メガネ選びってほんと楽しいですよね♪

ショーケースに陳列されている綺麗に磨き上げられたメガネを見てしまうと心奪われます!(^^)!

 

「あのメガネちょい悪な感じで欲しぃ~!」

 

「あのフレームってペンぺラペンやのに3万近くする!なんで(´・ω・`)」

 

ほんと色んなフレームがあってワクワクです♪

でもメガネって欲しいデザインでも、それが実際に装着して似合うのかはまた別の話になってくるんですね。

これ、私が眼鏡を選ぶときにいつも痛感する事です . . .

 

「あのフレームカッコいいのに掛けたら似合わへんやん!何なん?店長ぉ~!

 

でもその逆に、一気に顔がキリっとするメガネもあります。その様なメガネに出会えたら嬉しいですよね!(^^)!

 

今回、メガネフレーム選びでどの様なメガネがいいのか?探っていきますね!(^^)!

スポンサーリンク


顔にフィットするメガネフレーム

これは私が経験した事なんですが、メガネの基本条件として顔にフィットするメガネがまず第一条件だと思うんです。

 

ここに挙げますね。
  • 顔の横幅とフレーム横幅が合っている事
  • 鼻パッドの位置が合っている事
  • 耳にフレームが食い込まない事
 

これらが合っていなければ凄く疲れてきます . . .

 

それぞれについて、私の過去経験も交えながらお伝えしていきますね。

顔の横幅とメガネフレームの横幅が合っている事

これ、一番基本的な事になりますがフレームと顔の横幅が合っていなければ厳しいです。

 

メガネが顔より小さいと?

まず、メガネを長時間掛けていられなくなります。顔が締め付けられるような感じになり頭痛が始まるんです。なので眼鏡を選ぶとき、軽く顔に掛けてみて窮屈のないフレームが第一条件になります。

 

その反対にフレームが大きいと?

グラグラして掛けていられません。こちらは明らかに駄目です。

 

なのでまずはどの様なメガネであれ、フレームのサイズをシッカリ確認して下さいね。

※厄介なのは若干サイズの小さいフレーム。そこは店員さんに聞いた方がいいです。

 

お次はこれです。

鼻パッドの位置が合っている事


これもとっても重要です。

金属フレームで鼻パッドが取り外し可能なタイプなら、何とか顔に合わせる事も出来るんですが、フレーム一体型の鼻パッドだとそうはいきません。

合っていなければメガネがズレてきますし、フレームがグラグラ動いてストレスを感じます。

なので鼻パッドが合っているかも意識してください。

 

 

まっ、いっか~ソコソコ顔にフィットしているし!(^^)!

その時はそれでオッケーでも後々それが響いてきます。フィットに関しては、あまり妥協せずにしっかり合ったフレームを選んでくださいね。

 

 

お次はこれです。

フレームが合わない事で、この様な影響が出てきます。

耳にメガネフレームが食い込まない事

フレームが顔に合わないと色々と弊害が出てきますが、分かり易い症状にフレームが耳に食い込む事があります。

これ、ほんと耳が痛くなります。

 

これも私の過去経験を例に挙げますね。

私の顔は左右の耳の高さが何故か若干違うんです。認めたくないのですが、メガネを掛けると右側の耳の上部分が痛くなってきます。

 

これは左右の耳の高さが違うからなんですね。人の顔は大なり小なり左右の顔が若干違います。なのでそれも考慮に入れたフレーム選びも考えましょう。

※一番の理想はオーダーフレームです。

 

お次はこれです。

しっかりした眼鏡屋さんでじっくり選ぶ事

「メガネフレームって安ければいいやん♪」

その様に思っていたんですね。

 

なので私、フレームとレンズセットで1万円で販売しているメガネを買ったんです。

で、掛けてみると?

 

顔全体が痛いんです . . .

これはたまりません。しかも目眩までしてきます(´・ω・`)。中には安いメガネでもご自身にシッカリ合ったフレームも探せばあるかもしれませんが、私はそれがありませんでした。

なので、やっぱりそこそこしっかりしたメガネがいいのかな?と思います。

 

お次はフレームデザインについてです。

フレームデザインと顔の関係

ここからはフレームのデザインについて考えていきますね。

ご自身が気に入ったフレームが何より一番なんですが、更に突っ込んでそのフレームがご自身のお顔に合う、合わないを考えていきますね。これには基本となるパターンがあるんです。

それは顔の特徴を打ち消すメガネフレームを意識する事なんです。

 

例えば、
  • 丸顔の方には立幅の小さい四角いタイプのフレーム
  • 三角顔の方はその逆にオーバルタイプのフレームがお勧め
  • 四角い顔の方はシッカリ存在感のあるオーバルタイプフレーム
  • 面長な顔の方は、それをカバーしてくれる上下幅のあるウェリントンタイプがおすすめ
 

これらがメガネと顔が合う基本となります。

 

私の場合、顔が四角いので存在感のあるオーバルタイプが理想なんです。

でも、欲しいメガネは四角い細めのフレームです . . .

 

欲しいフレームと似合うフレームは違いますから悩みます。

 

お次はこんなところも意識しましょう。

フレームと目の位置も意識する

これはメガネを掛けた状態でご自身を鏡で見れば分かります。

それが眼球とフレームの位置関係なんです。

 

黒目がフレームの真ん中にきていて違和感のないメガネが理想です。普通過ぎてあまり意識していないかもしれませんが。

その逆に下記に挙げるフレームだと、結構違和感を感じます。

 
  1. 黒目がフレームより上に来ている
  2. 黒目がフレームより下にきている
 

 

1-黒目がフレームより上にくると、何だかだらしなく見えたり、頼りなく見えたりします。

2-その逆に黒目がフレームより下にきていると明らかに違和感を覚えます。

 

なのでメガネフレームを掛けた状態で、もしこの様な状態だとしたらしっかり黒目がフレーム真ん中にくるようなフレームを選んでくださいね。

 

コンタクトレンズを装着してメガネ屋へ

メガネを観に行くって事は、視力が悪いからですよね。

って事は、今掛けているメガネを外して新しいフレームを掛けてみて鏡で似合っているかどうかを確認しますよね。

これ、視力が悪い状態で鏡をみても良く分からないんです。

※どんだけ視力が悪いねん . . .

 

なのでメガネ屋さんへフレームを合わしに行くときは、特に視力の悪い方はコンタクトレンズを装着していった方が良いです。

 

おしまいに

今回、メガネのフレームについて語ってきました。

しっかりお顔にフィットしていなければ色んな弊害が出てきます。

もう一度おさらいしますね。

 
  • 顔にフィットしたフレームが第一
  • フレームデザインは顔の特徴を打つ消すデザインを
  • 黒目の位置を意識したフレーム
 

 

特にフレームの大きさはほんと重要です。

私、これで顔中が痛いメガネになってしまいました。特に目眩がするのはほんと大変です。

 

メガネは色々な種類がありお洒落なフレームも沢山あります。どれにしようか悩みますよね。ご自身にしっかり合ったストレスのないフレームを選んでくださいね。

 

では、失礼します。

 

 

おススメ記事と広告