私の住んでいる所のすぐ近くではグライダーが飛ぶ場所があります。

休日はグライダーで大空を飛ぶために数名の方がそこに集まってグライダーで大空を飛ぶ姿が観れます。やっぱり大空を飛ぶっていいですよね!(^^)!

ちなみに今年の私の目標はパラグライダーで大空を飛ぶ!です。

そして、そんな大空を飛ぶ夢をもっと身近で実現できないものか?と考えていると、テレビでドローンの特集をしていました。

凄い魅力的に見えます。実際に自分が飛ぶわけではありませんが、自由に飛行物体を大空で操れる!夢があります。

そのドローンの中でも空撮には特に興味があります。

最近ではテレビ番組でも頻繁にドローンが使われる様になっています。例えば車を空から追尾する映像だったり、どうやっても足を踏み入れない場所にドローンで空撮したり等‥色んな用途に応用が効くドローン。そこで今回、

  • カメラ付きドローンってどういった物があるの?
  • 価格はいくらするの?
  • お勧めのドローンは?
  • 機能は?
これらの悩みを人気機種3選に絞って語ってきます。

スポンサーリンク


どのくらいの価格で空撮が出来るドローンがあるの?

このドローン、色んな種類の商品が出ています。小さいものは手のひらサイズから大きいものは50センチ四方の大きさ位まで。価格は最安値は2000円位から30万円位まで

その中でも特に人気のあるドローンを3機種紹介していきます。

 

その1-コンパクトでしっかりした機能搭載の優れもの-セルフィードローン

Zerotech セルフィードローン Dobby D100B-H

 

このドローンは大きさはスマホほどの大きさ。そしてプロペラが折りたため超コンパクトです。これだと持ち運びも便利。そしてバッテリー電源もモバイルバッテリーに対応しているので充電に便利です。

そして肝心のカメラも1300万画素のカメラがしっかり搭載されています。

 

価格は?どこから買うの?

楽天からの広告を貼っておきます。価格も他のドローンに比べ、比較的手の届きやすい価格となります。
 

 

このスマホの様なスタイルが何とも言えない、色んな所へ持ち運びたくなりますよね!(^^)!

 

操作が簡単で安定した飛行能力

操作方法もとっても簡単。スマホからの操縦が出来てしまいます。携帯電話がリモコンになるってそれだけでも凄い時代になったんだなぁ~と感心させられます。そして飛行モードも色んなモードが備わっています。例えば追尾機能とか。遊びには重宝します。

室内での飛行では安定した飛行が出来、決まった所でのホバリングもビシッと決まります。

(ホバリングとは一定の場所での固定した飛行の事)

室外でも風が無風状態であればかなり安定した飛行が可能です。

 

注意したい所

このドローンに備わっているカメラの向きは手で動かさなければいけません。なので飛行中に上空から地上を動画撮影したいときは、カメラの向きを下向きにしないといけない。ちょっと手間がいります。

そしてカメラの解像度は約1300万画素。あまりいい画素数とは言えません。

バッテリーの持ちが短いですが、もう少し継続時間が欲しい所。バッテリーが無くなって墜落とならない様にしましょう。

コントロールが効く距離が100mなのも要チェック。

 

その他スペック

  • 重量–199g
  • 最大高度–3000m
  • 飛行時間–9分
  • コントロールできる距離–100m
飛行時間が圧倒的に短いのでバッテリーが予備にもう一本あると更に楽しめます。

 

ポイント

大きさはスマホほどの大きさです。しかし操縦もしやすく飛行能力がかなり安定している。かなりの優れもの。

今すぐにでも欲しい商品です。

 

その2-ファントムシリーズは高価だが高性能


世界最大手のドローンメーカーDJIが市場に出したドローンがPhantomシリーズ。

ドローンの中でもかなりメジャーで高性能。

このシリーズも今ではシリーズ4まできています。

 

 

価格はこちら

価格はこちらになります。
 

性能が凄く高いが故、価格も高いです!でもきっと満足のいくドローンになるでしょう。

さっそくその性能をご紹介しますね!(^^)!

