ダイニングに花を添える家具はやっぱりダイニングテーブルではないでしょうか?

皆が集まってワイワイガヤガヤ楽しいひと時を過ごす、その中心になる家具です。

そんな中心的存在の家具には少しお洒落感を持たせたいですよね。

わが家は玄関を開けたらすぐにダイニング。なのでそこの中心にあたるダイニングテーブルにちょっとしたお洒落感を持たせたかったんです。

そこで理想のダイニングテーブルを見つける為、色んな家具屋さんを見て回りました。

 

あなたもどの様なダイニングテーブルがお洒落なのか迷っている事と思います。

今回、沢山ダイニングテーブルを観てきた中で、私なりの独断と偏見になりますが、空間をお洒落に演出するダイニングテーブルをご紹介していきますね。

スポンサーリンク


ダイニングにウォールナット無垢!

ダイニングテーブルと言っても色んな種類の物があります。
  • ガラステーブル
  • 合板テーブル
  • 無垢材
  • ソファテーブル
お洒落なテーブルは沢山ありますが今回、空間をお洒落に演出する方法として特にニッチで高級感がある無垢材(ウォールナット)のダイニングテーブルについて語っていきますね。

 

ウォールナット無垢材とは?

ウォールナットとは、非常に硬く、強度に優れています。これは世界三大銘木と言われている素材の一つです。

そして無垢材になるとかなりニッチ感が出てきます。

無垢材とは天然の木そのものを必要な大きさにカットして造る家具の事です

このウォールナット無垢材になると木本来の風合いも楽しめます。

もう少し詳しくお伝えしていきますね!(^^)!

 

天板に綺麗な模様が出来る

無垢材なので、木そのものの模様が天板に現れます。これが凄い高級感を演出します。


天然木なので、一つとして同じ模様のテーブルは存在しませんし、立派な年輪模様の天板に巡り合えたら見とれてしまいます。

私、この天板の模様に魅せられて、天板専門の木材屋さんに行った事があります。

そこの家具屋さんは全てメイドインジャパンなので、どれも値段は高かったですが、やっぱり天板の模様が凄く、立派な天板は圧巻でした。

この綺麗な模様に出会うには、実際にお店に行って、ご自身の目で確認するしかないです。もし最高の木目の天板に出会えたら. . .欲しいです。(小さな声で)

 

非常に頑丈

ウォールナットはクルミ科です。これは非常に強度があって硬質で衝撃にも強く、かつ粘りがあります。それが実感できるのが天板の薄さ。

強度と硬さがあるから普通のテーブルでは実現できない天板の薄さが可能になります。


 

実際に天板専門店で扱っている天板も結構な薄さですし、家具屋さんに置いてあるウォールナット無垢材はどれも薄くてスタイリッシュ!

これは惹かれます。

 

 

原木の風合いが魅力

無垢はまさに原木を意味します。


 

 

これはそのまま家具になってもその原木の風合いが楽しめるんです。その一つに年輪や節があります。

家具に節は駄目!という方もいれば、節がどこにあるかで家具の良さが決まる!と言う人もいるほど。

そして大胆で立派な年輪がテーブルに描かれていると圧巻です。

やっぱりこだわるなら原木のままの無垢材が所有感を満たしてくれます。

 

ニッチ感がある

ニッチ感とは、私の感覚では(マニアック、一部の方を対象にした)この様なイメージがあります。

それがこのウォールナット無垢材には感じられます。

 

普通に使用する家具なら、合板の家具や突き板の家具でも十分お洒落でいいと思うのですが、色々と家具を観ていくとドンドンニッチな方向に向いてしまいます。

これは目が次第にどんどん肥えていくからなんですね。

その肥えた目で見てみると無垢材がニッチ感があり高級感があります。

一度このニッチ感がご自身の中で分かると、無垢材の魅力がより際立ちます。

 

天板の反りはこの様に対処している

無垢材は天然木なので、どうしても経年変化で反りが出てきます。

それは強度、硬さ、粘りがあるブラックウォールット無垢でも反りが出ます。

じゃ、駄目じゃん!

そう思うかもしれませんが、それを防ぐための工夫が施してあります。


それはテーブルの天板裏側に鉄板で反りが出ない様、当てをしているんです。

この鉄板の当ては薄いので裏側から覗かなければ全く分かりません

これを施す事で無垢材でも反りが少ない、天板が薄くてお洒落なダイニングテーブルが実現します。

一度家具屋さんに設置してある無垢の薄い天板のテーブル裏側を覗いてもらえるとそれが分かります!(^^)!

 

この様な形状がお勧め

ここで私なりのスタイリッシュでクールなテーブルとはどの様な形状なのか?をお伝えしますね。

 

天板は薄く広く

まずはこれです。

テーブルって天板の下に強度を持たせるための木が付いています。この補助の木がスタイリッシュさをスポイルしている場合があります。

でも、この木がテーブルの強度を保っている訳ですから仕方ないですね。

ではこの天板補助の木が無いテーブルは無いのか?

