我が家は今年に入って新しい動きがありました。

 

家族が一人増えたんです!(^^)!

ハムスターのプリンちゃんが我が家にやってきました(パチパチパチパチ~♪)

 

このプリンちゃん、実は癒しの小公女なんです(例えが何か変 . . .)

今回ハムスターの飼い方について、我が家にやって来た【癒しの貴婦人プリンちゃん】を例にご紹介していきますね♪

 

スポンサーリンク


ハムスターがやって来た

ハムスターを飼うにあたって色々な動物が候補に上がりました。

ここに挙げますね。

 
  • スピックコノハズク(ミミズク)
  • ジャンガリアンハムスター
  • ゴールデンハムスター
 

「えっ?何で猛禽類のミミズクが入ってるん?」

それがですね、聞いてください!

 

フクロウって滅茶苦茶かわいいんです!鳥なのに仕草や表情が猫の様なんです。

なので最初は第一候補に挙がっていたんですが、価格がスピックコノハズクで45万円。

これには驚きです . . .

そして猛禽類な為、エサが生の冷凍ネズミなんです(・Д・)ノ

これは餌代だけでもかなり掛かります。なので断念しました。

 

そこで次に上がったのがハムスター。

小粒なジャンガリアンハムスターもとってもかわいいのですが、小さすぎて少し物足りない?為、最終的にゴールデンハムスターに決定しました!(^^)!

 

ここからはハムスターの飼い方についてです。

ハムスターの飼い方について


ハムスターを飼うにあたって、まずは特性からお伝えしますね。

特性を知る

ハムスターには下記に上げる特性があります。

 
  • 飼ってすぐの頃、あまり触るとストレスになる
  • 基本、あまり懐かない
  • ハムスターは夜行性(昼間は熟睡)
  • 夜中、かなり動き回る特性を理解する
  • 口に物を入れて移動する
 

それぞれについて我が家のゴールデンハムスターを例に見ていきますね。

飼ってすぐの頃、あまり触るとストレスになる

これはショップの店員さんが言ってた事なんですが、特に飼って最初の頃はあまり触ってあげてはいけないんです。

それは過度のストレスが掛かるからなんです。

どうしても最初の頃は珍しいので触りたくなりますよねぇ〜。

でも、そこはグッと堪えて優しく見て見ぬ振りをしてあげて下さい(^^)

 

それと、

あまり人が多く居る所にゲージを置くと、それもストレスになるそうです。

特に最初の頃はそ~っとしておいてあげた方が良いです。

 

お次はこれです。これを聞くと少し寂しくなってきますが . . .

基本、あまり懐かない

果たしてそうなのでしょうか?

私はそうとは思っていません。これはショップ店員さんが言ってた事なんですが . . .

 

ハムスターは基本、あまり懐かないとの事。

「えっ?でもYouTube動画ではあれ程ハムスターが人に懐いているじゃないですか!」

私もそう思います。

で、我が家のゴールデンハムスターはと言うと?

 

まだ飼って1か月しか経っていないので何とも言えません。でも少しずつではありますが、懐いているような . . .

もう少し時間が必要です(´ω`*)

 

ハムスターは夜行性(昼間は熟睡)

これ、知っている人は少ないのでは?

ハムスターは夜行性なんです。これの意味する事は?

 

昼間、熟睡している事が多いので、あまりハムスターと触れ合う事が少ないんですね。

これ、寂しいです . . .

 

かといってハムスターの特性上、仕方ないですね。

昼間はスヤスヤ爆睡している事が多いです。

※たまに起きてキョトンとしてる時があります

 

次はハムスターの活動時期【夜】についてです。

夜中動き回る特性を理解する

昼間はほぼほぼ熟睡気味のハムスター。

巣に籠っています。

 

で、活動の夜がやってくると?

