二階リビングって良くないですか?

新興住宅地だと、どうしても家と家との距離が近くなりがち。

その様な時、階が一つ上がる事で一気に視界の開けた爽やかなリビングに♪

 

こんにちわ。管理人のhaseです。

私も今から5年ほど前に家を建てたんですが、その時二階リビングにするかどうかで凄く悩んだんですね。

二階リビングって何と言いましょうか?特別な空間と言うイメージがあります!(^^)!

 

そこで今回、私目線になりますが二階リビングのメリット、デメリットに焦点をあててあなたにお伝えしていきますね♪

スポンサーリンク


二階リビングについて

 


二階をリビングにする事によるメリットやデメリットってどう言った事があるんでしょう?

早速見て行きましょう!(^^)!

メリット

まず、私が思うメリットについてこちらに挙げてみました。
  1. 景色がいい
  2. 日当たりが良い
  3. カーテンを開けても比較的視線が気にならない
  4. 圧迫感が軽減される
こうやってみてみると、ほんと凄く明るいリビングが思い浮かびますよね。

ここに書いているだけでも心がウキウキしてきます!(^^)!

では、ひとつひとつ見ていきますね。

景色がいい

やっぱりこれがかなり大きいですね。

階が一つ上がることで圧倒的に外の視界が広がって見えます。

私の知り合いの方に、二階がリビングというお宅があるんですね。そのお宅は喉かな田園風景広がる場所に建っています。そこに二階リビングとする事で、リビング窓一面に広がるのどかな風景と、その向こうに見える山脈が見渡せるんです。最高の景色です(๑˃̵ᴗ˂̵)

もうこのリビングを知ってしまうと二階リビングしかない様に思えてしまいます。

 

お次は日当たりについてです。

日当たりが良い

これも家造りにおいて重要な要素の一つ。

密集地に家が建つとどうしても一階リビングに光が入りにくくなります。

これには吹き抜けを利用したり、大きな窓を設置したりして対処出来ますが、それでも全ての住宅がその様な間取りを出来る訳ではありません。

が、しか~し!

それが二階リビングにすることで光の入り具合が一気に増えます。

リビングって家の中でも一番居る時間が長い空間だと思うんですね。その空間が明るくなることで心が明るく爽やかになります。やっぱりリビングは明るいのがいいです♪

 

お次はご近所の視線についてです。

カーテンを開けても比較的視線が気にならない

家って新興住宅街だと、どうしても家と家との距離が近くなります。

すると . . .

 

一階がリビングだとご近所や家の前を通っている道路の視線が気になって、カーテンを開ける事がなかなか出来ません。

※目隠しの策をすれば大丈夫ですが、それでも気になります

 

それが二階リビングだと?

一気に周りの視線が気にならなくなります。

天気のいい日なんか、カーテン開けっ放しでもいける程。※もちろん周りの条件にもよりますが

これも二階リビングのいい所ですね。

 

ドンドン行きますね。お次はこれです。

圧迫感が軽減される

ここまで書いてきた二階リビングにすることで
  • 景色がいい
  • 日当たりがいい
  • 視線が気にならない
これでリビング空間が一気に広く感じます。そして階が一つ上がることでちょっとした優越感も感じます!(^^)!

これらの目指す所は圧迫感が軽減される事になるんですね。それは爽やかな空間が実現する事につながります♪

 

ここまで、私の二階リビングに対する熱ぅ~い思いをお伝えしてきました。書いてて改めて二階リビングに憧れます!(^^)!

 

お次はデメリットについてです。


デメリット

デメリットについてはこの様な事が挙がります。
  1. 二階への昇り降りが面倒
  2. 真夏に二階は暑くなる
  3. 外との距離が若干遠く感じる
  4. 直ぐに外に出れない(宅配の対応に遅れる)
  5. テラスの設置が難しくなる
  6. 吹き抜けの設置が難しい
メリットがあればその反面、どうしてもデメリットが出てきます。

困ったものですね . . .

では、こちらも一つずつ見ていきましょう!(^^)!

 

二階への昇り降りが面倒

これが二階リビングにする、しないの一番の障害かもしれません。

一度リビングに上がったらあまり外に出ることもないのですが、やっぱり毎回毎回階段を上り下りするのは疲れます。

 

お次も二階リビングにする事でよく聞く悩みです。

真夏に二階は暑くなる

これ、しっかり対策をとらなければ後々大変な事になりかねません。

記事始めのメリットでお伝えした、二階がリビングの方のお宅なんですが。景色や解放感は最高です!そして間取りも言う事ありません。

でも . . .

