「あの〜住宅ローンを一部繰越返済したいんですけど」

 

ちょっと待ってください。ローン控除が終了するのはいつですか?」

 

 

えっ(・Д・)ノ

 

 

こんにちは、管理人のhaseです\( ˆoˆ )/

 

私、この前銀行へ住宅ローンの一部繰り越し返済について相談しに行ってきたんです。

そしたら行員の方がこう言うのです。

 

 

「住宅ローン減税はいつ終了になります?」と。

 

 

更に、

「これ、知っている様で知らない方が結構多いんです」

「知らないと . . .損する場合があります(・Д・)ノ

 

 

まじか. . .

今の俺じゃん(*´Д`*)

 

 

今回この記事では、そんな住宅ローンについてローン控除の視点からお伝えしていきますね。

スポンサーリンク


住宅ローンにはローン控除もしっかり意識する!

マイホームを購入すると適用されるいくつかのお得な制度があります。

その中で一番メジャーで恩恵の高いのが住宅ローン控除ではないでしょうか♪

 

簡単に説明しますと、

住宅ローンの残高に応じて税金【所得税+住民税】が10年間に渡って戻ってくると言う、と〜っても有難い制度です\( ˆoˆ )/

 

具体的な例をご紹介しますね♪

住宅ローン控除の簡単な例

分かり易くお伝えする為にこの様な例を挙げてみました。

 

滋賀太郎さん

年収 : 500万円

借入額 : 3000万円-【全期間固定金利型2.0% 35年返済】

所得税額 : 14万円

住民税額 :25万円

 

 

上記の条件で幾ら税金が戻ってくるのか記したのがこちら⤵︎


 

ここで重要なのがローン残高の1%が最大控除額と言うところ。

それで計算していくと、右側の濃い色で示した金額が毎年ローン控除で戻ってくるお金になります。

この例でいくと、10年間で261万円の控除が受けられます。

 

 

ハッキリ言って凄いですよね♪

 

 

更に分かりやすく説明する為に写真にある返済10年目を例に挙げます⤵︎


 

 

住宅ローン金利は2パーセント。

なのでこの年の年間金利は46万8800円になります。

 

高いですよね. . .

 

対してこの年の最大控除額が23万4400円。

 

と言う事は、

金利46万8800円からローン控除の23万4400円を引くと、実質23万4400円が発生する訳です(・Д・)ノ

※それ以外に固定資産税がありますが、ここでは一旦省きます

 

年間に支払う金利が半分になるって美味しいですよね♪

 

この金利を更に浮かせるには一部繰越返済がとっても有効になります。

 

 

 

 

では、住宅金利がローン控除額の1%を下回ったらどうでしょう?

住宅ローン金利が1%以下ならローン控除が終わるまで繰越返済は待つべし

今現在2,019年の利率がほぼこのパターンです。

それを踏まえて。

 

住宅ローンの金利がローン控除の1%より低い金利なら、大きな資金での繰越返済は待った方が良いです(・Д・)ノ

 

 

それを少し説明しますね。

ローン金利がローン控除額より低いと言う事は、金利以上に減税と言う形でお金が戻ってくる事になります(・Д・)ノ

それを踏まえて . . .

 

 

 

一部繰越返済をすると、住宅ローン残高が減りますよね。

 

するとどうでしょう?

 

住宅ローン控除で適用されるローン残高の1%適用額少なくなります。

言い換えれば減税出来る金額が少なくなる訳です(・Д・)ノ

 

 

ここ、凄〜く重要です!

 

 

繰越返済は本来、多額の金利分を少しでも浮かす為にする返済方法です。

なのにそれが裏目に出る訳です . . .

 

 

なので、

もしあなたの住宅ローン金利が1%を大きく下回っていたら住宅控除が終わるまでそのままの方が恩恵が大きいのです。

 

お次はこちら。

スポンサーリンク


住宅ローン減税が終わってから一気に繰越返済をするべし

ローン控除が切れればローン金利がそのままのしかかってきます。

なので、控除が切れた10年後に一気に繰越返済を開始しましょう(・Д・)ノ

 

額は大きければ大きい程、早ければ早い程良いです。

 

特に期間短縮型の繰越返済で一気に返済期間を縮めるのが良いと思います。

 

 

今実行中のローン金利があまりに高ければローン組み替えを

これ、私もした事ですが住宅ローン金利が高ければ借り換えをするのがオススメです。

 

私の場合、借り換え前の金利は団体信用生命保険も含めると年利2%はいってました。

 

 

正直結構な金利です . . .

 

 

それに比べ今現在の金利はマイナス金利です。

 

なので、ネットバンクでは0.5%とか、店頭借り換えでも0.6%とか . . .

 

堪りませんよね(・Д・)ノ

はよ借り換えせな金利が上昇する . . .

 

そこで思い切って店頭でのローン切り替えを実行しました\( ˆoˆ )/

 

すると、トータルで360万円もの金利が浮く事に成功♪

 

 

凄いでしょ♪

 

勿論ローン借り換えには結構な手数料が発生します。

我が家の場合は65万もの手数料が . . .

 

それでも360万もの金利が浮くのは大きいです。

 

そんな金利。

もうじき消費税増税になります。

でも、それに対してローン控除もこの様なシステムに変わります。

ローン控除が10年から13年に延長される

もうすぐ消費税が10%になります。

これから新しく家を建てる方にとっては痛いですよね . . .

 

でも、それに対してこの様な控除があります。

それが住宅ローン減税が10年から13年に延長される事。

 

これ、かなり恩恵の大きな制度です。

 

 

額で言えば、住宅ローンの消費税増税分をチャラに出来る制度なんだそうです。

 

だって3年もの間金利分が減税と言う形で控除されるのですから♪

 

これは大きな恩恵です(・Д・)ノ

 

では、最後になります。

おしまいに

今回、住宅ローン控除についてお伝えしてきました。

 

知れば知るほど凄い恩恵のある制度ですね\( ˆoˆ )/

もう一度おさらいしますね。

 

 
  • 住宅ローン控除は住宅購入後10年に渡ってローン残高の1%が還ってくる
  • 住宅金利が1%以下ならローン控除を差し引いて更に恩恵がある
  • 住宅金利が1%以下なら、一部繰越返済をローン控除が終わる10年後にするのが美味しい
 

ほんと美味しい制度です。

 

これをしっかり活用すれば結構な恩恵が受けれます♪

特に住宅ローン金利を税金と言う形で還元してくれるのでローン実行後10年後に一気に繰越返済するのが良いです\( ˆoˆ )/

 

では、失礼します。

 

 

 

おススメ記事と広告