バイクの高速料金って高くないですか?

私、昨日バイクで高速を走って来たんです。天気が良い事もあり気持ちの良いツーリングでした!(^^)!

※途中、目の前にランボルギーニが走っていたのには興奮しました

 

そして30分程高速を走って料金所で通行料金を払おうとした時の事です。通行券を渡してお金の用意をしていると、

 

「1,100円です。」と職員の方が私に言ったんです!

 

 

これ、何かの間違いでは?

私、このルートを仕事でよく使うんですが、車料金とそれ程変わらないんです . . .

そこで「あの~私が乗ってるのは車ではなくてバイクなんですけど~?」

と料金所の方に真剣に聞いてしまいました . . .

 

今回の私の様に、バイクの高速料金が高いと感じているライダーはきっと多くいると思うんです。

この料金設定ってほぼ車と同じ料金ですよね。

 

これは何とかしたいです。

と言う事で今回、バイクに対する高速料金について考えていきますね!(^^)!

スポンサーリンク


バイクの高速料金が高い!


ほんと結構な料金ですよね。

 

バイクって見ての通り小さくてコンパクトですよね。なのに料金が車とそんなに変わらない。

これ、疑問に思っているライダーは私だけでしょうか?

 

実はこれ、色んな方が同じように問題視しているんです。

バイクの通行料金は何度も問題視されている

ネットで色々と調べてみるとこの様な記事を見つけました。それが【バイクの高速料金設定について何度も問題視されている】と言う事です。

 

知ってました?

バイクの高速料金は元々車と同じ料金だったそうです。

「それはアカンって!」

ですよねぇ~。それでは世間のみなさんが黙っていません。なので業界団体やライダーの組織の方たちからの要望を汲み取って、最終的には軽自動車と同じ料金に落ち着いたんです。

 

でもですよ!

 

軽自動車と同じ料金ってやっぱり高くないですか?

これは今現在、何とかしている最中だそうです。

 

「何とかって . . .」

頑張ってもらいたいですよね。

 

「バイクと軽自動車が同じ区分なのは分かった。じゃ、その区分って一体どうなってるん?」

これは気になります。どうなっているんでしょう?

高速道路の車種区分

 

高速料金の区分は5つの車種区分に分けられています。

「えっ?何だか少なくね?」

 

最近の若い方からこの様な事を言われそうです。

これには訳がありまして、もっと細かく車種区分を分けると、それだけで車種の判別が複雑になってしまうからなんです。

なので5つの区分に抑えられているんです。

下記に車種区分を挙げますね。

 
  • 軽自動車等(バイク)
  • 普通車
  • 中型車
  • 大型車
  • 特大車
 

どうです?シンプルでしょ。

これは【国土交通大臣が許可したからこの料金】となっているんです。

 

ここで「あれっ?」と思う所がありませんか?

そうそうなんです!

バイクは排気量関係なく一つの車種区分なんです。もう少し詳しく見ていきますね。

バイクの高速料金は排気量関係なく一律で同じ料金

バイクで高速を走れる排気量は125ccから。

上をみれば大型バイクまで色んなバイクが高速を走れます。

 

私、この記事を書くまではバイクも排気量によっては何かしらの料金設定があると思っていました。

でも、調べてみるとバイクと言うひとくくりの料金だったんです。

 

と言う事は、125ccの小型バイクと軽自動車が同じ高速料金と言う事になります。

これってどうなんでしょう?何とも複雑な思いです . . .

 

ここまで、バイクに対する料金についてザックリとですが語ってきました。

シンプルな料金体系だけど、もう少し何とかして欲しいです。

 

お次は、料金を少し割引してくれる便利なETCについてです。


ETCを装着すると?

高速料金が手っ取り早く安くなる方法の一つにETCがあります。

これを装着して利用すると、それだけで結構な割引があります!(^^)!

しかも曜日や時間帯によっては更に料金が安くなると言う、と~ってもありがたいシステムなんです。

 

では、実際にどれ程の効果があるのか見てみましょう。

ETC割引はどうなっているの?

分かり易く東京~大阪間】を例に挙げてみました。

 

まずは普通車の料金から

ETC無しで普通車料金10,700円。

ETC割引が掛かると8,070円となります。

 

ソコソコな割引ですね。高速を頻繁に使う方にとってはありがたいです!(^^)!

 

 

お次はバイクについてです。

 

バイクの割引

軽自動車(バイク)通常8,070円。

ETCが掛かると6,500円となります。

 

こちらもソコソコな割引料金ですよね。でも、もう少し安くなってもいい様な . . .

 

そこでこの様な割引料金があります。

それが休日割引深夜割引。この割引を利用すれば、ETC割引から更に3割の割引が可能になります。

 

これ、調べていてビックリしました。

こんないいシステムがあるじゃないですか!(^^)!

何が凄いって、ETCを装着することで通常料金よりソコソコ安くなります。それが
  • 休日割
  • 深夜割
  • 平日朝夕割引
これら3つの割引でそこから更に30%割引が可能になるんです!

 

これはもう、ETCを装着する方向で考えていきます!

 

ここで補足

利用する区域が大都市近郊区域だと休日休日割引はありません。

 

※更に割引が効くETC利用方法があります。詳しくはETCの割引でググってみてください。楽しくなってきますから(´ω`*)

 

では、最後になります。

まとめ


今回、バイクの高速料金について少し調べてみました。分かったことは「ETCを利用すれば結構安くなる」と言う事でした。

もう一度おさらいしますね。

 
  • バイクの高速料金は軽自動車と同じ
  • バイクは排気量問わず全て同じ料金
  • 高速料金の車種区分は全部で5つしかない
  • ETC装着で結構な割引が受けられる
 

バイクの高速料金区分はまだまだ未完成な部分がある様に思います。これはいつの日か解決して欲しいですね。

 

今の時点で高速料金が高いのに関しては、ETCを装着してその割引の恩恵を受けるのが一番かな?と思います。

割引料金についてはもう少し調べてみて、分かり次第またここにお伝えしますね。

 

高速道路はほんと便利で有難い道路です。これがある事で圧倒的に早く目的地に到着できてしまいます。

※ドライブとして利用しても最高ですよね!(^^)!

 

いつかはバイクの高速料金が今より安くなっていることを待ち望んでます。

では、失礼します。

 

 

おススメ記事と広告