人はこんな山奥に巨大ダムを造る事が出来るんですね(; ・`д・´)

人の力って凄いです

 

こんにちわ。ダムにロマンを馳せている管理人haseです。

私がここ徳山ダムを知ったのは今から10年程前。

 

当時、バイクで秘境探しをしていて偶然?見つけてしまったのです。最初ここを知った時はほんと驚きました。一種の衝撃を受けた程です。

それから毎年ここへ観光へやって来ます。

 

何と言いましょうか?

あのダムの圧倒的な景観を見ると気分がスッキリするんです!(^^)!

あ~。俺、ちっちゃい事で悩んでいるんだなぁ~!」って。

 

私の住む近くにも中規模のダムがあるんですが、それとは比較にならない程規模が大きいんです。

「どんだけ大きいん?」

それは日本一の規模と言えば想像がつくでしょうか?

今回、そんな凄い徳山ダムを私目線でご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク


徳山ダムの簡単な紹介

まずは徳山ダムの簡単なご紹介をしますね。

これを知る事で更に徳山ダムの凄さが分かるかなと!(^^)!

 

いきなりですが、徳山ダムは高低差161メートルもあるんです。

これってどれ程の大きさなのでしょう?

 

それは日本に数あるダムの中でベスト5に入る高さを誇っているんです(‘◇’)ゞ

そしてダムの底辺距離は何と!1キロメートルもの距離があるんです。


 

 

水を蓄える湛水面積は13平方キロメートルと、こちらはダム湖としては日本二位となっています。


 

凄い規模の連続で圧倒されてしまいます . . .

 

ダムの種類についてなんですが、ダムって聞くと普通はあの有名な黒部ダムを想像すると思うんですね。※私がそうです

でも、ダムって色んな種類の形があるんです。


 

 

その中で、徳山ダムは中央遮水壁型ロックフィルダムを採用しているんです。

これは土台をひろくして岩石を積み重ねていくんです。先ほどお伝えした底辺の距離1kmの規模で。

それを高さ161mも積み上げるって気が遠くなる作業です。

 

まさに日本一の規模を誇っています。

 

 

ここまで、徳山ダムの簡単なご紹介をしてきました。

 

お次はレビュー記事になります♪

徳山ダムをレビューする

駐車場は少し小さい

いきなりですが、徳山ダムに到着しましたよぉ~♪

こちらがダム周辺駐車場のスナップです。あまり広くはありません。※混んでいるとそのまま観光出来ずに帰る場合も . . .


 

駐車場から横には立派な展望台があります。

駐車場横の展望台


 

 

この展望台からの眺めが凄いんです!こちらに何枚か私厳選のスナップを貼りますね!(^^)!

 

 

 


 

 


 

 


 

 


どうです?人があんなに小さく見えます . . .

この傾斜を自転車で走ったどうなるんでしょう?※あらぬ事を考えてしまう私 . . .

 

ここはダム放水用のコンクリート部分。徳山ダム全体からすれば一部分に過ぎないんです。

更に近くからのスナップはこちらです。(こっちの方が迫力あります!)


 

 

 

 


 

 


 

 


 

 


「アカン!目が眩む~!」

一度ここの放水を見てみたいですね!(^^)!

 

 

お次はダムの放水部分からロックフィルダムの特徴である岩石部分です。

ロックフィル部分


 

 


 


 

 

嫁さんとおチビちゃんが向かっている先はダムを造るときのケーブルクレーンの基礎の為に造られたコンクリート。

建設時、凄い重要な役目を担っていたんですね。


 

 

こちらにロックフィルダムの岩石の説明が記しています。


 

 


 

お次はダムの貯水池側のスナップのご紹介です♪

ダム貯水池側

こちらは穏やかな風景です。自然に癒されます♪


 

 


 

 


ほんと穏やかなダム湖です。

でもこのダム湖、底には村一つが眠っているんです . . .

 

 


 

 


 

お次は補足情報になります。

スポンサーリンク


補足情報

大型建設機械

ここダム公園には凄いオブジェが飾られています。

それが90トンダンプのタイヤ( ゚Д゚)

 

凄い大きいんです。こちらです . . .


 

 

 


 

どうですこれ?

このタイヤの解説はこちらになります!(^^)!


 

少し写真が見にくいので簡単な説明をさせてもらいますね。

このタイヤを履くダンプは最大積載量90.5トン。ダンプ一台当たりこのタイヤが6コも装着されているんです!

 

「ちょっと待ってください!そんなに大きなダンプ、どうやってこんな山奥に来たんですかぁ~?」

それは分解されてここまで搬入され、ここで組み立てられたんです。

 

このタイヤの価格は一本250万円。それを履くダンプは約1億4千万円と書かれています。

※高級フェラーリと同じ価格ですね

 

 

詳細情報

 

徳山ダム 

ロックフィルダム

 

総貯水量

6億6,000万平方立方メートル

 

河川

木曽川水系揖斐川

 

堤高 161.0m

 

堤頂長 427.1m

 

電気事業者 中部電力

 

発電所名 徳山発電所

 

着工年/着工年 1971年/2008年

 

 

 

 

マップ

場所はこちらになります。

滋賀県の北陸自動車道、木ノ本インターからの道のりを表示させています。



 

では、最後になります。

おしまいに

今回、圧倒的規模の建造物、徳山ダムをご紹介してきました。

このダムは日本一の規模を誇り、これから先この様な大規模なダムの建設は厳しいとされています。

なので日本最後の巨大ダム建設とも言われています。

 

ほんと全ての規模が尋常ではないですね。

ここは是非、お勧めしたい観光場所です。そしてダム近くにはこの様な施設もあります。

ゴールデンウィークに行く穴場はココだっ!関西に近い圧倒的なスケールの建造物

 

では、失礼します。