夏場と~っても熱いんです(*´Д`)これは屋根が陸屋根仕様だったので仕方が無いのですが . . .

 

シーリングファンやクーラーをガンガンに使っていました。

 

外との距離が若干遠く感じる

リビングが二階になることで、どうしても外との距離が若干遠く感じるんですね。

一階がリビングだと外との繋がりがとても近いんですが、それが二階だとワンクッション距離が出来てしまいます。

 

直ぐに外に出れない(宅配の対応に遅れる)

前の章の【外との距離が若干遠く感じる】と似ているんですが、すぐに来客に対応できないのも二階リビングの特徴。

「そんなこと言っても階段をチャチャっと降りたらすぐやん!」その様に思う方もいます。

でも、すぐに出れないのも事実。なのでここにデメリットとして挙げました。

 

お次はこれです。テラスが設置しにくい . . .

テラスの設置が難しくなる

テラスってどちらかと言うと、リビングとのセットが一般的です。そのリビングが二階になることでテラスの設置が難しくなります。

一階の部屋からテラスにつなげればいいのですが、部屋からテラスってどうなんでしょう?

それはそれでいいと思うんですが、やっぱりテラスはリビングとセットがお似合いです!(^^)!

 

最後はこれです。

吹き抜けの設置が難しい

展示場によくある憧れの空間、吹き抜けのあるリビング。これ凄く憧れます!(^^)!

でも、これって?

 

一階にリビングがあるから吹き抜けが設置しやすくなるんですね。それが二階リビングになると一階が寝室になります。

寝室に吹き抜けってどうなんでしょう?

 

二階のリビングから覗けてしまいます。これはおかしな間取りになってしまいます。

なので二階がリビングだと大胆な吹き抜けの間取りは難しくなります。(大きな家だと可能ですが)

 

ここまで、私が思う二階リビングについて語ってきました。メリットがあれば、どうしてもデメリットもでてきます。

これホント悩みますよねぇ~(*´Д`)

 

お次は補足情報です。

補足情報

ホームエレベーターを意識する事

二階をリビングにすることで考えておいてほしい事があります。それが老後について。

「いきなり老後って . . .でも確かにそうだわ。」

でしょ。

 

二階リビングとすることで、どうしても昇り降りがしんどくなってくる時が来ます。それ以外にも、毎回二階に上がるのはしんどいと思う時が来るかもしれません。

その様な時に備えてホームエレベーターの準備だけでもしておく事をお勧めします。

 

準備をしておくだけでも、いざホームエレベーターを設置する時、必要最低限のコストでエレベーターが設置可能になります。

もし . . .準備をしていなければ、ホームエレベーターの設置が不可能になるか、凄いコストが掛かってしまいます。

これは意識してくださいね。

【こちらにホームエレベーターの記事を書いています】

ホームエレベーターの価格は?維持費やその他費用をご紹介!

 

お次は我が家のリビングについて少しご紹介しますね。

我が家はこの様に

ここまで二階リビングについてお伝えしてきました。

これらを踏まえて私が思う事は、「二階リビングも良い!」これです。

我が家は家を建てる時、最初に何枚かの設計図を書いてもらったんですね。その時、一番最初に書いてもらった設計図がお洒落な二階がリビングだったんです。

その設計図を見て凄く心躍ったのを今でも鮮明に覚えています。

しかし . . .

結局は現実的な事を考慮して一階リビングを選択しました。

 

最後に

どうでしたか?

我が家は二階リビングをあきらめて一階リビングにしましたが、今でも凄い憧れがあります。

もう一度おさらいしますね。

 

メリット
  • 二階リビングは圧倒的開放感がある
  • 周りの視線があまり気にならなくなる
  • 圧迫感が軽減される
 

デメリット
  • 毎回二階リビングに上がるのが大変
  • 夏場、二階リビングは熱い
  • 家の外との距離ができる
  • 直ぐに来客の対応が出来ない
  • 吹き抜けの設置が難しい
これらのメリット、デメリットをどう考えるかは人それぞれですが、開放的な間取りを目指すのなら二階リビングも大いにありだと思います。

色々な住宅展示場やオープンハウスに足を運んで、沢山の開放的な間取りを体感してください。きっと家造りに役たちます!(^^)!

では、失礼します。

 

おススメ記事と広告