私の近所には天気のいい休日、隼が車庫から出されて止まっています。

あのスタイルはグラマーですよね。流れるような綺麗なライン。魅力的です♪

そして、

そのスタイルにはマッシブさも加味されています。

「俺はマッチョやねん!」

そんな声がバイクから聞こえてきそうです。

 

これはバイク大好きな私が見過ごす訳ありません!(^^)!

そこで今回、あまりにメジャーで人気があるスズキ 隼について早速調べていきますね。

スポンサーリンク


スペックは凄かった!

少し調べただけでも、凄いスペックが目に飛び込んできます!

今現在2017年5月で2代目になる隼。その二代目隼の最高出力は197psなんです。とんでもない出力。

 

そして初代も当時としては凄かったんです。最高出力は175ps。

突拍子もない凄いスペックでした。

 

ここで少し隼の経緯をご紹介していきますね。

隼の経緯を説明

いきなりですが、知ってました?

隼はアルティメットスポーツと言う、スーパースポーツバイクを更に超える究極のマシンと言う意味をこめて、その様なジャンル名になっているんです。

その証拠に初代隼の最高速度は312km/hも出ているんです。

「そんなに速かったん?えぇぇぇぇ?」

 

この記録は20世紀最速のバイクとなったんですね。それは見事ギネス世界記録に認定された程 . . .

 

「初代隼が衝撃的に速いのは分かった。でも、それまではどんなバイクが最速やったん?」

これも凄く知りたいですね!(^^)!それは
  • KAWSAKIのZZR1100
  • HONDA CBR1100XXスーパーブラックバード
だったんです。

どこか懐かしい響きのある車名。私知ってます!(^^)!

 

これらのバイクが当時、最速で最先端を行ってたんです。そこに隼が現れて、それらを圧倒的速さで抜いてしまったのです。

 

2000年に入ってからは、KAWASAKIから出たZX-12Rが出ました。このバイクも凄いバイクで加速性能ではZX-12Rに軍配が上がったんですね。でも最高速では隼の方に軍配が上がったんです。

その隼の性能の高さから、レーシングチームYOSHIMURAが2000年に全日本選手権を隼で参戦したんです。その年のSUZUKA 8耐には総合で6位に入賞する凄いことをしています。

あの鈴鹿8耐をスーパースポーツではなく、隼で走ってしまう所にこのバイクの凄さが伝わってきます。

 

初代隼は1999年の発売以来、2007年までは大きな変更も行わず人気を集めました。

 

お次は初代隼のスペックのご紹介です。

初代隼のスペックはこちら

400m加速(ゼロヨンタイム-1999年モデル)

9.9秒

0~100km/h 2.6秒

最高速 312km/h

ギアMAX速度
  • 1速→128km/h
  • 2速→173km/h
  • 3速→220km/h
  • 4速→261km/h
  • 5速→295km/h
  • 6速→321km/h
 

基本情報

エンジン1298.6cc 4ストローク水冷DOHC4バルブ並列4気筒

内径×行程/圧縮比  81.0mm×63.0mm/11.0:1

最高出力 128.7KW(175ps)/9800rpm

最大トルク 138Nm(14.1kgf・m)/7,000rpm

乾燥重量 215kg

 

今【2017年11月現在】ではスーパースポーツも200馬力に突入してますが、それでもこのスペックは圧巻です。

特にゼロヨン10秒台を切るって尋常ではありません。

 

お次は二代目現行隼のご紹介です。

二代目(現行隼)は排気量、最高出力共に一気にアップ

現行隼は更に強烈!

あるバイク雑誌では、スーパースポーツであるJSBマシン【1000cc】よりサーキットのバックストレートでは現行隼の方が圧倒的に速いと言っていました。

これを聞くと凄い加速能力です。

 

二代目隼は初のフルモデルチェンジ

二代目隼は2007年に発売。実質は2008年モデルがモデルイヤーとなり、最初のフルモデルチェンジとなりました。

エンジンも大幅なスープアップが図られており、1299ccから1340ccに拡大。最高出力も197psまでアップ。

そして、チョット難しい話になりますが、
  • ツインフューエルインジェクター
  • チタン製吸排気バルブ、S-DMS
など電子システムが新たに導入されました。

 

フロントブレーキは強烈なブレーキを可能とするラジアルマウントブレーキとなり、車体各部も沢山の改良を行って車体全体が大幅なレベルアップを果たしました。

 

現行(2代目)隼のスペックはこちら

400m加速(ゼロヨンタイム)

9.678秒

最高速 333.95km/h

 

基本情報

エンジン1339cc 4ストローク水冷DOHC4バルブ並列4気筒

内径×行程/圧縮比  81.0mm×65.0mm/12.5:1

最高出力 145KW(197ps)/9500rpm

最大トルク 155Nm(15.8kgf・m)/7,200rpm

車両重量 266kg

スポンサーリンク



 

実際に現行隼に跨ってみた

最近、新しく出来たバイクショップに行ったら現行隼が2羽置いてありました。(すいません、2台です)

あまりにイカツイスタイルなのでじろじろ眺めていたら店員さんが(跨ってもいいですよぉ~!)との事。

これはまたとないチャンス。早速跨ると、(大きい!!)

