かれこれ一年ほど前から洗濯機の調子がおかしいんです。

洗濯機を回していたらいきなり(ガぁぁぁぁぁ!!)

と、これまた凄い音が鳴ります。

そしてチョットしたらまた治って、何事も無かったかのようにいい仕事をしてくれる。

そしてすこし経つとまた、(ぎぃぃぃぃぃい!!)

すんごい音が鳴ります。

これはもう洗濯機の寿命かな?

そこで新しい洗濯機を考えるようになりました。

 

洗濯機は凄い技術の塊だった

つい最近テレビを見ていたら、凄いことを紹介している番組がありました。

それは洗濯機。

わが家の洗濯機も寿命を迎えようとしているところ。なので次の洗濯機を思案中。

興味津々です。

そのテレビで紹介されている洗濯機についてこんな事を言っていました。

洗濯機の機能にイルカの能力を生かしていると言う。

どういう事かと言いますと、イルカは海中を時速10キロ位で泳ぐそうです。

瞬発的には50キロも出ているそう。

が、イルカの個体を研究すると、どう考えてもそれだけのスピードを出す筋力が無いそうです。

なのにそんなに速く泳げる。

その秘密は今現代でもまだはっきり分かっていないという。

 

しかし、イルカの尾びれにそのヒントがあるそうです。

そこで家電品メーカー大手シャープの開発の方はそこに着目し、

イルカの高速泳法や、尾びれの形状を洗濯機の底のファン形状に活かしました。

そして洗濯機の浴槽水の動きを変えました。

 

普通、浴槽の水は回転するだけなのに、それに上下運動をプラスしました。

揉み洗いを実現したわけです。

そして圧倒的に少ない水で洗濯を可能にしていました。

こんな所に家電品を開発される方は着目して開発しているんですね。

ビックリです。

テレビで紹介されていなかったら分かりません。

 

わが家の洗濯機はモーターが原因でした

あまりにも症状が酷いので、嫁さんが町の電気屋さんに洗濯機がおかしいと相談に行ってくれました。

そこで聞いたことは、モーターがおかしい。

 

どのようにおかしいかと言いますと、脱水が完了する時に、ぎぃぃぃぃ!と鳴る。

わが家は電気料金が安い深夜に洗濯機を回します。

なので、深夜にちょくちょくぎぃぃぃ!と異音が響き渡ります。

最初、この音に何度も起こされました。

 

でも、電気屋さんはこれはモーターが壊れる前の初期症状と言っていました。

最終的には、ずーっとこの異音が鳴ったままで洗濯機が回るそうです。

これは大変、洗濯機が可哀想です。

原因のモーターを修理すると、3万程かかります。

もし、3万で治ったとして、他の部品も寿命で壊れる恐れがあります。

そこでいっその事、新品にする事となりました。

 

洗濯機を買いに行ったらどんどん目移りする

シャープさんの技術の結晶、イルカからヒントを得た洗濯機を見に行きました。

すると、見た目では、他にもかなりカッコいい洗濯機があちこちに置いてあります。

これは目移りします。

 

洗濯機と言えば、昔からある縦型洗濯機があります。

見た目普通です。

それと横型のドラム式洗濯機。

わたし、どうしてもこの横型ドラム式洗濯機に惹かれます。

なんか高級感があります。

近未来の洗濯機っぽい感じがします。

しかし、その反面コストが高いです。

やっぱり見た目がクールな製品は大体が値が高いですね。

仕方ないです。

そこで縦型に絞ります。

そしてシャープさんの洗濯機を買いに行くつもりでした。

しかし値段で折り合いがつきませんでした。

でも、そんな凄い技術を持ったシャープさんに惚れています。

なので特価で売っていたシャープさんの洗濯機をゲット(^.^)/~~~

 

まとめ

最終的には、型落ちの特価で売り出している洗濯機に決めました。

この洗濯機、乾燥機能が付いていないので安かったです。

前のモーターが壊れた洗濯機は、乾燥機能が付いていたんですが、

使ったのは1回から2回程。

 

これは乾燥機能を使うと電気料金が随分とかかるのと、

衣服にとシワが出来てしまうんです。

これは洗濯機の機種によりけりだと思いますが。

 

そこで今回は乾燥機能が付いていない洗濯機にしました。

早速毎日フル稼働してくれています。

本当に頑張り屋さんなんです!!

 

今まで頑張って働いてくれた洗濯機にありがとう。

頑張って働いてくれたおかげでモーターが寿命に。長い間お疲れさんでした。

 

おススメ記事と広告