 

 

カメラがいい!1インチ2000画素数は高価なカメラ

カメラがかなり高性能な物を搭載しています。画素数は1インチ2000万画素数。

空撮撮影を本格的にする方にももってこいの高性能カメラです。

こちらのドローンは飛行中でもリモコンでカメラの向きがかえられます。

 

障害物が近づくと飛行がそれ以上に進まない障害物回避機能付き

センサーが沢山備わっている事で実現した障害物回避機能。これも凄い機能。

この機能がある事で随分と助かるケースもあると思います。

例えば人が近くに来るとドローンがそれ以上前に進まない様になったりします。初心者や操作に慣れていない方にはありがたい機能です。

 

気軽にするには敷居が高い

価格が高いため、気軽に始めるには敷居が高いです。

予備のバッテリーもチョイスすると20万越えです。しかし性能は申し分ありません。次世代の高性能ラジコンです。

 

主要スペック

  • 飛行可能時間–28分
  • 映像伝達距離–3.5キロ
  • 水平最高速度–72キロ
  • 重量–1.38キロ
  • 航続可能高度–6,000メートル
  • 送信可能距離–3,500メートル
全てにおいて凄いスペック!趣味の領域を超えて業務用のスペックに近い内容です。

 

ポイント

このPhantom4にはやっぱり何と言っても障害物回避センサーが内蔵されている事。この機能がほんと凄いです。

飛行中に障害物を検知すると警告アラームがなり、それ以上前に進まなくなります。次世代のラジコンです。

こんな機能もあります。

地面に停止している状態から自動で浮遊してくれ、そこから操縦できます。

飛行から着地する時も、ある程度の地面に近い距離に接すると自動で着地してくれます。

 


その3-MAVIC PRO

こちらのドローンも世界最大手のドローンメーカーDJIが手掛けた製品。

同メーカ商品Phantom4の小型バージョンと言った感じ。性能は申し分ありません。

 

価格はこちら

 
 

 

DJI MavicPro 10点セット
  • MavicPro
  • バッテリー2本
  • 充電ハブ
  • カーチャージャー
  • プロペラ・バンクアダプター
  • バッグ・ステッカー
  • パッド
  • NANUKケース
これだけセットになります。欲張りセットとなります!(^^)!

 

ファントムシリーズより未来を行っている

こちらのシリーズも圧倒的な高性能!

性能はファントムと同程度。しかし大きさはかなりコンパクトで価格も安い。凄いドローンの登場です。

本体には24個のプロセッサーを搭載しています。操縦可能距離は最大で4キロ。目で見るのがやっとの距離まで操縦可能です。

 

カメラ機能もかなりの高性能

業務用に匹敵する高性能なカメラを搭載しています。携帯で操縦するのですが、あまりにも綺麗すぎて動画と分からない程。これは飛行性能が安定しているのも関わっています。

 

障害物回避機能も付いている

ファントム4と同じく障害物自動回避機能が付いています。これは前方にある障害物を検知して自動で避ける事ができます。時速36キロ以下のスピードであれば、15mさきの障害物を避ける事が出来ます。

 

スペック

重量–743g

最大速度–64.8キロ

限界高度–5000m

最大フライト時間–27分

最大伝送距離4キロ

 

ポイント

このドローンは持ち運びが凄い楽。プロペラのアームが総て折りたためます。そしてプロペラも全て取り外せるので折りたたんだ時の大きさは手のひらサイズになります。

そして重量もこれだけ高性能にかかわらず一キロを切っています。

最大フライト時間は27分。スポーツモードでは最大65kmで飛行できます。このバッテリーの持ちで十分な飛行が楽しめます。

 

DIJ社製品にはDJI Gogglesが存在する

このシステムは現在、開発段階ですが、凄い商品です。

最近よくある、仮想空間映像をゴーグルを装着する事で可能になるシステム(バーチャルリアリティー)があります。それのリアル飛行バージョン!

 

このドローンには実際に飛行している映像がゴーグルをつける事で、鳥の目の様に景色を見る事が出来ます。

首を振れば景色も左右の景色に変わります。凄いです!

今現在は開発中との事。早く実現するといいですね(*^^*)

 

まとめ

今回、最新のドローン事情を調べていると凄い時代になっているんだなぁ~とビックリさせられました。

ドローンのYou tube動画を色々観てみましたが、ほんとビックリさせられます。

個人で業務用の空撮が可能になっています。

私の今年の目標がドローン購入に変わりました。

そして今回ご紹介したドローン3選は特に高性能!コンパクトでありながらカメラもしっかり付いているしそのカメラも高性能。

ドローンを手にする事で今までの常識を覆す世界が待っている!そんな予感がしています。

 

おススメ記事と広告