そう感じました。

 

ちなみに私が所有しているバイクは2006年式のGSX-R1000 K6。

結構古いバイクになってしまいましたが、それでもコンパクトで凄い馬力のマシン。排気量は1000cc。

このバイクの売りであるコンパクトさに惹かれて所有するきっかけになるのですが、そのバイクと比べると結構な大きさの車格です。

これは海外での販売を優先してこの様なボリュームのある車体にしているのでしょうか?

 

実際、黒人の方が隼に跨った画像が何枚かアップされているサイトがありました。すると、あの大柄隼が大げさな話ですが、自転車みたいに小さく見えます。(外人さんどんだけ大きいねん!)

まさに外人さん向けの車体なんでしょうか?

 

隼はメガスポーツと言うだけあって結構な重量と車格。

でも言い方を変えると、このイカつくて大きい車体がこの隼の売り。このずっしり感がたまらない方も多いのではないでしょうか?

見た目もと~ってもグラマラスでしたよ!(^^)!

※私お勧めの角度は斜め下45度からの角度がカッコ良かったです

 

お次は特殊な存在の隼カスタムのご紹介です。

隼ターボなる物が存在する



私、趣味でよくYouTubeを観るんですが、その中でも特にバイクの映像を観るのが好きです。正直たまりません!

色んなモンスターマシンを閲覧していると、隼ターボが存在しています。

ノーマルであの強烈な馬力と加速性能なのに、それにターボを装着しているんです!凄い発想をしています。

その動画を観てみると、隼ターボの最高出力がなんと500ps!

圧巻です!あのモンスターマシKAWASAKI H2Rンの最高出力326psを軽く抜いています。

 

カスタム性がある

海外でも隼人気は凄いです。特にゼロヨンの世界ではよく隼が使用されます。それ程隼は速くて、エンジンの

造りもしっかりしている。安定感があるんですね。

YouTubeでみる限り、凄いカスタムの隼がみれます。ワクワクの連続ですね!(^^)!

そして隼はモデルチェンジがあまりないのも魅力の一つだと思います。

これが1000ccのスーパースポーツだと技術の最先端なバイクなだけに結構なモデルチェンジが行われますし、それを期待してしまいます。

が、隼はあまりモデルチェンジがない。息が長いんです。だから結構なカスタムをしてもそのマシンが長い間、色あせない。これ、結構重要な部分だと思います。

モデルチェンジ(マイナーチェンジは含まず)が頻繁にあるバイクだと、結構なカスタムをして性能が上がっても、モデルチェンジの方がカスタムより優先される場合があります。

そう言う意味では息の長い隼はカスタムとして最高の素材ですね。

 

こんな隼が止まっていた!

ついこの前、隼の凄いカスタムマシンを見かけました。私の運転する車を抜いて行って、同じ駐車場に止まっていました。

あまりに凄いカスタムだったのでここに書きますね!(^^)!
  • シート形状をGSX-R1000 K7に置換
  • 全身カーボンカウル
  • サスペンションも前後オーリンズ
  • リアスイングアームは大西ヒートマジックのレース用ロングスイングアーム
  • ホイールはマルケジーニのマグネシウム鍛造品
 

特に足回りのカスタムには目を惹きます。

「マルケジーニが欲しい . . .」

 

そしてその隼、私の運転する車を抜いく時のエンジン音が普通のエンジン音ではない、独特のエンジン音。

「どれだけバイクにお金をかけてるん?凄いって!」

と思ってしまいました。

 

そしてなんと!運転している方は初老の方( ゚Д゚)。

メットを脱いだら結構なご年配の方です。このギャップがまた魅力的です。

こんなバイクを観るとワクワクしてきますよね~♪

 

では、最後になります。

やっぱり凄かった隼のスペック

今回、隼の初代から色々調べてみて、このバイクが当初世に出た時、どれだけ凄かったかがよく分かりました。

その凄さは発売当時の最高速がギネス記録として認定された程!

そして二代目は排気量も馬力もアップして更に磨きをかけて世に出ました。何処までも人の技術は進歩するんですね。

そして海外でも人気を博している隼カスタム。その中でもターボカスタムが凄いです。車よりあれだけ小さなバイクの車体に最高出力500psって. . .

これからもどんどん凄いバイクが出てくると思います。その凄さを気軽にYoutubeで閲覧出来てしまい楽しいですね。

また凄いバイクをあなたにご紹介していきますね!(^^)!

 

スポンサーリンク