぐには便が出ない。お腹がはる。これは体によくありません。

その時に、一時だけ下剤の力を借ります。間違っても毎日の様に服用しては行けません。

 

私の場合は便秘が極度にひどかったので、ほぼ毎日下剤を使用していました。してはいけない事をしていました。

なので痔も相当なもの。

これを改善する為に下剤の使用頻度を4日に一回程に落として、その代わりに食生活で便秘改善をしていきました。例えば
  • 野菜を沢山摂る。
  • 納豆を食べる。
  • 乳製品をとる。
  • 玄米を食べる。
  • 食物繊維を沢山摂る。
これをしていく事で少しずつ便秘がましになってきました。どの食物が便秘解消に合うかはその人によって違います。

なのでこれは色々試していくしかありません。

私は昆布(食物繊維)が便秘に結構効きました!(^^)!

ガムを噛むように昆布を噛んでいました。

 

あまりに症状がひどい時や心配な方は病院へ

市販薬を使って痛みを和らげたり、お風呂で患部を温めて痛みを和らげたりする事で大分痛みは引きます。

そして長期的な目線から食生活の改善で徐々に楽になってきます。

しかし、あまりにひどい方や、心配な方は病院に行くのがいいと思います。

 

病院では内視鏡で患部の内側を確認する

どの程度の痔なのか、他に何か原因があるのか、それは直接患部を確認しなければ判りません。

 

私の場合は、

かなり痛みがある時に病院へ行ったので内視鏡を使うのが無理っぽい. . .

でも患部内を確認しなければいけない。なので痛みの無い程度で内視鏡で確認しました。

これは悪性腫瘍が無いかどうかの確認もあります。

 

結果、最悪の症状に関しては大丈夫でした。その代わり、大きないぼ痔が3つも出来ています。

そして切れ痔も。

ダブルです。これらが確認できて良かったです。

 

薬を処方してもらう

診断の結果、便を軟便にする薬と切れ痔を修復する薬を処方されました。

時間はかかりますが、根気よく薬を飲み続けると、随分楽になります!(^^)!

私は良くなるのに2か月ほど掛かりました。

 

まとめ

便秘を我慢しているとそこからいぼ痔、便秘を解消する為に下剤を服用して切れ痔。

二つでワンセットみたいになってしまいます。

便秘は食生活の改善から徐々に治していく。そして下剤の服用も減らしていきます。

 

切れ痔やいぼ痔はなってみると大変な痛みとストレスになります。仕事が手につかなくなる程です。

便秘による不快感や痛みによるストレスのない生活を送りたいですね。

 

おススメ記事と広告