夜の10時頃から活動が始まります。

ゲージの中をウロチョロ動いたり、回し車でカラカラ回ったり。活発な動きをします。

 

でもこれ、ネットでは色んな事が書かれているんです。

例えば

「夜でもハムスターは静かですよぉ~」

「朝方元気に活動してます」

 

どれがほんとの情報なのか分かりません。これは個体差なんですね。

 

我が家のハムスターは深夜、結構活発です♪

※そ〜っと覗きに行くとあどけない表情をしてくれます(^。^)

 

口に物を入れて移動する

ハムスターって物を運ぶ時、口一杯に物を詰め込んで移動するんです。

これ、滅茶苦茶かわいいんです♪

 

我が家のハムスターは、ゲージ内におが屑を敷いているんですが、そのおが屑を自分仕様に色々アレンジするんですね。

「私のベットはこんなんじゃ嫌!」

そんな言葉が聞こえてきそうです(^^)

 

なので口の中一杯におが屑を詰め込んで、自分が住みやすいように移動先で口に詰め込んだおが屑をモゴモゴ出しています。

この特性は独特ですね。

 

お次はハムスターのお手入れについてです。


お手入れについて

お手入れと言っても、そんなに大した事をする必要がありません。

ここに挙げますね。
  • 1日一回のお食事
  • 水は一日一回
  • 掃除は一日一回
  • 週に一回はおが屑を入れ替える
  • 冬は電気ヒーターを入れてあげる事
 

ね!簡単なお手入れでしょ(´ω`*)

それぞれについて語っていきますね。

一日一回のお食事

我が家では、基本夕方に餌をあげています。

ハムスターが本格的に起きる時間帯が夜の10時頃。なので夕方に餌をあげても気づかない場合もありますが、

夕方に一日一回のお掃除をするので、その後に餌をあげています♪

その餌の量なんですが、一日にあげる量の目安があるんです。

それが体重の約一割。

 

もう少し具体的に表にしてみますね。
ゴールデンハムスターの体重(g) 50 70 100 120 130
一日の必要カロリー(Kcal) 20 28 40 48 52
給餌量(g) 6 9 12 15 16
 

※表は一般例です

ハムスターは与えた量のエサを一度に食べてしまうわけではないので、多少多めにあげても問題はありません。

 

水は一日一回

ハムスターへの水の給水方法には二通りあります。

一つは食べ物から摂取する水分補給ともう一つはボトルからの水分補給です。

 

我が家はまだハムスター用給水器を設置していないのでケージ下に水入れを置いています。

これを一日一回入れ替えています。

 

でも、

出来ればハムスター用給水器がいいです。それは下に水を置いておくと、こぼして水が無くなったり、ハムスター自体が水に濡れて病気を起こす場合があるからです。

「どんだけデリケートやねん!」

おっと!すいません、つい本音が出てしまいました♪

 

こちらがハムスター用給水器です。

【飲みやすさは抜群です】
 

 

 

お次はお掃除についてです。

掃除は一日一回

掃除は主に排便のお掃除がメイン。所々にコロコロした糞があるのでそれを取ってあげるんです。

数分で出来てしまいます。

ハムスターも喜んでます!(^^)!

 

週に一回はおが屑を入れ替える

一日一回ゲージ内の糞をお掃除して、週に一回ゲージ内のおが屑を全部入れ替えます。

これをする事で、さらに清潔なゲージ内が維持出来ます。

「その間ハムスターは何処に?」

少し小さなゲージに退避させておきます。10分程の辛抱です。

 

そうそう!ケージ下に敷くおが屑には色んな種類があるんです。
おが屑はいろんな種類がある
週に一度入れ替えをするおが屑

これ、色んな種類があるんです。ここに挙げますね。

 
  • 広葉樹のおが屑(ウッドチップ)
  • 針葉樹のおが屑
  • パイン材のおが屑
  • 新聞紙
  • 綿
 

結構な種類があります。

我が家ではショップ店員さんが「広葉樹がおすすめですよぉ~♪」と勧めてくれたので広葉樹のウッドチップをケージの下に敷いています。

ちなみに針葉樹のウッドチップはアレルギー反応を起こす場合があるそうです。注意してください

 

お次は冬の対策についてです。

冬の寒さ対策

ハムスターは暑さに弱く、寒さにも弱いです。

特に寒さには十分対策が必要になってきます。なので我が家ではこの様にしています。

冬は電気ヒーターを入れてあげる事

冬、ハムスターにとっては大変な季節。自然界では冬眠状態です。なのでペットのハムスターにおが屑だけでは寒さは防げません。

 

そのような時、

ハムスター用電気ヒーターを設置するんです。とっても小さくてコンパクト設計。

温度設定は38℃30℃の二種類があります。

 

電気代は
  • 1時間 : 0.13円
  • 24時間 : 3.12円
  • 30日 : 93.6円
 

かなり安い電気料金です。

これは是非、かわいいハムスターに設置してあげましょう!(^^)!

