私、ついこの前オープンハウスを見学に行ってきたんです。

そのお家は地元の情報誌に載っていた新築のお家。延床面積は32㎡と若干小さ目なオープンハウスでした。

 

でも、

その広告に載っていたうたい文句は【広いリビングがあなたの物に】と書かれているんです。

「?広いリビングって書かれても . . .延べ床面積が若干狭いんですけど(/・ω・)/」

 

これは実際に現地に行って確認するしかありません。

家の間取りってその場に行けば分かる事が沢山あります。これは図面だけでは感じ取ることが出来ません。

 

と言う事で今回、オープンハウスを見に行ってきた感想をお伝えしていきますねヽ(^o^)

スポンサーリンク



 

広いお洒落なリビングレイアウトはコレ!


「広いってどんなリビングレイアウトなんやろ?凄い楽しみやな!(^^)!」

広告に載せてある図面を観ただけでは、正直ピンときませんでした。なので余計にそのキャッチコピーのうたい文句が気になります。

 

早速車に乗って現地に向かいます。もう気分はウキウキです!

途中、道を間違えたりしながらも何とか到着。

 

まず目に入って来たのが白い外観のシンプルなお家。例えるなら苺のショートケーキの様な小さくてカワイイお家でした。

 

「お邪魔します!」

玄関ドアを開けた瞬間新築のいい香りがします。これ、ほんと気持ちが良いですよねぇ~。

入ってみると、普通の玄関ホールがあります。

この時点では別段広い空間と言う様な間取りは感じませんでした。

で、玄関を上がりホール横の引き戸を引いてみると?

 

「うわぁ〜!これめっちゃいい感じやん!」

 

その様なリビングレイアウトでした。

ここにどういったリビングレイアウトかを挙げますね。

 
  • 家がコンパクトなので廊下が無い
  • リビングでありながら廊下を併せ持つ考えられた空間
  • 一階ドアが全てハイドアで統一
  • テラスに向かって大きなホールディングウインドを設置
  • 何処からもアクセスできるトイレとお風呂場
 

何と言いましょうか?全てのレイアウトがお洒落で洗練されたレイアウトなんです。

では、それぞれについてもう少し見ていきますね。

まずはこれです。

家がコンパクトなので廊下が無い

このオープンハウスは延べ床面積が32㎡程。

と言う事は、あまり使う事のない空間は出来るだけ省きたいです。その例として廊下がありませんでした。

これ、最近の住宅の傾向だと思うんです。

 

廊下があると、どうしても空間が区切られて狭く感じる場合があります。特に小さなお家だと尚更です。

なので廊下が無い事で一気に解放された空間になります!(^^)!

 

お次はこれです。

リビングでありながら廊下を併せ持つ考えられたレイアウト

住宅営業の方がこの様な事を言ってました。

「このお家は設計でかなり苦労された渾身のレイアウトです♪」

渾身って . . .

 

 

そしてこの様な言も。

 

「出来るだけ最小限の動きでアクセスできるようなレイアウトを目指しました。」

フムフム、成程ぉ~。

 

で、実際に一回リビングをウロチョロ歩いてみると?

 

「これ、我が家もこのレイアウトにしたかった . . .」

そう思わせるリビングレイアウトでした。

 

少し説明しますね♪

まず、一階から二階へ行く階段の位置が良いんです。

リビングや、玄関ホールのどちらからも二階へ行け、尚且つ階段近くにトイレやお風呂場があるんです。

これの意味する所は、

 
  • 玄関
  • 一階リビング
  • 二階
  • トイレとお風呂
それらが全て簡単にアクセスできる位置にレイアウトされているんです。

やっぱりプロの方のレイアウトは動線が洗練されていますね!(^^)!

 

お次はドアについてです。

一階ドアが全てハイドアで統一

このオープンハウスでは一階が全てハイドアで統一されていたんです。。

ハイドアは空間を広く魅せる手法としてとっても大事です。これにする事で狭い空間でも圧倒的に広く感じる空間になります。

 

「広く感じるってどうなん?」

 

空間がスッキリするんです。

何と言いましょうか?区切られた感がなく、大胆な空間になるんです(^ ^)

 

今回見学したオープンハウスは一階が全てハイドア。しかも引き戸のハイドアに至っては下にレールが無いんです。

 

これ、凄くスタイリッシュでカッコいいです!是非、と言うか絶対おすすめです!(^^)!

【こちらにハイドアについて更に詳しく書いた記事があります。ご参考にしてみて下さい。】

ハイドアのメリット、デメリット~爽やかな広い空間を実現する~

 

お次はこれを取り入れていました。

テラスに向かって大きなホールディングウインドを設置

光を沢山取り入れるって大事ですよね。このモデルハウスではこの様な事をしていました。

それが大きな窓の設置。

 

フォールディングウインドを設置して、外からの光をふんだんに取り入れていました。

 

「フォールディングウインドって何それ?」

 

窓枠一杯にがばぁ~と窓が開くのをそう呼んでいます。

 

【こちらにフォールディングウインドの記事を書いています。】

フォールディングウインドを設置した事によるメリット!

 

特に窓枠の高さが天井まである事で外からの光が沢山入りますし、何より凄いお洒落です!(^^)!

ほんと参考になりました。

 

では、簡単でしたが最後になります。

最後に

今回、広告でオープンハウスを開催していたので見学に行ってきました。実際に見てみて思ったことは、

「家が小さくても広く感じるレイアウトがある!」

これでした。

もう一度おさらいしますね。

 
  • 空間を広く魅せる方法に、廊下の無い間取りはアリです
  • 廊下が無い事で壁が無くなり開放的な空間が実現する
  • ハイドアで更に広く感じる空間になる
  • フォールディングウインドを設置して外からの光をふんだんに取り入れる
 

今回見学したリビングで空間を広くお洒落に見せるノウハウはほんと沢山ある事を改めて実感しました。

やっぱり気持ちの良い空間が良いですよね!(^^)!

 

では、失礼します。

 

 

おススメ記事と広告