バイクにはラジアルマウントって言葉がちょくちょく使われています。マウントって聞くだけで何だか凄く強そうなイメージが湧いてきますよね♪

 

今回はマウントでも、ラジアルマウントキャリパーのお話です。

 

これって普通のブレーキキャリパーと何がどう違うのでしょう?

決まってるやん!あれよ、あれ見た目(/・ω・)/※どや顔のつもり

 

確かに . . .

バイクに見た目って凄く大事ですよね♪

 

では、性能はどうなんでしょう?マウントって言葉が付く以上期待しちゃいます。

早速見ていきましょう!(^^)!

スポンサーリンク


ラジアルマウントキャリパーとは?

「ラジアルってどう言う意味?

まずはこれからお伝えしますね。

 

これは放射状又は星形と言う意味なんです。

ブレーキのディスクローターに対して放射状にブレーキキャリパーをマウントする方式の事です。下記図参照↓


 

 

これにする事で
  • 強烈なブレーキングに対しても捻じれにくい
  • ブレーキング時、キャリパーマウント支柱全体で力を受け止める
 

こういったメリットから高剛性、高制動力が発揮出来るんです♪

 

お次は普通のキャリパーとの比較です♪

ラジアルマウントキャリパーを比較する

普通のキャリパーと何がどう違うのかを比較してみますね。


 

どうですこれ?※赤い部分が特に力が加わる部分です

明らかにラジアルマウントキャリパーの方がガッシリと固定されているのが分かると思います。

この違いがそのまま強烈な制動力に繋がるのですね(/・ω・)/

まさにあなたのマニア心を鷲掴み状態です . . .

 

お次はこれです!


キャリパーにも色んな製法がある

ブレーキの重要な部分キャリパー

ブレーキシステムの中では花形と言えるパーツではないでしょうか?その中でもラジアルマウントが高剛性で捻じれも少なく最強?です!(^^)!

 

更に!

その中でも製造方法でその差が出てきます。

こちらに簡単ですが挙げてみますね。

 
  • 鋳造2ピース
  • 鋳造モノブロック
  • 鍛造2ピース
  • 鍛造モノブロック
 

これらを見てみると、
  • 鋳造鍛造か?
  • 2ピース構造モノブロック構造か?
これらに大別されます。

 

それらを簡単にご紹介しますね♪

鋳造2ピース構造


鋳造2ピース構造は、市販車に純正で一番多く装着されているのではないでしょうか。

ラジアルマウントなのでキャリパーとしては良いのですが、鋳造の分割品なので標準タイプと言えるでしょう。

 

お次は、その上をいくモノブロック構造です。

鋳造モノブロック構造



出てきましたよぉ〜(^ ^)

これで一気にカスタム度アップです。

 

鋳造なので型枠に金属を流し込んで造るのですが、それが一つの部品で完結するので高剛性なんです。

※価格も一気に跳ね上がります . . .

 

では、鍛造品と比べてどうなのか?

やはり鍛造品と違いプレスで圧を掛けていないので金属の密度は低いです。これがそのまま剛性に影響します。

高性能な鋳造モノブロックですが、鍛造品に比べると剛性が劣ります。

 

お次は最強キャリパーのご紹介です。

鍛造モノブロック構造



きったぁ〜!

 

鍛造品でかつモノブロック構造。これは理屈抜きに最強です。

※ゲームで言えばボスキャラみたいな感じでしょうか(・Д・)

 

同じ事の繰り返しになりますが、モノブロックとは一つの部品。それが鍛造品になると、プレスで数千トンの圧を掛けた金属を削り出したパーツの事になります。

普通なら凄く手間暇が掛る加工なので、2つに分割して加工する所を、あえて剛性を優先させる為に一つの金属の塊から加工するんです。

※上記の画像をジックリ見て下さい。キャリパー表面にマシニング加工の模様が入っているのが分かるでしょうか?

 

もう、これが一番最強のブレーキキャリパーになりますね。高価なレーシングマシンには、ほぼこれが採用されています。

 

これで高速回転するディスクローターをぎゅ~て挟むんです。

すんごい制動力を発揮します!

 

記事始めに貼っているMoto GPの写真も、ブレーキキャリパーが完全な鍛造モノブロックキャリパー。

マニア黄昏の凄い工業製品の結晶です。

 

では、最後になります。

最後に

今回、ラジアルマウントキャリパーについてお伝えしてきました。高剛性、高制動力なのが分かってもらえたかと思います。

特に鍛造モノブロックになるとほんと芸術の域になります。

もう一度おさらいしますね。

 
  • ラジアルマウントキャリパーはローターに対して放射状にマウントしている
  • ブレーキング時、キャリパーマウント支柱全体で力を受け止める
  • 強烈なブレーキングに対しても捻じれにくい
  • ラジアルマウントキャリパーの中でもモノブロックだと捻じれが少ない
  • 鍛造品だと更に上を行く性能
 

最初ラジアルマウントキャリパーが市販車で装着されているのを見た時はほんと興奮しました。

なんせレースの世界でしか使われていないパーツが市販車に応用されたんですから。

 

それが今ではある水準以上のバイクにほぼ標準装着されています。※ある水準とはスポーツバイクの事です

 

そして社外品では鍛造モノブロック構造のすんごいキャリパーが売られています。※片側だけでも30万以上します。

 

どんどん進化するバイクの世界。その分価格も上がってきていますが . . .

 

ブレーキは大切なパーツです。

安全に快適なバイクライフを満喫しましょう!(^^)!

 

では、失礼します。

 

 

おススメ記事と広告