 

後、もう一つ寒さ対策をしています。

ケージを毛布で覆う

これはネットで調べてみたら書いてありました。

そもそもケージを毛布で覆うのは寒さ対策もあるのですが、夜行性のハムスターの深夜の回し車の音がうるさいので音対策の為もあり、毛布で深夜ケージを覆う様にしたんです。

すると . . .

あれだけ賑やかだった回し車の音が皆無状態に!(^^)!

 

そして毛布をケージに覆う事で保温性が高まって、冬の寒い夜でも温かい状態を保ってくれます。

これも寒さ対策にはお勧めです。

 

お次はハムスターの大事な相棒【回し車】についてです。

カラカラ回る回し車について

これ、ハムスターにとってはとても必要なアイテムです。

ハムスターは夜行性ですが、一日5キロを走るとされています。

回し車はしっかりサイズの合ったものを


その活発旺盛なハムスターをゲージ内に入れておくのですから、回し車が無ければ凄いストレスが掛かります。

※そもそもゲージ内にハムスターを買う事自体がストレスと言えばそうなんですが . . .

なので回し車は設置しましょう!

「じゃ、どの様な回し車を設置すれば?」

 

 

ハムスターが元気に走り回れる物を選ぶのが良いと思います。もし、ハムスターがあまり【回し車】を使わないようであれば、それはサイズが合っていない場合があります。

カラカラ元気に回し車の中で走り回れる物を選んで下さいね。

 

我が家はゴールデンハムスター。なのでこのサイズの回し車にしています。

【元気に走り回る姿がみれます♪】
 

 

 

回し車は深夜に発動

この回し車。昼間はハムスターの熟睡タイムなので全く回る気配がありません。

それが深夜になるとフル稼働になります。一晩中回っている事も。

夜はまさにハムスターの活動期です。

 

回し車は結構うるさい

ハムスターが元気に走り回ってる回し車。

これ、結構賑やかな音がするんです。我が家はハムスターをリビングで飼っているんですが、深夜になると「カラカラカラカラコラコラカラ~」

この様に家中に回し車の音が響いてます。

これは結構な煩さ . . .

 

この音で私、深夜に何度も起きてしまう事があります。

その様な時、先ほど書きました【ケージを毛布で覆う】これをすると随分静かになります!(^^)!

 

お次はこれです。

スポンサーリンク


トンネルは必要


 

ハムスターは元々砂漠の砂の中で生きている生物。

なので穴の中が本来の空間なんです。

 

だからペットショップではハムスター用のトンネルが売ってます。

これを設置してあげましょう。

 

そのトンネルをゲージに設置するとどうなるのか?

トンネルの中によく入ってる時があります!(^^)!

よっぽどお気に入り空間らしく、エサもそのトンネルに持って行って、そこで食べています。そう言う意味でもトンネルの穴は設置した方が良いです。

 

 

食費はとっても経済的


ハムスターのエサはペレットと言う物です。これはハムスターフードと言う代物で原料は主に
  • 小麦粉
  • トウモロコシ
  • 大豆
  • 魚粉
 

以上の物が入っています。

これを基本一日一回、ハムスターの体重の一割ほどのエサをあげるんです。

 

これをあげると口に入れてトンネルに持って行き、そこでカリカリ食べ始めます♪

料金は一か月500円位になります。

 

まとめ

一か月飼ってみてハムスターは癒されます!(^^)!

普段仕事から帰って来た時、熟睡している事が多いですが . . .

 

もう一度おさらいしますね。
  • ハムスターは夜行性(昼間は熟睡)
  • 夜中、かなり動き回る特性を理解する
  • 回し車で元気よく動いてくれる
  • 元々は地面の穴で生活する生き物
  • 冬場は電気ヒーターを設置する事
 

最初、ハムスターを飼った時は夜行性と知らずに昼間熟睡しているので「あれっ?」と思うかもしれませんが、慣れてくればそれはそれでかわいいです!(^^)!

「今日も良く寝てるなぁ~♪」

夜中、元気に回し車で走ってくれるのはうれしいのですが、うるさいのには少し(*´Д`)

これは何とか解決策を考えます。

 

この記事がこれからハムスターを飼おうと思っているあなたの役に立ってくれると嬉しいです♪

では、失礼します。

 

おススメ記事と広告