「バイクってどんな乗り心地なん?」by我が家のおチビちゃん

「一度バイクに乗ってみたい(/・ω・)/」

 

こんにちわ!

GSX-R1000 K6を所有している管理人のhaseです。

 

いきなりですが、今さっき我が家のおチビちゃんとバイクで町内を一周してきたんです!(^^)!

 

「えっ?なんでまた町内一周なん?」

それは高速道路を子供とバイクで二人乗りすると言う壮大な野望があるからなんです。

 

「そんな野望があるん?大丈夫かぁ~?」

一応今のところ野望です(‘ω’)ノ

我が家のおチビちゃんは【小学4年生】なのでまずはバイクに慣らすのが必要かと . . .※因みに体格は小学5年生位です

 

今回そんな子供とのバイクの二人乗りについて、

  • 何に気を付けるのか?
  • 法的にはどうなのか?
  • 実際に二人乗りしてみて
これらをお伝えしていきますね♪

スポンサーリンク


子供を乗せるにあたって気を付ける事

子供をバイクに乗せるにあたって何に気を付けるのか?早速結論から言っちゃいますね♪

「えっ!いきなり?ちょっと早くね?」

それでいいのです!(^^)!

 

ここに挙げます。
  • バイクのマフラーは触ったら火傷するので絶対触らない事
  • 道の段差を通過すると一瞬ホールド感が抜けるので注意
  • 加速やブレーキはゆっくりと
  • 安全を考慮した年齢
 

どれもこれも当然ですが、意識しないと大変な目に遭います。

※特にマフラーを触ると火傷するって子供は知りません。注意が必要です!

 

どんどんいきますねぇ!(^^)!

バイクで子供と二人乗りする

「さ~!バイクで走るで!」

「うん♪楽しみやなぁ~お父さん!」ルンタッタ~♪

 

ちょっと待てよ?何か抜けてる気がする . . .

そうだっ!

 

子供をバイクの後ろに乗せて走るって法的に大丈夫なんでしょうか?

 

これも大事な事です!

バイクで子供と二人乗りするにあたって法的には?


バイクで二人乗りするにあたって後ろに乗せる子供の年齢制限はないんです。それは道路交通法でもそうなっています。

「えっ?そうなん!んじゃ幼児もバイクで二人乗りできるん?」

どうなんでしょ?

 

ハッキリした明白な決まりがないので常識の範囲内での判断になります。

安全を最優先して下さいね

 

それとは別に、運転者にはハッキリした法的な決まりがあります。それは、

 
  • バイク免許取得後、一年間は初心者期間として一般道では二人乗り禁止
  • 高速道路での二人乗りにおいて
    ・20歳以上
    ・自動二輪の免許取得後3年以上の期間が必要
この様になっています。

これらをクリアして、晴れてバイクでの二人乗りが可能となります!(^^)!

 

んじゃ高速道路での子供との二人乗りはどうなん?

見ていきましょう!(^^)!

バイクで高速を子供と二人乗りするのは大丈夫?

バイクで子供との二人乗りにおいて。

交通量が少ない一般道路でゆっくり安全に走るならまだ危険性は少ないと思うんです。でも、それが高速道路となると一気に敷居が高くなります。

これってどうなんでしょう?高速で子供と二人乗りは可能なんでしょうか?

 

結論から言いますと、子供とのタンデムにおいて法的に明白な規制はありません。

 

でも、先ほどお伝えしました運転者の法的な規制【年齢制限や免許取得後の期間】はあります。これはシッカリ守りましょう!(^^)!※私は過去、これで捕まりました。若かりし頃の甘酸っぱい思い出です

 

でも、幼い子供をバイクの後ろに乗せて高速道路を走るのはと~っても危険です。安全が十分考慮できる年齢になってからにしましょう。

 

ここまで、子供とのバイクで二人乗りするにあたって法律的に見てきました。

 

ここからはバイクでのレビュー記事になります!(^^)!

