調べれば調べる程ドローンの凄さがじわじわ分かってきます。

そしてドローンの中でもDJI社製のドローンが特にひと際目に付きます。それは高性能カメラだったり凄い数の高性能センサーだったり。

これだけ凄い性能の飛行体が世の中に出現したことに、近未来がやってきた~と感じずにはいられません。

今回その凄いドローンの中でも更に群を抜いているドローン、DJI社製MAVIC PROファントム4と比較してご紹介していきます。

スポンサーリンク



 

同社の製品ファントム4と性能は同程度!なのに本体はコンパクト

MAVICの凄さは同社の製品のファントムと性能、機能が同程度。なのに大きさは更にコンパクト。これに尽きると思います。

Phantom4 proの詳細はこちら

ドローン-ファントム4proの性能を検証する!凄い性能が満載

 

どれ位コンパクトかと言いますと、このドローンはプロペラのアームを折りたたむ事が出来ます。折りたたんだ時の本体の大きさは500mlペットボトルとほぼ同じ大きさ。重量は750g程。

これは本当に持ち運びが楽です。それなのに性能は凄い。



 

 

カメラが超高性能

このMAVICに備わっているカメラが凄いです。業務用カメラと言っても過言ではありません。
  • 高性能カメラが空を飛んでいる
  • 空撮する為にMAVICの存在ある
そう思っていい程このMAVICのカメラは高性能です。実際、業務用としてこのMAVICは撮影の現場でも使われ始めています。

YoutubeでMAVICからの撮影された動画がアップされていますが、どれも景色が凄く綺麗です。流石4K,2000万画素。

そしてEIS(電子式手ぶれ補正)が備わっています。だから流れるような空撮が可能です。

 

MAVIC PROはスマホで操縦出来てしまう!

これはかなりポイントが高いですね。あなたが普段持ち歩いているスマホで操縦が出来てしまいます。

以前初期の頃のドローンがTVのCMに出ていたのを覚えています。そのCMではドローンをスマホで操縦していました。それを最初に見た時は衝撃を受けたのを覚えています。

それがこのMAVIC PROにも同じことが出来てしまいます。それどころかスマホにMAVICのカメラから映し出された映像だけを見て操縦出来てしまいます。

 

自動飛行機能が凄い(ファントム4proと同じ機能)

全ての性能においてファントム4proと同性能!

それはドローンの中でも指折りの高性能。分かり易く言えばセンサーの塊、人工知能を搭載しています。ついに時代はここまで来ました。
  1. 超音波が地面からの距離を認識してくれる
  2. リターントゥーホーム機能
  3. 障害物探知システム
  4. 追跡機能(アクティブトラック機能)
  5. タップフライ機能
それぞれ、沢山ある自動飛行支援機能をご紹介します。

その1 超音波が地面からの距離を認識してくれる

センサーの塊MAVIC PRO。本体の下側に超音波センサーが内蔵されています。飛行している間超音波が地面からの凹凸を認識して常に地面との高度を保ってくれます。

例えば階段が目の前にあると、その階段と並行して徐々に高度を上げて飛ぶことが出来てしまいます。

そしてMAVIC PROはGPS機能で現在地を認識しているのですが、もし何かの不具合でGPSが機能しなくても、MAVIC本体に備わっている24個もの認識センサーがその役割をしてくれるので安心です。

 

その2 リターントゥーホーム機能

ドローンを飛ばしている最中、バッテリーが無くなってきたら自動飛行で戻って来てくれます。凄い機能です。

そしてもしドローンを操縦していて見失った時もこのリターントゥーホーム機能を活用すれば自動で戻ってくることも出来てしまいます。

 

その3 障害物探知システム

沢山搭載されたセンサーのお陰で、飛行していて目の前に障害物があったりすると、それを回避したり、またはその場でホバリングして止まります。これはほんと安心なシステムです。

 

その4 追跡機能(アクティブトラック機能)

リモコンの液晶画面を使ってMAVICに被写体を認識すると、その被写体が動けばそれを追って飛行してくれます。自動飛行機能です。

そんな事が可能になってしまうんです。そして追跡でも色々な方法があります。被写体と横に並びながら追跡したり、被写体の周りをクルクル回りながら飛行したり。凄いんです。

 

その5 タップフライ機能

これもリモコンの液晶画面からの操作になりますが、MAVICのカメラからの映像がリモコンであるスマホに送られてきます。その映像画面の風景を指でタップするとそのタップしたところまで自動飛行してくれるんです。

凄い機能。今すぐにで飛ばしてみたいです。


最高速度が速い

本当に速いです。プロペラの独特な音を鳴り響かせながら飛んできます。無人偵察機みたいなオーラが漂ってきます。そのスピードがドローンの中ではどれ程なのか?同社製品のファントム4とゼロ発進で競走している動画がアップされていました。

結果、ファントム4proの方が若干速かったのですが、それ程の差が感じられませんでした。

ちなみに両製品のスペックはこちら
  • ファントム4pro_72キロ
  • MAVICpro_65キロ
両者のカタログでの差はそこそこあるんですが、実際はファントム4proの方が重量的に600g程重いので,その差がゼロ発進で結果に表れた感じです。

 

飛行時間が長い(Phantom4 proと同じ飛行時間)

飛行時間はどのドローンにするか選ぶにあたって重要な要素。飛ばしていてすぐにバッテリーが切れるようではあまり遠くまで飛ばすことが出来ませんし楽しめません。

このMAVKC PROは最大フライト時間が27分と満足の飛行時間。これは十分楽しめそうですね。

そして操縦可能距離が4キロと、こちらも凄い距離。

 

あまりに凄すぎるドローン。お次は価格についてです。

価格はこちら

価格もDJI製ドローンの中では安い価格になります。
 

 
こちらの商品は必要な物が全てセットで克、保険も一年間無料で付いてきます。

 

 

まとめ

MAVIC PROを同社製品Phantom4 proと比較してみました。結果、性能はほぼ同じ。なのにMAVIC PROの方がコンパクトで持ち運びが便利。プロペラのアームが折りたたみ式になっているのが効いています。この発想がかなり魅力的です。

そして重量も740gととっても軽いです。それは飛行にも影響します。軽い分瞬発に動けますし、バッテリーの持ちも良くなります。

反面、軽いが故に風が吹くとふらつく傾向がありますが。

調べれば調べるほど凄い機体。早く飛ばしたくて仕方がないです!(^^)!

 

おススメ記事と広告