エイの革を使った財布ってお洒落ですよね!(^^)!

私、このエイ革の財布を持っているんです。

これを買ったのには少し事情がありまして、最初は「少しマニアックかな?」と思っていたんですね。

 

なので買おうかどうか迷っていました。そしてふと立ち寄ったお店にエイの財布が普通に置いてあったんです。

しかもその財布は私が欲しいと思っているブランドメーカー。定員さん曰く、

「ここにしか置いてません。現品限りで特価ですよぉ!(^^)!」

マジか . . .

この言葉で買っちゃいました。

 

この財布を持ってみると、エイ革は独特の雰囲気があり、手触りや触感は他にはない感覚です。

そこで今回、エイ革の財布を私目線になりますが、レビューしていきますね!(^^)!

スポンサーリンク


エイ革(スティングレー)の魅力

レビューの前に、まずエイ革の軽いご紹介をさせてもらいますね。

エイ(スティングレー)は別名ガルーシャと言われています。

この革の魅力はやっぱりその独特な鱗模様。これはビーズの集まりの様な、かといって艶やかで滑らかなんです。

そのエイ革表面には【スターマーク】と言う白い斑点の集まりがあるんですね。これもアクセントになっていて、更にこの革を魅力的にしています。

 

お次はこの革の特徴についてです。

特徴

エイ革にはこの様な特徴があります。
  • 表面が象牙質な為、汚れがほぼつきにくい
  • 水に濡れても全く平気
  • 牛革と違い希少性がとても高い
  • 風水的にも良く、金運アップに重宝されている
  • 加工が難しい
特に汚れや傷に強く、耐久性に優れています。

そして希少性も高く、加工が難しい事から、持った瞬間その所有感を満たしてくれます♪

 

お次はいよいよエイ革財布のレビューです。

エイ革の財布をレビューする


私が持っているエイ革財布はS`FACTRYと言うメーカーから出ている財布です。

このメーカーは牛革をメインに、それ以外にもクロコダイルやパイソンと言った爬虫類革にも特化した財布をいくつもプロデュースしているメーカーです。

バイカー御用達のウォレットにも特化しているので、バイク大好きな私には魅力的なメーカーです。

 

お次はこの財布、エイ革のレビューです。

エイ革財布の表面


 

このメーカーのエイ革は写真の様な感じになっています。

一つ一つの鱗が沢山集まって独特の模様になっています。そして財布中央にはエイ革特有の白く大きい斑点が見えます。

この革は非常に硬く糸が通りません。なので細いドリルで穴を開け、そこに太目のしっかりした糸を通して加工をしています。

しっかりした造りになっています。

 

もう少し、色んな角度からの写真を貼りますね。


 



何と言いましょうか?このシンプルなデザインが好きです🎵

お次はこの財布の内側をレビューしますね。

内革は牛革をあしらっている

この財布、内側に牛革をあしらっています。

エイ革と牛革のつなぎ目も綺麗な仕上がりになっています。

 

こちらに写真を貼りますね。


写真を見てもらうと分かるんですが、

ぶ厚い革を折りたたんだ状態で綺麗に収まる様、裁縫されています。

なんだかビックマックの様です♪

 


 


内側の革はこの様な感じになっています。

S`FACTRYの刻印の文字が何気に主張しています。

 


かなり丁寧な造りになっています。職人技を感じずにはいられません(/・ω・)/

 

お次はエイ革のお手入れについてです。

お手入れについて

エイ革はとても硬く傷に強い為、あまりお手入れする必要がありません。

汚れが付いた場合は、少し湿った布で軽く拭けばオッケーです。

 

この様な特殊な革の財布は、内側に牛革をあしらった場合が多いです。

なので牛革に関してはたまに牛革専用クリームを塗りましょう。これをする事で革に艶が出て、徐々に飴色に変化します。(この飴色がまたいいんですね♪)

 
 

では、最後になります。

最後に

いかがでしたか?

エイ革の財布はほんと普通の財布にはない、独特の魅力があります。

もう一度おさらいしますね。
  • 表面が象牙質な為、汚れがほぼつきにくい
  • 水に濡れても全く平気
  • 牛革と違い希少性がとても高い
  • 風水的にも良く、金運アップに重宝されている
  • 加工が難しい
エイ革ってどう?と思われている方は、その希少性の高い財布にきっと満足されると思います。もちろん財布のデザインもかなり重要ですが。

両方が兼ね備わった物が見つかれば迷わず買いです♪

では、失礼します。

 

おススメ記事と広告