ご近所を軽く走ってみる


今回、自宅から5キロ先にある道の駅「町内一周」に行く事にしました。

楽しみやな!(^^)!」

「早く乗りたいけど緊張するわぁ~!」

子供が凄くウキウキしまくっています。

 

私も少し緊張 . . .

なんせ子供を乗せてバイクで走るのは初めてですから。

しかもバイクがスーパースポーツ【GSX-R1000 K6】。これはほぼ一人乗り仕様の様なバイクです。なので子供が後ろに乗るにはちょっと乗りにくいバイクです。

 

まずは子供にバイクの乗り方をレクチャーします。

「ここをガッシリ掴んでこうやって乗るんやで。いけるか?」

「何とか頑張ってみるわ。よっこいしょ!乗れたでぇ~。これでいいかな?」

オッケーです♪

 

お次はヘルメット着用です。サイズの小さいフルフェイスのヘルメットをチビちゃんに装着!

「ピッタリやん!(^^)!」

「このヘルメット何か臭いママ~このヘルメット納豆の匂いがする我慢してなぁ . . .

 

 

で、出発する前に「カシャ!」

 


 

良い写真が撮れました!(^^)!やっぱり私のお腹が若干メタボです . . .

 

では、いざ出発。

「お父さん、ゆっくりやで~!」

「もちろん!何があっても30キロ以上スピード出さへんから!(^^)!」

で、バイクをゆるりと走らせます。

 

~走行中~

コン!コン!

「慶ちゃん、ヘルメットがお父さんのヘルメットに当たってるわ . . .当てんといてや~。」

「うん!分かった!(^^)!コン、コン」

※初めてのバイク。あまり言うと子供が疲れるので多少ヘルメット同士が当たるのは良しとしましょう!

 

少し走って道の脇に止めて子供に様子を確認します。

「どうや?大丈夫か?」

「楽しい!(^^)!」

「そうか、それは良かった♪もう少し走るわ。」

 

キュルルル!ドッドッドッドッ※この地響きの様なエンジン音、たまりません(*´Д`)

 

余談ですが、

今回子供をバイクの後ろに乗せるにあたって、私の肩をしっかり捕まる様に言いました。すると、子供は私の肩をハンドルの様に操作するんです。

「えっ?どの様に?」

 

右のカーブが出てくると右の方に力をグイグイ入れてくるんです。これは走りにくい . . .

でも、最初は仕方がないですよね♪

 

 

で、目的の道の駅に到着!少しの休憩です。

「どうや?大丈夫か?」

「ちょっと乗りにくい . . .でも何とか大丈夫!(^^)!」

そっか。

 

最初は慣れないから仕方がないですね。

徐々に慣れていきます!(^^)!

 

またヘルメットを被って超~安全運転で自宅に戻ってきました。



 

では、最後になります。

おしまいに

今回、我が家の子供とバイクで近場をふら~っと走ってきました。

初めての事だったので色々と大変でした(/・ω・)/

でも、これは貴重な経験です♪何より子供が凄く喜んでくれて何よりです。「また連れてってなぁ~♪」とニコニコ笑顔です♪

 

もう一度おさらいしますね。

 
  • バイクの二人乗りにおいて、子供を後ろに乗せる年齢的な制限はない
  • あまりに幼い子供をタンデムするのは常識の範囲内で
  • 二人乗るするにあたって、運転者の法的な規制がある
  • 子供はバイクをよく知らない。十分注意をして安全運転で
  • 子供との高速走行はやっぱり危ない . . .
 

子供は普段見かけないバイクに興味深々です。

乗せてあげると更に喜びます。

 

でも、バイクは一歩間違えればとっても危険な乗り物。しっかり十分な安全マージンを考慮して走りましょう。

※高速を子供と二人乗りはやっぱり危ないですね(;^ω^)もっと成長してからにします。

 

では、失礼します。

 

 

 

おススメ記事と広告