あります。

それは木の中でも強度と硬さ、粘りを持った木になります。それがブラックウォールナット無垢材

天板の下の補助木が無いので天板の一枚板で強度が維持できます。なの薄くスタイリッシュなダイニングテーブルが可能になります。

 

 


本当に高価なウォールナット無垢材になるとテーブル厚さ2.5cmになります。かなりの薄さです。

 

テーブル脚は太くがっしりした物を

天板が薄くスタイリッシュな天板なら、それを支える脚元は太くがっしりした脚が似合います。

天板が薄く、脚も補足だと、華奢な印象になってしまい、イマイチパッとしません。薄く、太く、この対比が見た目カッコいいダイニングテーブルを実現します。

 

そしてもう一つ。

テーブルの脚の形状ですが、これはシンプルが良いです。模様が入っているのも有りだと思いますが、ここはやっぱりシンプルに四角く太い脚がカッコいいです。

 

気を付けたい事

これは結構大事な部分になります!

それではご紹介しますね。

 

節には気を付けて

節って位置と場所によっては良くも悪くもなります。


これは見る人が観れば分かるらしいです。(盆栽に似ているような . . .)

でも普通、天板に節は無い方がいいです。節が無く、大きくうねりを描いたような模様の木目だと凄くカッコいいです。

そしてダイニングテーブルはインターネットでも販売されていますが、特に無垢材のテーブルをインターネットで買うのは避けた方がいいです。

無垢材だと、どうしても値が張ります。そして天然木なのでどうしても節ができます。その節が天板のど真ん中や、脚の大事な部分に大きくあったら凹みます。

目が慣れないうちはあまり分からない場合がありますが、必ず節の存在を意識してくださいね。

 

子供が小さいうちは注意が必要

これは我が家であった事ですが、どのお宅でもこれは起こりうる事です。

それは、子供が幼い頃はテーブルをガリガリ噛んだり、スプーンを落して傷が付いたり、色んな所に傷が出来てしまいます。これを高価なダイニングテーブルでされると目も当てられません。

私はそれが何となく予想できたので、家を建てて最初に買ったダイニングテーブルは価格的にリーズナブルな物を。

それから子供が物心ついて落ち着いてから、少し高価なダイニングテーブルに買い換えました。

小さなお子さんがいるご家庭は気を付けてくださいね。

 

天板の傷予防はビニールシートで対応する

どれだけ気を付けていても、天板に物を落してしまう事があります。これは仕方がないのですが。

常に天板に気が向いてしまいます。

その様な時は天板にビニールシートを敷きましょう!


しかし、これをするとダイニングテーブル天板が空気を呼吸できない!天然木本来の見た目がスポイルされる!色々な意見があります。

でも、私的にはこれをする事でテーブルに傷がいかなくなるのでお勧めです。

週に一度、シートをめくってテーブルをサッと拭く。これ位でいいと思います。

 

補足情報

これは私なりの補足情報になります。

 

イスとセットだとお手頃価格に

ダイニングテーブルってセットで売っている場合が多いです。

でも、中には(テーブル、椅子)と言う様に、それぞれ別々でしか存在しない場合があります。

凝ると最終的に別々で揃える場合が多いですが、これをすると価格が一気に上がる場合があります。

そしてテーブルとイス別々で買うとそれぞれの形や色を合わすのが大変です。(それが楽しみなんだ!と言う方もいますが)

なので、出来ればセットで販売されているのを買うのがお勧めです。

 

日本製は質も値も高い

日本製は海外製と比べるとやっぱり質が高いです。

これは色々観て回って感じた事です。どれ程凄いかと言いますと、妥協が無い。これです。

海外製のダイニングテーブルは仮に量産であっても、どうしてもちょっと荒い所や、若干ちぐはぐな所が見受けられます。

それが、国内製だと本当に綺麗。テーブルやイスの曲面が職人技です。

それが無垢材だと本当に一生ものの家具になります。

その分値も貼りますが . . .

でも、それを納得させる品質の高さがそこにはあります。

 

わが家はこれです


色々ダイニングテーブルについて書いてきました。

やっぱりブラックウォールナット無垢材はいいです!(^^)!

そして私もこのダイニングテーブルに惚れてウォールナット無垢を3年ローンで購入!(^^)!

気合を入れてみました!

家具をローンで買うってなかなか聞きませんが、それだけの価値が私にはありました。

やっぱダイニングが締まりますし、ニッチ感が出ます。これはホントお勧めの家具です!

 

 

まとめ

今回、私の独断と偏見でダイニングテーブルでウォールナット無垢材をお伝えしました。

やっぱりこの無垢材って大人心をくすぐりますよね!(^^)!

何というか、所有感を満たしてくれるというか。

一度この様な高価なダイニングテーブルを買うと、一生ものです。ずーっとダイニングで輝き続けてくれます。

最初は高い買い物ですが、一生物と考えればそれも納得できるのかもしれません。

 

おススメ記事と広告