こんにちは。

今回は住宅ローン切り替えを行った体験を語ります。

今は凄い金利が安いですよね。

どこまで下がるの?って位下がっています。

しまいにはマイナス金利って. . . . .

これはもう我が家も金利を下げるしかない。

いてもたってもいられません。

 

金利を下げるにあたって

金利を少しでも少なくする為に私は次の二つを考えました。
  1. 今支払いを行っているローン会社に金利を下げて貰うように直談判をする
  2. 別のローン会社に切り替えて今現在の安い金利にする
です。

 

今借りている銀行に交渉

1の直談判をするにあたって色々調べると、

(他の金利会社に仮審査を通してそれを基に直談判すると金利を下げて貰える場合いがある)

との事です。

それを知って、私的には(これってちょっとした脅迫?)と捉えてしまいました。

私にはなかなかこのような事を言えません。

なんか、今支払いをしているローン会社さんに悪いなぁ。となりました。

だから直談判は却下。

 

インターネットバンクについて

次いでローン会社を切り替える方法を試してみます。

金利が安いところを一通り調べてみます。

インターネット経由でローンを扱っている会社が低金利です。

どの銀行より安いです。

しかし欠点もあります。それは対面で話が出来ないことです。

何千万と言う金額を対面なしで進めて行くのは何か不安いっぱいになります。

よって金利は魅力的だけど却下。

 

地方銀行さん

次に地方銀行さん二社に絞って住宅ローンの話を進めました。

銀行に入るとこのご時世だから金利の安い住宅ローンのパンフレットがよく目につきます。

私が組んだ住宅ローンよりも随分安いです。

最初に一社に話を持っていきました。

源泉徴収票とか住民票、印鑑証明等々、色々書類が要りました。

ローン審査にあたって今勤めている会社の収入やその会社の決算内容、勤続年数

色々調べてきます。

(これは借り換え無理かな?)

と思ったりしましたが一度仮審査を申し込みました。

 

仮審査通過した!

それから2週間ほどして仮審査OKの通知がありました。嬉しかったですね。

なんせ審査が通ったら何百万の金利が浮くんですから。

それから私はもう一社銀行に仮審査を申し込みました。やはり相見積もりは大事やと思ったからです。

その銀行マンは凄く愛想のいいかたでした。いつも(すいません)って言っていたのを覚えています。

愛想がよいのはいいんですが、仕事が遅い。よく抜けがある。

それでも根気ずよく仮審査まで持っていきました。

それから数週間してこちらの方も仮審査が通りました。

仮審査が通ったと言う事は、ほぼ審査が通ったも同然みたいなことを言われました。

これにもほんと嬉しかったです。

そこで一つの悩みが出てきました。

 

どちらかの銀行に決めなければいけません。

決めたほうの銀行さんへ言うのはいいのですが、お断わりの返事をする銀行さんへ

行くのがつらいです。

でもこれは仕方がないことです。

思い切ってお断りをしました。

今でも心が痛んでます。あの時の行員さんの顔が離れません……..

 

無事金利引き下げ完了

それからは一社の銀行に本審査にむけて資料を出して審査も無事完了しました。

晴れて住宅金利が大分下がりました。

ここまで2か月位かかりました。

いろいろと大変だったけどその恩恵はでかいです。

みなさんもまだ切り替えをされていないって方は挑戦してみてはどうでしょうか。